« 雨の日はローテンション | トップページ | もう過ぎてしまった »

ロシアからの贈り物

P1223988


ここは通天閣のお膝元にあるギャラリーカフェ・kirinさん。

天王寺動物園が近いので、多くの動物ファンが集います。

もちろん、コアなホッキョクグマファンも多く訪れています。

飾ってある2枚はカレンダーで、映っているホッキョクグマは、

今は天王寺動物園で暮らすイッちゃん(ロシア名・シルカ)と、

そのお母さんで今もロシアにいるゲルダさんです。

今は2歳過ぎのイッちゃんですが、この写真は、

生後3~4か月ぐらいかと思います。

このカレンダーは、

はるばるロシアのノボシビルスクから届けられました。

Face BookやYouTubeで交流している

ロシアの友人たちが贈って下さったものです。

彼女たちは、毎日のようにSNSでイッちゃんの様子を知ることができる事を、とても喜んで下さっています。

イッちゃんが来日した当初から、

写真や動画をアップしている全ての日本の人に、

感謝の気持ちでいっぱいだといつも言ってくれています。

その想いを、このカレンダーに込めて、贈って下さいました。

一人一人に届けるのは難しいので、たくさんの枚数を、

天王寺動物園宛に下さいました。

イッちゃんの写真や動画を撮って

SNSにアップしている多くの人に観てもらいたいので、

こちらのお店に飾ってもらえるよう、動物園にお願いしました。

快諾してくれて、その中の6枚を、

こちらのカフェに飾ってもらっているという次第です。

左側のカレンダーは、

ノボシビルスク動物園の動物たちだと思います。

P1223986

これらがロシアのノボシビルスクから大阪の天王寺にどうやって届けられたのか。

それは、たまたまテレビの取材でノボシビルスク動物園を訪れた「ちちんぷいぷい」の取材陣が預かってきてくれ、天王寺動物園に届けてくれたのです。

(その番組は、関西圏と北海道だけで放送されています)

ロシアの友人たちは、日本の取材クルーがやってくる事を

動物園の園長さんから事前に聞いていて、

大急ぎでカレンダーを作ってくれ、当日、

取材クルーを捕まえて、託してくれたのです。

そして、カレンダーたちは、取材クルーと一緒に、

シベリア鉄道で東に移動し、海を越えて大阪に着き、

毎日放送のスタッフさんが、

天王寺動物園に届けて下さいました。



このカレンダーが取材クルーに託されたことを、

知ってから届くまでに1ヶ月くらいかかりましたが、

無事に受け取ることができてホットしました。


運んで下さった毎日放送の山中真アナと

スタッフの方々に感謝です。



実は、私宛のも1枚ありました。

裏に名前とメッセージが。

感激ですhappy01

P1075060


遠い遠いロシアの地で、友人が作ってくれたカレンダーと

書いてくれた文字。

それがシベリア鉄道に揺られ、

今、我が家にあることが、信じられないけど、

本当の話で、感慨深いです。

↓ ロシアの友人たちが、山中アナにカレンダーを託しているところです。

25~45秒あたりに出てくるのが、

私達が頂いたカレンダーです。

私の他にも、ホッキョクグマの飼育員さん、

獣医兼広報窓口の職員さん、

Zoo友さん(ロシアの人と頻繁にやり取りされていて、素敵な写真を多く撮影されてる)も、

名前入りで頂きました。

一頭のホッキョクグマを通じて、ロシアの方と、

こんなふうな交流ができるだなんて、

想像もしていませんでした。

本当に嬉しい事ですhappy01

これからも、ネットの翻訳機能にお世話になりつつ、

交流を続けて行こうと思います。

もちろん、写真や動画もアップし続けますよ~。

***************************************

dollarレッツ・おつりの一部を募金箱にチャリン♪dollar

Banner_02

↑ご訪問ありがとうnote

 ポチッとヨロシクお願いしますhappy01

*******************************************

|

« 雨の日はローテンション | トップページ | もう過ぎてしまった »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

  凄い!

 関門海峡の次は国境越えですね。

 

投稿: メタボ万歳 | 2016年1月31日 (日) 09時58分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 雨の日はローテンション | トップページ | もう過ぎてしまった »