« 冬の花たち | トップページ | 生まれて51年経ちました »

お茶目なお兄さん

朝の早い時間に、天王寺動物園に行くと、

駅から動物園に向かう途中で、必ずと言っていいほど、

この人に出会います。

P1223817


新世界で、観光客を乗せて

人力車を引いているお兄さんです。

いつもゴミを拾ってくれています。

「いつも、通らせてもらってますんで」と。

かっこいいポーズをお願いすると、上の写真のポーズhappy01

分かりにくいですが、手にゴミを挟みを持ってます。

なかなかお茶目でひょーきんなお兄さんです。



毎日続けてるところがスゴイです。

でも、、、

拾うそばから、捨てていくんですよね。

何とかならんか、ゴミやタバコのポイ捨てpunch

***************************************

dollarレッツ・おつりの一部を募金箱にチャリン♪dollar

Banner_02

↑ご訪問ありがとうnote

 ポチッとヨロシクお願いしますhappy01

*******************************************

|

« 冬の花たち | トップページ | 生まれて51年経ちました »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

 ニューヨーク市の「割れ窓理論」を思い出します。

 ゴミはゴミを呼ぶ。

 何時かゴミを捨て辛い街になると良いですね。

 最近、駅の清掃員の方もゴミ箱のゴミ集めが主な仕事になってきている様で、箒・塵取りで作業されている姿をあまり見かけなくなりました。

 たまたまかも知れませんが・・・。

投稿: メタボ万歳 | 2016年1月23日 (土) 09時22分

メタボ万歳さんへ

そうなんですよね。ついさっき、このお兄さんが掃除したと思われる場所にも、新たながゴミが落ちてたりして・・・。
ひとつ落ちてると、次々とそこに捨てる、みたいなってますね。

この、ゴミを挟む道具、なんという名前なのでしょう? 何かと便利ですよね。

投稿: 怜草 | 2016年1月24日 (日) 11時47分

  ごみを挟むの、昔は「石炭挟み」、石炭を使わなくなった今は何だろう?

 トングでいいのかなぁ。

 トングだとバーベキューみたいかなぁ。

投稿: メタボ万歳 | 2016年1月25日 (月) 08時16分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 冬の花たち | トップページ | 生まれて51年経ちました »