« 固まった | トップページ | 長足の怪力くん »

どこよりも寒い我が家

「この家の冬は、どこの国の冬より寒い・・・」

娘が、ため息交じりにつぶやいた。

アメリカ(テキサス州、オハイオ州、ニューヨーク)、韓国、

ニュージーランド、そして、ハンガリーの冬を体験した娘。

オハイオ、テキサス、ハンガリーなどは、

最高気温が氷点下という日もざら、、、という場所。

韓国やNZにしても、大阪よりは寒い国だ。

どの国も、セントラルヒーティングが完備されていて、

外がどんなに寒くても、

屋内は、長袖一枚で過ごせるくらい暖かいのだそうだ。

今のハンガリーの寮も、室内の壁に、

温水が通ってる管が埋め込まれていて、浴室や洗面所まで、

とても暖かいのだとか。

それに比べて、我が家の寒いこと・・・。

そう言えば、昔、縁あって我が家に1ヶ月ほど滞在した

韓国の男子の一言を思い出すと、今でも大笑いしてしまう。

彼が我が家に来たのは、一番底冷えのする2月だった。

あらかじめ彼には、使う部屋を選択してもらった。

  • 一日中日当たり良好で暖かいけど、電車が通るたびに揺れる3階
  • ほとんど揺れないけど、暖房がなく、めちゃくちゃ寒い1階

どっちがいい?と尋ねたところ、1階が良いとのこと。

きっと後悔するから、3階にすれば?と勧めるも、

「僕は、軍隊の経験もあるので、寒いのは平気です。

 でも、揺れるのは気持ち悪いので、1階の部屋にします。」

彼は胸を張ってそう言ったのだ。

初日の夜は、とてもとても寒かった。

様子を見に、1階の部屋をノックすると・・・・布団にくるまって、

歯をガチガチ言わせてながら、

精一杯の日本語でこうのたまった。

「オカンさん、ここは、軍隊より寒いです・・・」

 

 

ぶはははは~happy02

何度思い出しても笑える。

だから3階にすればって言ったじゃん。

それでも彼は初心を貫き、1階でずっと過ごしたのであった。

電気ストーブは出してあげたよ。

※ちなみに、「オカンさん」は誤字ではないのじゃ。

 うちの子が私のことを「オカン」と呼ぶのを聞いて、

 それに「さん」を付けるのが正しいと思ったみたいで、

 「オカンさん」となった次第。

******************************************

dollarレッツ・おつりの一部を義援金箱にチャリン♪dollar

Banner_02

↑ご訪問ありがとうnote

 ポチッとヨロシクお願いしますhappy01

*******************************************

|

« 固まった | トップページ | 長足の怪力くん »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

  日本って資源が少ない分、昔からエコ(生態=環境面・経済面)だったんだなぁと思います。

 幼少の頃は火鉢が居間に1つ、布団の中には電気行火。

 40年前のスキー場は、ホーム炬燵中心にして、放射状に布団を敷いていたなぁ。

 その頃の雪は春に黄砂が降るまで白いままだった。

 何時の間にか宿はセントラルヒーティングになり、屋根も電熱の融雪がついた。

 吹雪いた夜の後は暗い内から重機で道路の除雪が始まるし、山では圧雪車が昼間にできたこぶも新雪も潰して真平ら。

 お蔭で晴れた日が続くとスキーの滑走面は真っ黒でギトギト。

 間違っても、新雪にあんこ撒いて「氷あずき」なんてやったらあかんよ。

 

投稿: メタボ万歳! | 2014年2月 1日 (土) 09時56分

メタボ万歳さんへ

そう言えば日本って、昔から、全体を温めるより、一カ所を暖かくして、みんなそこに集まる、、、的な暖の取り方だったかもしれませんね。

数年前、雪山に行ったとき、樹氷を溶かしてコーヒーをいれてる人がいましたが、内心、やめた方がいいのに、、、て思ってました。

投稿: 怜草 | 2014年2月 2日 (日) 10時09分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 固まった | トップページ | 長足の怪力くん »