« 桜と犬 2 | トップページ | ひどい話だ »

桜の記憶

毎日桜を見ながら歩きつつ、ふと思った。

私の故郷にも、桜の名所があったのだろうか、、、と。

中学校の裏山の桜の森は見事だった。、

でも、いくら思いを巡らせても、そこしか思い出せない。

高校には、片道10kmに道のりを、自転車で通っていた。

その途中、きっと桜の木はあったのだろうけど、

まったく記憶にない。

若いころは、草花の美しさはおろか、

その存在さえも気づかなかったりする。

私も、桜に目が向いてなかっただけなんだろうか。

考えてみたら、都会の方が、

演出された桜の名所は多いのかもしれない。

P4012394_2

P3312361

******************************************

dollarレッツ・おつりの一部を義援金箱にチャリン♪dollar

Banner_02

↑ご訪問ありがとうnote

 ポチッとヨロシクお願いしますhappy01

*******************************************

|

« 桜と犬 2 | トップページ | ひどい話だ »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

草花」カテゴリの記事

コメント

  両親が未だ健脚だった頃(=本人幼少の頃)は夙川方面とか、よくハイキングに行きました。

 なので、桜は水辺が好きでした。

 最近になって、山里や山中にぽつんと咲いてる老木に魅せられるようになりました。

 人工的に植樹された大量の桜も見ごたえがありますが、周りの自然に溶け込んだのもいいですね。

 時期を逃すと周りの緑に紛れて何処か判らなくなる。

 1年の殆どを密かに潜伏し、開花の時期だけ盛大に自己主張するみたいで、かえって存在感がありますね。

 ここ一番で存在感を示せるようなところに憧れてるんですかね。

投稿: メタボ万歳! | 2014年4月 5日 (土) 09時44分

メタボ万歳さんへ

夙川の桜、見に行ったことがありますよ~。

頻繁に山登りに行ってたころは、
思いもよらぬ美しい花との出会いがありました。
白モクレンの大木、石楠花の群生、森の中の桜の園などなど。

かつての恩師から、「道端の名もなき草のような人だ」と言われた私ゆえ、ここ一番の瞬間(とき)に存在感を示す、、、
私も憧れます。
道端の名もなき草って、どの草なのか、気になるところです(笑)。
茶々がむしゃむしゃ食ってるやつか!?

投稿: 怜草 | 2014年4月 6日 (日) 18時48分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 桜と犬 2 | トップページ | ひどい話だ »