« さよなら秋 | トップページ | 炬燵(こたつ) »

きっとラストラン

Pb162704 もう1ヶ月前のことですが、その日は祝日で、

朝の散歩では夫がリードを持っていました。


私は股関節が痛くてゆっくりしか歩けず、30m位後ろを歩いていました。


散歩の後半、これはよくあることなのですが、突然茶々が嬉しそうに走り出しました。

私の時は10m位走った所で止めるのですが、

夫ときたらた、そのまま200mくらい一目散に一緒に走ってしまったんです😵
私の制止する声も届かず、どんどん小さくなっていく一人と一匹の後ろ姿は、それはそれは楽しそうでしたが、、、。

それが朝の出来事で、その日の日中はいつもと変わらない様子でしたが、夜になってぐったりと元気がなくなってしまいました😱
そして次の日、右後ろ足の踵から膝にかけての部位が腫れてきて、熱を持ってます😭
痛いのでしょう、元気も食欲もナッシング😢
散歩でも全く歩きたがらず、まるで鉛の玉を付けてるかのような重い足取り😣
玄関の段差も自力で上れません。

せっかく絶好調だったのに、絶不調😭

Img_20191110_201017

 

↑右足が腫れています(涙)

 

近頃の茶々は足腰が弱ってて、プルプル震えが出てるし、

東洋医学の先生からも、無理はさせずに、散歩はあくまでも茶々ちゃんのペースで、、、と言われてて、夫にもいつも言ってたのに😢
夫があんな長い距離を走らせさえしなければ、痛みで震える事もなく、今もモリモリ食べて、軽快なステップで歩けてただろうに…そう思うとつい夫に恨み事の一つや二つ言ってしまう心の狭い私なのでした。

どうにも気持ちがモヤモヤするし、茶々の病状も心配だったので、何かとお世話になっている東洋医学の先生に電話で相談してみました。
先生がおっしゃった事を聞いて、夫を責める気持ちが消えました。
先生はこうおっしゃいました。
「茶々ちゃんはきっと、ずっと走りたかったのですよ。お父さんがリードを持ってる今なら、いっぱい走れるって分かったのですよ。」と。
確かに、若い頃はドッグランで走り回っていたし、おばあワンになった今でも、私との散歩の時、突然駆けだすことがよくありました。
でも、私は足が痛いので、長くは走れませんし、茶々のためにも長く走らせてはいけないと思って、ほんの10mほどで止めていました。
そうか、茶々はもっともっと走りたかったんだ。
あの日は嬉しくて嬉しくて、止まりたくなかったんだね。
確かに、みるみる遠ざかって行った茶々の後姿は、ものすごーく嬉しそうで楽しそうでした。
お父さんはこけるんじゃないかって感じだったけどさ(^_^;)
茶々の犬生で最後であろう長距離全力疾走になったね。
残念だけど、もうあんなに走らせてあげることできないな。
おとーさんと一緒に、あんなに楽しそうに思い切り走れて良かったね🎵
今はそう思えます😊
おそらく茶々のラストランです🍀

結局足の腫れは1週間で治まり、元気や食欲も徐々に戻って来ました。

散歩時の軽快な足取りも復活し、ホッとしました。

 

 

あの日から1ヶ月経ちましたが、その間も食欲や元気がなくなってはまた復活、、、という具合に茶々の体調はジェットコースターのようです。
足の腫瘍もだんだん大きくなってきて、今では子供の握り拳ほどになりました。
断続的に血や滲出液が出ている状態です。

Pb232777

Pb232780
痛みや痛痒さがあるのでしょう、エリザベスカラー越しにしきりと口をもっていきます。
5分程で落ち着きますが、見ていると辛くなります。
願いはただひとつです。
病気平癒でも長生きしてね❗でもなく、痛みで苦しむことがありませんように、、、それだけです。

今のところは、散歩もごはんも楽しめていて、茶々らしく犬生を楽しんでいると感じています☺️
とことん付き合うから、行けるところまで行こうね🎵

Pb262800

↑先日、我が家の守り神にお詣りしてきました。

************************************

レッツ・おつりの一部を募金箱にチャリン♪

Banner_02

↑ご訪問ありがとうございます!

 ポチッとヨロシクお願いします

********************************

 

|

« さよなら秋 | トップページ | 炬燵(こたつ) »

茶々」カテゴリの記事

コメント

  神社と言えば子供の頃、祖母のお供でよく参詣した「石切神社」を思い出しました。

 何十年も参ってませんがふと思い出しました。

 近鉄の駅の場所とか昔とは随分変わっているはず。

 そうそう、環状線が未だ「城東線」と呼ばれてました。

投稿: メタボ万歳! | 2019年12月 5日 (木) 07時12分

メタボ万歳さんへ

石切神社、以前ガイドヘルパーの仕事をしていた時、利用者さんのお供でお参りに行きました。
参道に色々お店があって楽しそう。
次は一人でゆっくりお詣りに来よう、、、と思ったのに、いまだ叶わず、、、です(^_^;)

投稿: 怜草 | 2019年12月 5日 (木) 18時31分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« さよなら秋 | トップページ | 炬燵(こたつ) »