« きっと今年が最後の初詣with茶々 | トップページ | 嵐の前の静けさ? »

生還

茶々のことでご心配をおかけしています。

元旦に腫瘍からまた出血し、それを境にドーンと体調が悪化した茶々。

2日はオシッコ散歩に出ても、一歩たりとも動けず、立位をキープするのさえ難しい状態に。食べ物も流動食しか受け付けなくなりました。

このままでは死んでしまう、素人目にも分かる衰弱の仕方だったし、12時間以上排尿がないことも気がかりで、2日から3日に日付が変わる頃に、夜間救急病院に駆け込みました。

血液検査の結果、やはり大変な状態であることが分かりました。

 

 

大晦日までは、普通にそこそこ食べてくれ、少しは歩けていたのにこんなにもフラフラになってしまったのは、やはり極度の貧血のせいでした。

元旦と2日の出血で、全血液の約半分を失った状態で、もはや生命を維持できるレベルを下回っていると言われました😭
そのせいでオシッコに回す分の水分がなく、乏尿状態に。
膀胱に少し尿が貯まってたものの、尿意を催すまでには至らなかったようです。
オシッコを出せないから、排毒できず、腎不全も一気に進み、腎機能の指標となる数値は倍以上に跳ね上がっていて、言葉をなくしました😭
せっかく経口水分たっぷり作戦が効を奏して、まずまずのレベルをキープできていたのに、一気に末期の腎不全になってしまいました😭⤵️

 

血が少なすぎる→オシッコが十分出せない→体に毒素が貯まる→腎不全悪化 の図ですね。

何もしなければ今日明日にも命の火が消えてしまう状態で、根本的な解決策ではないことは承知で輸血をしてもらいました。
腫瘍からの出血は止まっていないので、例えれば穴の空いた鍋に血液を足すようなもの。穴を塞がない限り抜けて行きます。
その上、茶々の腎臓はもう血液を造りなさいという指令のようなホルモンを出せなくなってしまってるので、新たにドンドン血液を作れる訳ではありません。
腫瘍からの血は止まらない、新たに血を造ることもできない、そんなところに輸血をしても時間稼ぎでしかない、それは分かっているのですが、もう少し茶々と一緒にいたい、そう思って輸血をしてもらいました。

おかげで、体に力が入るようになり、歯茎には赤みが戻ってきたし、今夜はちゃんとオシッコも出ました。

 

血液を提供してくれたワンちゃんが繋いでくれたこの命を、精一杯サポートしていこうと思います。

どこの大型化犬かは知り得ませんが、心から感謝です🍀

Img_20200102_092334

↑救急病院の待合室にて。

************************************


レッツ・おつりの一部を募金箱にチャリン♪

Banner_02

↑ご訪問ありがとうございます!

 ポチッとヨロシクお願いします

******************************

 

|

« きっと今年が最後の初詣with茶々 | トップページ | 嵐の前の静けさ? »

茶々」カテゴリの記事

コメント

  血液型の合うワンちゃんがいて良かったですね。

 自分もB型で割と少ないので、血圧の薬を飲みだすまではよく献血にも行きましたし、直接輸血も何回かやりました。

 頑張れ茶々!

投稿: メタボ万歳! | 2020年1月 7日 (火) 09時01分

久しぶりに拝読し、元気な姿の茶々ちゃんの記憶しかないので大変驚いています。
一日でも長く、心穏やかにご家族と過ごせますようにお祈りしています。

投稿: マーさん | 2020年1月 7日 (火) 18時23分

メタボ万歳さんへ

茶々の血液型は犬では最も多いタイプでした。
人間のA型のような。
救急病院なので、ある程度の血液のストックはあるとのことでした。
犬の場合、大型犬しか血液を提供できないので、その犬に感謝です。

投稿: 怜草 | 2020年1月 8日 (水) 18時35分

マーさんへ

年には勝てませんね。
昨年の11月までは走って跳べるおばあワンだったのですが、その後急に腫瘍が大きくなり、出血が多くなってきました。

ありがとうございます。

投稿: 怜草 | 2020年1月 8日 (水) 18時37分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« きっと今年が最後の初詣with茶々 | トップページ | 嵐の前の静けさ? »