« 春の恒例行事 | トップページ | 最強のブサ可愛さ »

懐かしい味

今日、それはそれは懐かしいものを食べました。

大人になってから、その存在を忘れていました。

私は、めったに病気をしない子供でしたが、

ごくまれに、熱を出して学校を休んで寝ていると、

母がこれを枕元に持ってきてくれました。

ただ、少々時間が経っていて、変色していましたが・・・。

 

私の二人の子供は、どちらもこれがあまり好きではなく、

彼らが病気のときも、出番はありませんでした。

 

それは何か、、、そう、すりおろしたリンゴです。

 

朝ごはんに、リンゴをむいていると、

何の前触れも、きかっけもなく、

急に「すりおろす」という手段があったことを思い出したのです。

そうすると、もう居ても立ってもいられないほど、

すりおろしリンゴが食べたくなりました。

 

とっても、とっても、とーーーっても、懐かしい味がしました。

最初は、半分のつもりでしたが、

結局、1個、全部すりおろして食べちゃいました。

Photo

***********************************************

レッツ・おつりの一部を義援金箱にチャリン♪

Banner_02

↑ご訪問ありがとう

 ポチッとヨロシクお願いします

*******************************************
 

|

« 春の恒例行事 | トップページ | 最強のブサ可愛さ »

食べ物・飲み物」カテゴリの記事

コメント

  子供の頃、色々手間のかかったものを口にしていたもんだと思います。

 我が家ではさらに、布巾で絞ったリンゴ汁のこともありました。

 本籍が青森で、送られてきた木箱入りで籾殻に埋められた赤いリンゴが冬の記憶の1つです。

 ただ、あの茶色く透明な液体は紙パックに入ってスーパーで売っているので、わざわざ作ろうという気がしなかったけど、やってみたくなりました。

投稿: メタボ万歳! | 2013年4月 1日 (月) 09時15分

メタボ万歳さんへ
 
 
お母様は、さらに一手間かけてくださってたのですね。

今は手軽に100%のジュースが買えますが、
実際に絞ったリンゴ汁と売ってるジュースの味、ちょっと違う気がします。
濃縮還元は、なんというか、ウソっぽい感じ。
 
すりおろしにしろ、手絞りにしろ、
優しくて、懐が深い味がするような・・・。

投稿: 怜草 | 2013年4月 2日 (火) 09時39分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 春の恒例行事 | トップページ | 最強のブサ可愛さ »