« あっという間に元通り | トップページ | 初 お泊り »

義母の旅立ち

日付が5日になってすぐの頃に、お義母さんが亡くなった。

享年82歳(実年齢は82歳)。

昨年の12月に、急に体調が悪くなり、

回復が難しい病気だと分かった。

全ての治療を断り、自然のままに過ごしたいという

お義母さんの希望通り、最期は自宅で、眠るように旅立たれた。

医師の余命宣告より1か月近く長く生きてくれた。

 

お義父さんも、お義兄さんも、夫も、

その瞬間に立ち会うことができた。

普段はご両親に対して、言葉遣いはキツイし、

そっけないを通り越して、

冷たいんじゃない?とさえ感じていた夫。

お義姉さんによると、お義兄さんも全く同じだそうだ。

男なんて、こんなもんなのか・・・と、寂しさを感じていた。

だけど、お義母さんの人生の最後の最後で、

二人とも大奮闘。

「これで充分」という事はないけれど、

できる限りのことはしようと、力を尽くしたと思う。

そうするのが、人の子として当たり前、、、なんだけど、

そういう機会を得たことが、彼らにとって、

とても幸せなことだと思うのだ。

本当なら、最期にまとめて、、、ではなく、

もっと、まんべんなく親孝行ができたら良かったんだけど・・・。

 

お義姉さんと

「冷たい息子だと思ってたけど、ちょっと見直したね、

 ホッとしたね。」

と話した。

 

かくいう私は、心残りがいっぱい。

申し訳なに気持ちでいっぱい。

体調が万全なら、もっともっとできることがあったのに・・・。

 

お義母さんと出会ってから約30年、

さまざまなシーンでのお義母さんの顔が浮かぶ。

今はただただ、感謝の気持ちを抱きつつ、

ご冥福を祈るばかりだ。

 

おかあさん、夫を生んでくれてありがとう。

たくさんの優しさをありがとう。

***********************************************

レッツ・おつりの一部を義援金箱にチャリン♪

Banner_02

↑ご訪問ありがとう

 ポチッとヨロシクお願いします

*******************************************

 

 

 

|

« あっという間に元通り | トップページ | 初 お泊り »

家族」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« あっという間に元通り | トップページ | 初 お泊り »