« 少しだけど続けてます! | トップページ | これからはホットで »

ちびっ子とふれあいタイム

過ごしやすい季節になると、

散歩の途中でたびたび保育園児さんたちと遭遇します。

この日は囲まれてしまいました。

後ろにも数人いるのです。

Photo_2

以前は、小さな子供さんを怖がっていた茶々ですが、

嫌な事をされないと分かってからは、

普通に接することができるようになりました。

この通り、しっぽだって下がってません。

その代り、子供さんが本当に嫌な事をしないように、

また、茶々が、子供さんを怖がらせないように、

私は必死で目を光らせています。

なので、子供さんが茶々を触っている時の写真は撮れません。


子供さんが犬と触れ合いたいようなそぶりを見せても、

素通りすることはできます、と言うか、その方が楽です。

でも、私は、「ワンワンnote、ワンワンnote。」と言って、

近寄ってきてくれる子供さんには、

できるだけ茶々に触れてもらうようにしています。

もちろん、無理強いはしませんし、親御さんが止めるようなら、

ニコッと微笑んで、バイバーイと挨拶するにとどめています。

なぜなら、フワフワで気持ちい茶々の毛をなでたり、

自分があげたおやつを、喜んで食べる様子を見たりすることで、

その子が、ちょっとでも「犬は温かいな、怖くないな、可愛いな」と感じてくれ、ひいては、「犬が大好きnote」になってくれたら嬉しいな~と思うから。

年齢が小さいと、その時の記憶は消えてしまうでしょうが、

犬に対する好印象はちゃんと残っていると思うんですよね。



うちの子供たちが小さかった頃、

道で犬に出会うたび、積極的に触らせてもらいました。

私が触りたかったということも大きいですがcoldsweats01

子供たちにも、犬っていいなーと感じてほしかったから。

息子は、最初、おそるおそる触って、それ以降は、

どんどん犬が好きになりました。

一方娘は、一貫して、

絶対、絶対、ぜーーーったい触りませんでした。

それどころか、私の後ろに隠れて、怖がってました。

それが今では大の犬好き・・・、どういうこっちゃsign02




この日、茶々は、

保母さんたちから、「可愛い~note」と撫でまくられ、

クレヨンしんちゃんみたいになってました。

Photo_3


嬉しいね、良かったね、茶々。

園児さん達と別れた後、私を見上げ、

「アタシ、偉かったでしょ」とドヤ顔で、

しっかりちゃっかりおやつを要求する茶々なのでした。

*****************************************

dollarレッツ・おつりの一部を募金箱にチャリン♪dollar

Banner_02

↑ご訪問ありがとうnote

 ポチッとヨロシクお願いしますhappy01

*******************************************

|

« 少しだけど続けてます! | トップページ | これからはホットで »

茶々」カテゴリの記事

コメント

  「ムツゴロー」さんの番組を思い出しました。

 ワンコをひっくり返してお腹を晒す状態にした時、恐怖のあまり悲鳴を上げるのがいて、その悲鳴が他の犬を興奮させ、狂暴化されるということらしいです。

 で、小さな子供の甲高い声がその悲鳴に近いんだとか。

 それを観た時、前世は犬だったのではないかと思いました(笑)。

投稿: メタボ万歳 | 2014年10月25日 (土) 08時53分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 少しだけど続けてます! | トップページ | これからはホットで »