« 柔らかな緑の下を | トップページ | お馬さん!? »

不吉な香り?

主の汗がしみ込んだ靴下が大好きな犬は多い。

我が家の茶々も、ご多分に漏れず、その通りで、

うっかりその辺に脱ぎっぱなしにしておくと、

くわえて、八の字にブンブン振り回して遊んでいる。

それはそれは、嬉しそうに・・・

 

ならは、同じく主の傷からしみ出た滲出液まみれのガーゼも、

さぞや好きなんだろうなと思いきや、

これが全くそうではないのだ。

 

健康な人でも、ひどく擦りむいた時など、

傷口から、しばらく滲出液が出る。

普通はたいして臭くない。

だが、今の私の皮膚炎の患部からにじみ出る滲出液は、

変な臭いがする。

鰹節が腐ったら、たぶん、こんな臭いだろうな・・・的な香り。

最も症状が激しかった頃の臭いは、もっとどぎつくて、

それこそ、夏場、ゴミ袋の中で、

腐って異臭を放つ魚の汁の臭いそのもの。

そんな液体が、首や脇、ソケイ部などから、

湯水のごとく出るのだから、自分が腐ってるかのようで、

それはそれは恐ろしかった。

そのような臭い滲出液が出る患部の皮膚は、

決まって、硬くてゴワゴワで、どす黒く変色している。

人間離れした変な皮膚だ。

30年近くも、ステロイド剤を塗りこんだのだから、

ある意味、当たり前の変化なのかもしれない。

臭い滲出液を何度も何度も出していくうちに、

普通の肌に近づいていくのだ。

必要があるから出ているわけで、逆に言うと、

出さなきゃ治らない、、、そう感じている。

 

 

ってことで、今も、私の足の付け根周りから滲出液が出ていて、

常にガーゼを当てている。

そのガーゼに、茶々は全く興味を示さない。

それどころか、近づこうともしないし、

むしろ避けているような気さえする。

ひょっとしたら、本能的に、

「この臭いはヤバイ!」と感じているのかも。

「死の臭い」とまではいかなくても、

とってもとっても不吉な臭いなのかもしれない。

 

汚れたガーゼを予洗しつつ、そんなことをふと考えたのだった。

***********************************************

レッツ・おつりの一部を義援金箱にチャリン♪

Banner_02

↑ご訪問ありがとう

 ポチッとヨロシクお願いします

*******************************************
 

|

« 柔らかな緑の下を | トップページ | お馬さん!? »

アトピー」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 柔らかな緑の下を | トップページ | お馬さん!? »