« ハンガリーよもやま話4 | トップページ | お近づきになれない »

年賀状

今年も各地から届きましたよ、年賀状が。

去年、義母が他界したので、

新年の挨拶は控えた我が家ですが、

お正月に年賀状が来ないのは寂しいので、

私の友人には、喪中欠礼ハガキは出しませんでした。

(夫の知人・友人と親戚には出しました)

その代りに、本日、寒中見舞いハガキを投函しました。

年賀状だけの付き合いの人もいますが、

それでも、そこに添えられた一言二言から、

元気そうな様子や、日々の暮らしを垣間見ることができ、

嬉しく感じる瞬間です。

そんな年賀状ですが、

今の若い人たちはほとんど書かないみたいですね。

娘は6枚、息子は0枚、

今日遊びに来た娘の友達も、1枚も書かなかったと。

それも、逆らいがたい時代の流れなのでしょうね。

郵便局の人が、必死で年賀状を売っていますが、

これからは、年々、厳しくなってゆくのでしょう。



一昔前、我が家は、年賀状をプリントゴッコで作っていました。

焼き付ける時、ピカッと光るんですよね。

刷り上がったハガキを部屋中一杯に広げて、

インクが乾くのを待ったものです。

懐かしい~happy01

******************************************

dollarレッツ・おつりの一部を義援金箱にチャリン♪dollar

Banner_02

↑ご訪問ありがとうnote

 ポチッとヨロシクお願いしますhappy01

******************************************* 

|

« ハンガリーよもやま話4 | トップページ | お近づきになれない »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

今年も茶々ちゃんとの微笑ましい記事をお願いします。

以前、作法教室で教えてもらいましたが、
年賀状は喪になると欠礼ハガキを出しますが、あれは「こちらから年賀状を出すことは控えますよ」というお知らせなので、欠礼ハガキを受け取った側は喪中の相手に年賀状を出しても構わないそうです。
ただし、文面はめでたさを控えるべきですけどね。

年に1度、年賀状でしか交流のない人とはお互いの近況をお知らせする唯一の手段ですからね。

私も父がある年の1月に他界していますが、その年の年賀状は喪中欠礼することなく、出しました。家族ではとうに喪が明けた気分だし、
父も「出してもかまへん。」と言っているはずなので。

投稿: 枚方の茶々の飼い主 | 2014年1月 6日 (月) 21時34分

  しめ飾り、祝日の国旗掲揚、懐かしいと思っておりましたが、年賀状もですか。

 確かに最近新築された家の玄関先に国旗掲揚の金具が無い。

 マンションだからと思っておりましたが戸建の家にもついてません。

 学校の式典で国歌斉唱や国旗掲揚に反対する時代ですから、年賀状も・・・。

 古い風習=右と教えられた世代、その子供。

 アイデンティティなんて悪と言うか狭量というか、時代に合わなくなってきたのでしょうか?

 戦争を知らない子供達世代ですが、足元が・・・。

 若者達はグローバルに、ボーダレスに、そして世界市民に。

 ルピー鳩山の先見性ですね。

 「日本は日本だけのもにじゃない」って。

 そんな日本を理想としたあのマッカーサーの言葉が身に沁みます。

 

投稿: メタボ万歳! | 2014年1月 6日 (月) 21時40分

  追伸

 未だにプリントゴッコです。

 ランプ探しに行かなきゃ(汗)。

投稿: メタボ万歳! | 2014年1月 6日 (月) 21時44分

枚方の茶々の飼い主さんへ

こちらこそ、今年もよろしくお願いします。

喪中の相手に、控えめな年賀状を出す分にはOKなのですね。
知りませんでした~。

投稿: 怜草 | 2014年1月 7日 (火) 15時02分

メタボ万歳さんへ

これだけメールやスマホが浸透すると、
わざわざ年賀を作る気にならないのでしょう。

国歌に関しては、オリンピックなどの席では、
みな抵抗なく歌えるのに、、、
君が代のメロディーはそのままで、歌詞だけ変えるっちゅうわけにはいかないものですかね。

投稿: 怜草 | 2014年1月 7日 (火) 15時05分

  国歌の歌詞ねぇ・・・。

 中学の時の担任が「細石が巌となりて」なんか在り得るかぁ、と言ったのを思い出しました。

 奴は「礫岩」の存在を知らなかったんだと(笑)。

 そんな連中に洗脳されてたことに、遅れ馳せながら、徐々に気付き始めた昨今。

 世界中どこを探しても(神話の時代を除いても)長く続いた王朝で現存するのは・・・、世界に誇ってもいいんじゃないかってね。

 

投稿: メタボ万歳! | 2014年1月 8日 (水) 08時45分

メタボ万歳さんへ

なるほど・・・。
そうかもしれませんね。

プリントゴッコ、現役とはブラボーsign03

投稿: 怜草 | 2014年1月 8日 (水) 09時16分

新年おめでとうございます
本年も「風を感じて」茶々の写真と共に、アレコレいっぱいお願いします。
実は、この健康自慢の人間が18日間入院、なんと病院で年越し、2日に退院してきました。子宮癌で摘出手術、もともと元気だから術後いたって回復良好!「病気の時こそ、心身ともに健康でアレ」とパラドックスのような確信を抱きました。

その間の記事で、頷いたことがたくさん。
年賀状、私もとても大切に楽しみにしています。自分の父親が1月に他界した年末は喪中葉書出しませんでした。知っている人は解ってくれるし、不幸をわざわざ多くの人に知らせることもないと思いました。100枚出します。

私の前歯も先がギザギザ、クライミングに行く時、駅駐輪場の入り口で曲がりそこね、自転車ごと転倒!ザイルを背負っていたため、その荷重で手だけでは間に合わず、ご同様となりました。2回補修してもらったけど、次は差し歯?とか言われて、いまはギザギザのまま。それよりも、直ぐに歯医者さんへ行かなかったため内出血で歯が少し黒ずんでいる方が、気になります。写真に撮るとなんだかヘン。笑って~の時、歯は見せないようにしています。

年末のアンディーブ君のどアップ、思わず両手で顔を撫で回したくなりました。逢いたいわ~
どうぞ、本年もヨロシク!きっと「なおる」、お祈りしています


投稿: 草々 | 2014年1月11日 (土) 10時37分

草々さんへ

こちらこそ、今年もよろしくお願いします。

入院、手術、それはそれは大変でしたね。
術前の不安、術後の痛み、ホントにお疲れ様でした。
順調に回復されているとのこと、良かったです。
体力には大いに自信あり、だとは思いますが、
無理は禁物ですよ。
ボチボチやって下さいね。


自転車ごと転倒!うわぁ~、痛そう!!!
歯が黒くなっているのは、神経が死んでしまったせいかも、、、。
先日、歯医者さんに言われたんです。
「今は、どうもなくても、こけた衝撃で、
神経が死んでしまっていると、しばらくしてから、歯が黒く変色してくるので、気を付けておいて下さい。」て。
そうなると、歯の裏から穴を開けて、神経を抜き取るのだそうです。
草々さんのケースが、これに当たるかどうかは分かりませんが、一度診てもらっては?


アンディーヴ、可愛いでっしゃろ~happy01
今年も、たくさん写真を撮らせてもらおうと思ってますから、お楽しみに。


今年こそ「なおる!」
そして、山に行く!!!
実現させたいです。 

投稿: 怜草 | 2014年1月11日 (土) 15時52分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ハンガリーよもやま話4 | トップページ | お近づきになれない »