« あ〜ちちあーち♪ | トップページ | 撮影日和 »

人形供養

昨日、お隣の豊中市では、最高気温が37.9度まで上がり、

めでたく(?)日本で一番暑い街となった。

今日も暑かった~

昨日と同じぐらいまで、上がったかな。


そんな中、娘と兵庫県西宮市の門戸厄神東光寺に行った。

Photo_2

この子たちを供養するために。

Photo


この子たちは、かつての娘の大切な友達たち。

一体一体、みんな名前が付いている。

娘はペンギンが好きだったので、やたらとペンギンが多い。

リカちゃんは、片足がもげるまで使い込んだ。

もう、ずいぶん前から、

段ボールにしまいこまれたままになっていた。

ゴミには出したくない、、、と娘は言う。

そうだよね、私だって同じ気持ち。

ならば、お金がかかるけど、

ちゃんと供養してもらおうってことになった。


娘が、優しい子に育ってくれたことに、

この子たちも多少なりとも貢献してくれたと思う。

今でも、この子たちで、楽しげに一人遊びや、

友達と遊ぶ小さな娘の姿がまぶたに浮かぶ。

ぬいぐるみさんたち、本当にどうもありがとう。



西宮市のマンホール ↓

Photo_3



西宮球場と、桜、そして地場産業の酒蔵だそうだ。

もう一個あったよ、ケロケロ。

Photo_4

 

娘と一緒に人形供養に行く、これは今年の目標の一つだった。

実現できたことが嬉しい。

*******************************************

レッツ・おつりの一部を義援金箱にチャリン♪

Banner_02

↑ご訪問ありがとう

 ポチッとヨロシクお願いします

******************************************* 

|

« あ〜ちちあーち♪ | トップページ | 撮影日和 »

旅行・地域」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

  地元と言ってもこの歳になると、人生の3分の1弱を暮らしたに過ぎないませんが、門戸厄神で人形供養ができるとは知らなかった。

 知らなかったついでに、還暦が男の厄年ということも。

 前回の厄年には両親に薦められて、門戸厄神で厄を払いましたが、その両親は淡島神社まで人形を持って行きました。

 そもそも、餓鬼に頃はあの辺りは田んぼが多く残っており、ドジョウやザリガニや昆虫の採集にチャリンコで良く出かけたもんです。

 で、厄神さんを神社と思い込んでいて、お寺と知ったのが前回の厄年でした(笑)。

 

投稿: メタボ万歳! | 2013年6月15日 (土) 14時33分

メタボ万歳さんへ

あの辺が地元なのですか。
駅から門戸厄神までの間には、
今でも田園風景が広がっていて、のどかでした~。

かつて、ガイドヘルパー(外出介助)の仕事をしていたとき、
障碍者の人と厄除けに門戸厄神を訪れ、人形供養のことを知りました。
焚き上げを待つ人形たちが並べられていているのを見て、「ちゃんとした人形だけでなく、ぬいぐるみもOKなんだ」と知りました。

名前に「神社」とか「寺」とかが入っていれば、どっちかすぐ分かりますが、
そうでないと、どっちだ!?となりますよね。
清荒神さんはどっちだ!?
確か、お墓があったからお寺かなぁ。

投稿: 怜草 | 2013年6月15日 (土) 16時31分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« あ〜ちちあーち♪ | トップページ | 撮影日和 »