実は足も痛いんです

私、実は足も痛いんです。

足が痛み始めると、ゆっくりしか歩けません。

3年くらい前から、右足の付け根あたりに違和感が生じ、

そのうち仰向けに寝た時、

痛くて足を伸ばしていられなくなりました。

それは、しばらくしたら治ったのですが、

今度は歩行時に痛みが出るようになりました。

今年に入ったくらいから、痛みが強くなってきて、

パッと見てそれと分かる歩き方になってるし、

今ではもう普通に走れません。

整形外科に行くと、触診や聞き取りもろくにせず

レントゲン写真を見ただけで、

変形性股関節炎の烙印を押されます。

「なるべく歩くな」「進行性だから将来は手術が必要かも」

「年齢的なものだから、一生治らない」などと言われます。

色々な本を読んだ感じでは、

私の場合、問題があるのは骨ではなく、

筋肉だと確信しています。

なので、今は、筋肉にアプローチする治療をしてくれる

整骨院に通っています。

左腕は順調に可動域が広がっていますが、

重力と自分の腕の重さが手ごわいです。

やっと自力で100度まで上がるようになりました。

健側で補助すると140度ぐらいまで行きます。

困るのは、腕を背中側に持って行けないことです。

それでも、日常生活はほぼ支障なくできています。

片腕が上がらなくても、たいがいの事はどうにかなります。

以前と比べると生きづらい身体になってしまいましたが、

折り合いをつけて、この身体で生きていくほかありません。

腕はリハビリを頑張るのみsign01足は整骨院に通って、

ゆがみを整えたり、筋肉をほぐしたりしてもらっています。

家でも、自分でできるケアを続けていこうと思います。

けっして焦らず、諦めず、ゆっくりでも

良い方に向かって行けたらいいなぁと思っています。

Pb021872

*************************************

dollarレッツ・おつりの一部を募金箱にチャリン♪dollar

Banner_02

↑ご訪問ありがとうnote

 ポチッとヨロシクお願いしますhappy01

**************************************

| | コメント (4)

腕がポキンと折れましてん11 ~退院~

8月3日に、上腕骨近位端骨折。

8月15日 入院

8月16日 手術

前回は、手術した日の夜の事を書きました。

鎮痛薬もどこ吹く風、全く効かず、痛くて痛くて、

朝まで一睡もできなかった、、、という所まででした。

「こんなに痛いのに、明日退院ってマジsign02

何にもできへんで~bearing

そう思っていましたが、朝になるとご飯を食べたり、

トイレに行ったり、歯を磨いたり、

コーヒーを買いに自販機まで行ったり、、、と、

やることがちょこちょこあり、気が紛れました。

そして、鎮痛薬が効くようになり、

飲めば、しばらくは痛みがずいぶん和らぎました。

で、予定通り、8月17日に退院できました。

前日、前々日と仕事を休んでくれた夫でしたが、

さすがに3日は無理で、同室の患者さんや、

看護師さんに「えっ、一人で帰るのsign02」と言われつつ、

1人で病院を後にしたのでありました。

*************************************

dollarレッツ・おつりの一部を募金箱にチャリン♪dollar

Banner_02

↑ご訪問ありがとうnote

 ポチッとヨロシクお願いしますhappy01

**************************************

| | コメント (4)

腕がポキンと折れましてん 10 ~めっちゃ痛いやん!~

8月3日に、上腕骨近位端骨折(二の腕の上の方)し、

8月16日に骨を固定する手術を受けました。

入院は手術日の前後の2泊3日でした。

前回は病院の食事について、

前々回は、麻酔と麻酔から覚めた時のことを書きました。

今日は、痛くて長~い夜の事を書こうと思います。

私の場合、全身麻酔と左腕の神経ブロック、

2種類の麻酔を併用しました。

前者は、手術が終わると同時に覚醒し、

意識もすぐに戻りました。

が、腕の方はと言うと神経ブロックがしっかり効いていて、

ピクリとも動きません。

骨折して以降、左腕は肘で約90度に折り曲げて、

お腹の前にもってきた状態で固定されていました。

13日間、ずっとそうだったので、

手術直後も、まだお腹の上に左腕があるような

不思議な感覚でした。

実際はこんなふうに吊られていたわけですが・・・。

2


分かりにくいのですが、私は仰向けに寝ていて、

左腕は、点滴の支柱に吊り下げられているのです。

こうしないと、腕の中に貯まってる血液や滲出液で、

どんどんむくんでくるのですって。

実際に吊られている自分の腕を見ていても、

まだお腹の上に腕が乗っている「重み」や

感触が残っていたのです。

右手で左腕を触ってみると、とても温かくて、

ホッとしたものです。

神経ブロックが切れかけてくると(術後約5時間)、

指先がしびれるような感覚が戻ってきました。

でも、やっぱりお腹の上でしびれているのです。

指を動かそうとすると、まだ動きませんが、

その「まだ動かない感覚」もお腹の上です。

さらに時が進み術後約7時間経った夜の11時頃、

やっと指が動くようになりました。

最初はまだお腹の上の感じでしたが、

みるみる本来の場所で感じるようになってきました。

その頃から、ものすごーーーーく痛くなってきましたcoldsweats02

痛みもそうですが、このずっと腕を吊られた体勢が辛い。

かといって、座っても辛い。

横向いて寝れない。

骨折した時より、数倍、いえ、数十倍の痛みで、

今回はさすがに鎮痛剤を飲みました。

でも、全く痛みのレベルに変化なしhappy02

「全然効いてないやんかーーーsign01」と

静かにのたうちまわってる(笑)うちに、

吊ってる包帯みたいなのがずり落ちてきて、自分では直せず、

3回ナースコールを鳴らしてしまいました。


寝ても、座っても、どうやっても痛くて眠れないので、

もう眠ろうとするのを止めました。

一晩くらい眠れなくても死にゃぁせんsign03 です。


大部屋なのでテレビを観ることもできず、

こんなに痛いのに、明日退院できるのか、私sign02

そう思いつつ、長い長い夜を過ごしたのでありました。

*************************************

dollarレッツ・おつりの一部を募金箱にチャリン♪dollar

Banner_02

↑ご訪問ありがとうnote

 ポチッとヨロシクお願いしますhappy01

**************************************

| | コメント (4)

腕がポキンと折れましてん9 ~病院食~

二泊三日の入院中の食事はこんな感じでした。

入院した日の昼ごはん、冷やしうどん。

美味しかったですnote

20170815_120657

晩ごはん。

白身魚のカレー風味なんとかcoldsweats01

あっさりしてて、カレーの香りで食が進みました。

20170817_120042



翌日の朝・昼は抜き。

手術が終わり、麻酔から覚め、

腸が動き始めたので、晩ごはんから食事再開です。

20170816_183208

麻婆豆腐です。

麻酔のせいで、少しむかつきがあり、

食べられるかなぁと思ったのもつかの間。

一旦食べ始めると、一気に空腹感が戻ってきて、

美味しくペロリと平らげました。

右下のフルーツポンチが嬉しかったですnote

見かけの派手さはありませんが、美味しかったです。

*************************************

dollarレッツ・おつりの一部を募金箱にチャリン♪dollar

Banner_02

↑ご訪問ありがとうnote

 ポチッとヨロシクお願いしますhappy01

**************************************

| | コメント (2)

腕がポキンと折れましてん8~初・全身麻酔~

8月3日に、左上腕骨近位端骨折をしてしまった私です。

・上腕骨頭部が亜脱臼気味に傾いていたこと

・手術した方が治りが早いこと

・手術した方が後々、腕の可動域が広がる可能性が高いこと

などから、手術を決意しました。

麻酔は全身麻酔と左腕の神経ブロックの両方でした。

この手術は、後がかなり痛く、鎮痛剤も効かないほどだそうで、

全身麻酔から覚めた後も、神経ブロックのおかげで

7時間ぐらいは、痛みを感じずにすみました。




話を手術前に戻します。

11時から手術予定で、その1時間前に手術衣に着替え、

点滴が始まりました。

これは、念のための血管確保、術中に何かがあった時は、

血管が見つかりにくかったりするので、

あらかじめラインを確保しておくのですね。

ここからは、どこに行くにも点滴のお供付きです。

11時が近づき、いよいよだーーーとドキドキしてたら、

前の手術が長引いていてるので、

手術開始が少し伸びるというお知らせが。

仕方のない事ですが、ますますお腹がすくし、

せっかくトイレを済ませたのに、また行きたくなったりしてcoldsweats01

点滴がもれなくついて来るので、気を遣います。


結局約1時間遅れて、12時頃に歩いて手術室まで行きました。

担当の看護師さんが挨拶をして下さり、手術室へ。

執刀医2人と麻酔医が挨拶をしてくれました。

そして、手術台に横になりました。

しばらくすると、酸素マスクがあてがわれました。

そのあと「じゃ、今から麻酔薬を入れますねー」と麻酔医の声。

私の上には、テレビでよく見る手術用の丸いライトと、

私を覗きこむ医師たちの顔・・・。

何秒目を開けていられるかな、とカウントしてみました。

1,2,3,4,5・・・・

この先はどうしても瞼を持ち上げることができませんでした。

と同時に空気が吸えなくなって、息ができないsign01

酸素マスクはあるけど、く、く、苦しい~sign03

そう伝えようとするけど、言葉を発することも、

手足を動かすこともできず、「し、死ぬ~sign03」と心で叫びながら、

深い深い眠りに落ちていったようです。

この息ができなくて苦しかった時間は、

ほんの1~2秒だったと思いますが、

窒息する時はこんな感じなのだろうかと、恐ろしかったです。




で、目を覚ました時には、全て終わっていたという訳です。

ドラマでよく観るような「〇〇さん!○○さん、起きて下さい!」

というような声は記憶になくて、

パチッと、突然目を開けたような感じでした。

そんなふうに一旦目を覚まし、

手術室の前で待っていてくれた夫に

ピースしたのは覚えていますが、

再び眠ってしまったみたいで、次に目を覚ましたら、

病室のベッドの上に寝かされていました。


無事、手術が終わり、麻酔からも覚め、一安心でした。

*************************************

dollarレッツ・おつりの一部を募金箱にチャリン♪dollar

Banner_02

↑ご訪問ありがとうnote

 ポチッとヨロシクお願いしますhappy01

**************************************

| | コメント (2)

腕がポキンと折れましてん7 ~絶飲食~

手術や検査に絶飲食はつきもの。

分かっちゃいるけど、お腹と背中がくっつきそうだった~happy02

なーんて、ポッコリお腹ゆえ、

絶対そんなことはないんだけどcoldsweats01

前日の夕食以降は食べてはダメ。

当日の、手術3時間前からは、飲むのもダメ。

喉が乾いたら、うがいでごまかす。

当日、朝の6時半からお腹の虫がグーグーsign01

やることがないので、時間がなかなか進まない。

その上、手術開始が1時間遅れ、

「お腹すいたよ~~~bearing

24時間ぶりの食事を前にした時、

麻酔のせいで少しむかつきがあり、

「食べれるかな・・・」と躊躇したけど、

一口食べたら、一気に空腹感が戻ってきて、美味しくて完食sign01

元気が出た。

そうそう、術後、腸が動いてるのを確認できれば飲水OK。

吸い飲みで飲ませてもらったお水、美味しかったなーnote

*************************************

dollarレッツ・おつりの一部を募金箱にチャリン♪dollar

Banner_02

↑ご訪問ありがとうnote

 ポチッとヨロシクお願いしますhappy01

**************************************

| | コメント (2)

腕がポキンと折れましてん6 ~入院~

お産以外で入院するのは3回目。

1回目は、19歳の時、血小板がものすごく少なくなる難病で。

2回めは、持病が悪化して湯原温泉病院に。

35歳くらいだったかな。

そして今回は、骨折で近くの市民病院に。。。

今回、入院&手術に伴う提出書類の多さに驚いたsign01

入院同意書、手術同意書、麻酔同意書以外にも、

輸血が必要になった場合のなんとかっていう書類、

珍しい感染症にかかった時のための書類、

「私の意見書」という、

今回の治療とは直接関係がない内容の書類、

例えば、老衰で口から食べられなくなったら、

点滴や高カロリードリンクの接種を希望するか否か、とか、

延命処置を希望するか否か、、、というような。

まだ他にもあったような・・・、もはやうろ覚えcoldsweats01

いちいち本人と家族の署名捺印。

とにかく、枚数の多さに辟易した。

折れたのが、利き手じゃなくて良かったと、

ここでも思った。



病室は整形外科の女性病棟の4人部屋。

男性病棟と女性病棟に分かれていることにビックリ。

よって、男性用トイレは、ひとつもなかった。

今はどこもこうなのだろうか。


手術前日、つまり入院した日の晩ごはんまで

食べてもOKだったhappy01

痛みはだいぶ和らいできていたので、

割とぐっすり眠れて良かったhappy01

*************************************

dollarレッツ・おつりの一部を募金箱にチャリン♪dollar

Banner_02

↑ご訪問ありがとうnote

 ポチッとヨロシクお願いしますhappy01

**************************************


| | コメント (2)

腕がポキッと折れましてん5

昨日、手術しました❗
折れた骨がまっすぐにボルトで固定され、あとは段階的にリハビリん頑張るだけです。また
後日麻酔や手術の事を書いていきますね🍀
しばらくは痛みに耐える日々になりそうです。

| | コメント (5)

クーラーでお腹こわした

P7164618


骨折してからは、ずーーーーーっとクーラー生活です。

この上、汗疹までできたら、、、ゾッとしますcoldsweats02

設定温度は28度と高めだし、ドライだけの時もあります。

それでも、クーラーなしで暮らしてきたので、

身体の調子が狂いそうですcoldsweats01

一昨日、朝まで28度設定で寝たら、お腹をこわしましたsweat01

手術前に風邪でもひいたら大変sign01

夜は、扇風機(直接風を当てない)でしのぐsign03に戻しました。

昨夜は、30数日ぶりに、熱帯夜を免れた大阪。

扇風機すら不要でした。

今夜はどうかな~。

*************************************

dollarレッツ・おつりの一部を募金箱にチャリン♪dollar

Banner_02

↑ご訪問ありがとうnote

 ポチッとヨロシクお願いしますhappy01

**************************************

| | コメント (2)

腕がポキンと折れましてん 4

上腕骨近位骨折から、昨日でちょうど1週間でした。

骨折と同時に傷ついた筋線維の修復が進んでいるようで、

動くたびにいちいち痛いのは、だいぶましになってきました。

夜、横になったり、寝返りに伴う苦痛も、

随分緩和されてきました。

今日はケガをしてから初めて、折れた方の脇の下を、

そーーっと拭くことができました。

今までは痛くて、数mmたりとも、

脇を開けることができませんでした。

とても順調のように感じていますが、

昨日の診察の結果、手術することを選びました。

負傷当日から、

上腕骨の骨頭部が外向いて傾いていたのですが、

昨日、二人の医師で検討して下さった結果、

亜脱臼っぽくなっていることがわかり、

このまま固定のみでいくと、骨はつながるけど、

いびつなままなので、可動域が狭くなり、

腕も90度以上あがらない可能性が高くなると言うのです。

その点、手術だと、しかるべき位置に骨を戻すので、

リハビリさえ頑張れば、

かなりの可動域が得られる可能性が高いと。

それに、治りも早いし、恐る恐るではなく、

ある程度思い切ってリハビリができます。

まだまだやりたい事があるし、

左腕にも頑張ってもらいたいので、決断しました。

手術の前日に入院、翌日に退院という、

3日間のスピード入院です。

足の場合は、長くなるけど、腕の場合は歩けるので、

早いのだそうです。

初めての手術、初めての全身麻酔、不安ですが、

お任せするしかありません。

きっと眠ってる間に終わるのでしょう。

どうか、ちゃんと麻酔から覚めますように。



手術は、もう少し先です。

気持ちとしては、さっさと済ませたいのですが、

何でも順番ですので・・・coldsweats01

*************************************

dollarレッツ・おつりの一部を募金箱にチャリン♪dollar

Banner_02

↑ご訪問ありがとうnote

 ポチッとヨロシクお願いしますhappy01

**************************************

| | コメント (6)

より以前の記事一覧