« 大阪名物? | トップページ | これがオオカミ »

降りるのを忘れる面白さ

この本があんまりおもしろいから、

電車を2回も乗り過ごしてしまいました。

Photo_2

高田郁(かおる)さんの「みおつくし料理帳」シリーズです。

主人公の澪さんの一生懸命さ、ひたむきさは

私には真似はできません。

だからこそ、憧れるし、応援したくなります。

そして、周りの人たちの温かいこと、優しいこと・・・。

次から次へと降りかかる困難を、

みんなの力を借りながら乗り越えていく様は、

まさに電車から降りるのを忘れるほど、

ハラハラさせてくれます。

いつか娘にも読んてもらいたい、そう思います。

何か読みたいなーと思っている人に、

自信を持ってお勧めします。

先へ先へと、どんどん読みたくなりますよ~。

あっ、ただ、お腹がすいている時は非常に酷ですが

*****************************************

レッツ・おつりの一部を募金箱にチャリン♪

Banner_02

↑ご訪問ありがとう

 ポチッとヨロシクお願いします

*******************************************

|

« 大阪名物? | トップページ | これがオオカミ »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

こんにちわ。
先日は、偶然お目にかかれてうれしかったです。
ルイチンが、友だちのくうちゃんと、いきって吠えてしまって、ごめんなさいね。
ほんと、やれやれです。

このシリーズ、友だちから薦められて、読んでいます。
「ほっこり」という言葉がぴったりの内容ですよね。
主人公のまっすぐな生き方に惹かれます。
遠回りしても、きっと幸せになると信じています^^

投稿: 西乃家小春 | 2015年5月 6日 (水) 11時05分

西乃家小春さんへ

いえいえ、ルイ君の声を初めて聞いた気がします。
元気印の男の子って感じで、可愛いな~って思いましたよ

この本の感想、少し書き足しました。
私は今、4巻目です。
小松原さんとの今後が気になります。

投稿: 怜草 | 2015年5月 6日 (水) 19時39分

そんなに面白い本なんですか~。
僕も読んでみようかな。
図書館に置いてあるかな?

投稿: モモのパパ | 2015年5月 7日 (木) 04時11分

  最近は目がしょぼくなってきたのであまり車内読書はしないのですが、久々に長野の帰りに文庫本1冊読破しました。

 普段は病院の順番待ち位しか活字に触れる機会がなくなりましたが、なにせ集中が続かない(涙)。

 昔から通勤(帰り)の電車では漫画雑誌を含め暇つぶしに読んでましたが、寝過ごしが1回(徹夜で呑んだ朝帰り)あるだけで乗り過ごしの経験はありません。

 多分そこまで集中できる作品に出会ってないのでしょう。

 それと集中力の欠如(正直羨ましい)。

投稿: メタボ万歳! | 2015年5月 7日 (木) 08時14分

モモのパパさんへ

図書館にあるかなぁ、わかりませんが、機会があればぜひご一読を!

投稿: 怜草 | 2015年5月 8日 (金) 16時00分

メタボ万歳さんへ

このところ、電車内ではいつも何かを読んでます。
というか、電車に乗ってる時ぐらいしか、読める時間がないのです。
前に一度、やはり面白い本を読んでいて乗り過ごしたことがあります。
それまでは、そんなこと一度もなかったんですよ。
ぐっすり寝入っていても、降りる駅に着くと、不思議とパチッと覚醒してましたから。

投稿: 怜草 | 2015年5月 8日 (金) 16時02分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 大阪名物? | トップページ | これがオオカミ »