40年ぶりの鳳凰堂

仕事をしている訳でもないのに、なにかとバタバタして、

なかなか更新できないこの頃です。

今秋は、どこにも紅葉を見にいけそうにないなぁ、、、。

そう思っていましたが、昨日、

枚方まで用事で出かけたついでに、ここに行ってきました。

「ついで」で行くには、遠かったですcoldsweats01


Pb180182


お分かりですか?

小学校の修学旅行で来て以来なので、40年ぶりです。

Pb180185

京都は宇治の平等院鳳凰堂です。

もっと大きかったように記憶しているのですが、

自分が小さかったってことですかね。

Pb180202




Pb180192


Pb180201


Pb180200


せっかくなので、宇治川沿いも少し歩きてきました。

Pb180217


Pb180221


Pb180218


宇治川の流れの速さが好きです。

大きな河川なのに、ちっともゆったり流れていません。

所々、激流ですもん。


宇治に着いたのが14時半で、帰路に就く頃には、

すっかり日が傾いていて、かなり焦りましたcoldsweats01

この辺は、来週あたりが見頃でしょうか。

平等院のライトアップも始まったようです。

*************************************

dollarレッツ・おつりの一部を募金箱にチャリン♪dollar

Banner_02

↑ご訪問ありがとうnote

 ポチッとヨロシクお願いしますhappy01

**************************************

| | コメント (4)

クマだらけ③ ~個性いろいろ~

6月末日に、名古屋在住の息子と一緒に訪れた

「奥飛騨クマ牧場」での様子です。

①と②では、コグマたちの様子を紹介しましたが、

今回は大人のクマたちです。



お客さんがやってきて、

ドライフルーツが入った袋をガサゴソ始めると、、、

P6303917


「どれどれ、起き上がるとするか・・・」coldsweats01

このコは太り気味でしたが、

他のクマたちは皆、一般的な体型でした。

P6303924


「こっちによろしく~sign01

P6303927


「こっち、こっち~sign03

P6303933


激しく前肢を打ち合わせて「ちょーだい、ちょーだい」するコ。

P6301014


全身で受け止める覚悟のコ(笑)もいたりして・・・。

それぞれに猛アピール。

中には、、、

P6303929

座って、ひたすら待つコも。

この牧場には、約100頭のクマたちが

暮らしているとパンフレットにありました。

どのクマも割と毛艶が良かったように思います。

運動場は広くて、掃除が行き届いているように感じました。

P6301011


どのコも、こんなふうに写真と名前の紹介がありました。

たった一回の訪問では、何も分かりませんが、

大事にしてもらってる印象でした。



動物園でも、こういった牧場でも、

彼らはこれからもそこで暮らしていく訳で、

かといって、野生下で暮らすことが幸せかと聞かれたら、

それもハッキリ分からなくて・・・。

いずれにしても、幸せに暮らしていってほしいなぁと、

思うのでありました。

*************************************

dollarレッツ・おつりの一部を募金箱にチャリン♪dollar

Banner_02

↑ご訪問ありがとうnote

 ポチッとヨロシクお願いしますhappy01

**************************************

| | コメント (0)

クマだらけ② ~続・コグマ編~

驚かせた覚えはないのですが、、、coldsweats01

P6301010_2

1歳5ヶ月ぐらいです。可愛いなぁheart04

P6303953

↑太もも裏のストレッチに余念がありませんhappy01

P6301001

もともとは転落防止用に設置されたものだと思うのですが、

けっこうお気に入りの場所みたいで、

こんな危なっかしい場所で、寝てたり、立ち上がったり、

時には揉めたりもcoldsweats02

P6303939


↑ ぎゅうぎゅう

P6303945


このコは、ずっとここにいました。

具合が悪いとかではないですか?大丈夫?

P6303946


真下の堀の中にもいましたsign01

6頭のコグマたち、みんな個性があって、

いつまでも観ていられます。

このコたちの成長を見届けなくなるわぁ、困ったなぁ。

なんせ、遠いのでcoldsweats01

また来れるかどうか分からないけど、

元気に育ってねsign03

*************************************

dollarレッツ・おつりの一部を募金箱にチャリン♪dollar

Banner_02

↑ご訪問ありがとうnote

 ポチッとヨロシクお願いしますhappy01

**************************************

| | コメント (0)

クマだらけ① ~コグマ編~

6月30日(金)に、息子が運転する車で、

小旅行に行きました。

P6301004


P6301005

奥飛騨クマ牧場sign03 高山市です。

名古屋から車で3時間くらいです。

ツキノワグマが約100頭いる所ですcoldsweats01

このコたちは、1歳5ヶ月ぐらいのコグマです。

同じスペースに同じ月齢のコが6頭いました。

ツキノワグマには、シンボルの胸のマークがないコもいます。

「みなぐろ」と言って、昔は神の遣いだと思われていたそうです。

右のコは「みなぐろ」ですね。

P6303975


じゃれたり、もめたり、大忙しのようでした。

天気が良ければ、乗鞍スカイラインか、

新穂高ロープ―ウェイあたりまで行くつもりでした。

でも、雨にはほとんど当たらなかったのですが、

霧がひどくて、雄大な眺望は絶望的だったので、

ここのクマ牧場でのんびり過ごしました。

コグマの可愛さに時を忘れそうでした。

また第二、第三弾をアップしますね。

P6303948


P6303952


P6303949


*************************************

dollarレッツ・おつりの一部を募金箱にチャリン♪dollar

Banner_02

↑ご訪問ありがとうnote

 ポチッとヨロシクお願いしますhappy01

**************************************

| | コメント (2)

ふたりと1匹、故郷の旅⑥

今月頭に、茶々を連れて私の故郷にお墓参りに行きました。

実家の妹は犬が大の苦手なので、

地元の犬OKの宿「パートナーズハウスゆあさ」に泊まりました。

ここは犬のための宿、ドッグランが4つもあります。

メインのドッグラン↓

P3050731

アジリティードッグラン↓

P3050721


P3050722


P3051964

サブドッグラン↓

P3050732

そのうちの一つは雨の日でも遊べる屋根付きsign01

P3050725

天然温泉のドッグスパ↓

P3050733

プール↓

P3050730


森林浴ができる散歩道↓

P3050728


茶々は、慣れない場所で緊張がなかなか解けませんでしたが、

ドッグランでは楽しそうでしたhappy01

P3051962


P3051961


P3051963


P3051960

*************************************

dollarレッツ・おつりの一部を募金箱にチャリン♪dollar

Banner_02

↑ご訪問ありがとうnote

 ポチッとヨロシクお願いしますhappy01

**************************************

| | コメント (0)

ふたりと1匹、故郷の旅⑤

少し間が開いてしまいましたが、

茶々と一緒に出掛けた私の故郷の旅の続きです。


いよいよ宿泊施設「パートナーズハウスゆあさ」へ。

P3050726


コテージが並んでいます。

宿泊客は皆、コテージに泊まります。

うちの家より坪数が大きく、夫がショックを受けてました(^_^;)

P3050735


フロント、レストラン、ショップがあるゲストハウス。

P3040707


食事はゲストハウス内のレストランにて。

地元の新鮮な魚や野菜のお鍋が夕食のメイン。

別途料金でお肉も追加できます。

P3040708

もちろん茶々も一緒に食べることができます。

茶々のごはんは、別途料金で用意してもらえますが、

うちは持参しました。

いつもの茶々ごはんです。

看板犬のスウェイちゃん(グレートデン)2歳の女の子。

P3040712


P3040717


スタッフさんとスウェイちゃん。

スレンダーだけど大きいsign01 体重は50kgだそうです。

天王寺動物園のブチハイエナと同じ重さです。

同じく看板犬の梵(ぼん)君、同じく2歳。

P3040720


2歳なのに、落ち着きはらってました。さすが看板犬sign01

P3051954


カッコイイですねぇ~shine

ここはドッグランが4つもあるし、ワンコスパやプール、

森林浴散歩コースなどもあり、とても充実しています。

また順に紹介していきますね。

*************************************

dollarレッツ・おつりの一部を募金箱にチャリン♪dollar

Banner_02

↑ご訪問ありがとうnote

 ポチッとヨロシクお願いしますhappy01

**************************************

| | コメント (0)

ふたりと1匹、故郷の旅④

P3040682


潮の香り、さざ波の音、

海を眺めていると気持ちが安らぐのはなぜだろう?

P3040693

高校時代、時々授業をさぼって、

友達と自転車に二人乗りして遊びに来ていた海岸。

友達は将来の夢を語り、

私は自分にはそんな大きな夢がない事を淋しく思ってた。

P3040699

カヌーを楽しんでいる人がチラホラ。

昔はカヌーなんて全然だったのにな。

いろいろ変わっていくね。

P3040695


岩礁の間をひとっ跳びの茶々、まだまだ若いhappy01

P3040704


ここは夕日も最高にキレイなんだけどな。

宿のチェックインが17時までなので、

後ろ髪を引かれつつ、山の中の宿へと出発dash

*************************************

dollarレッツ・おつりの一部を募金箱にチャリン♪dollar

Banner_02

↑ご訪問ありがとうnote

 ポチッとヨロシクお願いしますhappy01

**************************************

| | コメント (0)

ふたりと1匹、故郷の旅③

P3040676

お墓まいりを終え、仏壇に手を合わせた後は、

子どもの頃、夏には毎日泳いでいた川へ。

なんだか美しく濁っています、なぜ?

てっきり水は苦手だと思っていた茶々ですが、

なんの迷いもなく、

ジャプジャブ入っていくではありませんかsign03

どういうことsign02

P3040679


洗われる時限定で、水が嫌いってこと?

よし!そう言うことなら、今年の夏はもっと上流の、

とびきりの清流で一緒に泳ごうnote

私の体調が良ければ、、、だけどね。

P3040672


おーーーい、待って~coldsweats01

*************************************

dollarレッツ・おつりの一部を募金箱にチャリン♪dollar

Banner_02

↑ご訪問ありがとうnote

 ポチッとヨロシクお願いしますhappy01

**************************************

| | コメント (0)

ひとりと1匹、故郷の旅②

P3041922

「おいで!」と呼ぶと、この笑顔note

可愛いったらありゃしないhappy01

P3041920


これは途中の紀ノ川SA(下り)にあるドッグランでの様子です。

今回は茶々のために道中、休憩ととりました。

とても眺めがいいのですよ~。

P3040656_2


*************************************

dollarレッツ・おつりの一部を募金箱にチャリン♪dollar

Banner_02

↑ご訪問ありがとうnote

 ポチッとヨロシクお願いしますhappy01

**************************************


| | コメント (0)

海を越えて届いた贈り物たち

天王寺動物園のホッキョクグマのイッちゃんを通じて

交流しているロシアのノボシビルスクの皆さんから、

ステキな品々が届きました!

Pb131625

↑ マトリョーシカですheart04

ロシアの民芸品。

ひとつひとつが手作りで、世界にひとつしかない物。

可愛らしいお顔で、美しいですshine

Pb131627

↑ ノボシビルスクのお友達が描いたトールペイント。

  イッちゃんのお母さんと、  イッちゃん、

  そして弟のロスチク君が一緒にいる所を

  想像して描かれたそうです。

  お友達自作のカレンダーと

  同じく自作のマグネット(イッちゃん)。

  メモ帳、カード。

Pb131633

↑ 美しい林が描かれたタペストリー。


もう感激ですnotes


これらは、ロシアのノボシビルスクを訪問されたクマ友さんが

預かってきて下さって、郵送して下さいました。

彼女には、私からノボシビルスクの友達へのお土産も、

届けて頂きました。

ありがとうございましたsign03



ところで、マトリョーシカって何? と思いませんか?

ちょっとググってみました。

昔のロシアの農民たちの間で

“マトリョーナ”または“マトリョーシャ”は、

女性に非常に多い名前でした。

学者たちの説によれば、

この名前はラテン語で“母”を意味する

“mater”に由来しているそうです。

この名前はロシア人にとって、

健康的な農家の大家族の母親のイメージを連想させるのです。

その後この名前は、中にたくさんの人形を含み、

木製で鮮やかな色づけがなされた人形を指す名前として

使われるようになり、

愛称の“マトリョーシカ”として定着したのです。

とのことです。

期限は1890年頃だったようです。

我が家の家宝にしますnote

*************************************

dollarレッツ・おつりの一部を募金箱にチャリン♪dollar

Banner_02

↑ご訪問ありがとうnote

 ポチッとヨロシクお願いしますhappy01

**************************************

| | コメント (0)

より以前の記事一覧