« 秋色散歩道4 | トップページ | スカイプデビュー♪ »

揺れる

今回のアトピーの悪化は、2011年の2月から始まった。

ずっと、自分の治癒力を信じて、薬を使わずにやってきたけど、

最近、心はグラグラ揺れている。

悪化し始めの頃、ステロイドを使って抑えていれば、

身体中に広がったり、

こんなにひどくなることはなかったのかな。。。

 

いや、でも、あの頃、薬を使うなんて考えは、

これっぽっちもなかったから、今思えば・・・なんだけどね。

 

私の周りに、長いことステロイド使用を絶ってきたけど、

近年、再び塗り薬を使い始めた人が数人いる。

理由は、仕事を続けたいからとか、

薬を使わずに動けない日々より、

薬を使ってでも動ける日々の方がいい、、、ということ。

ステロイドの使い方はみんな短期集中型で、

身体全体に、ではなく、首だけとか、背中だけとかに、

3~7日、しっかり塗って、スパッと止める・・・というもの。

それで、今のところは、依存性も生じてないみたいだし、

「うまくコントロールできている」状態なのだろう。

大事なものを守るために薬を使う、、、

そういう選択もありだと思う。

 

ただ、今の私の場合、炎症は体中に広がっていて、

薬を塗るとしたら、かなり広範囲になる。

そうなると、やはりいろいろと心配なことが付きまとう。

最初は効いても、そのうち効かなくなるんじゃないか・・・とか、

どんどん薬の量が増えていくんじゃないか・・・とか、

最終的に、薬が手放せない状態になるんじゃないか・・・とか。

過去の苦い体験が、トラウマになってるかも。。。

 

気持ちはグラグラ揺れるけど、今の私には、

やっぱりまだ薬を使う決断はできない。

ステロイドを使うことが怖くてたまらない。

前は、20年で効かなくなった。

と同時に、皮膚だけでなく、

副作用で私の体はボロボロになっていた。

今、再び薬を使い始めたとして、一生効いてくれるのだろうか。

上手に使えば副作用も出なくて済むってのを

信用してもいいのだろうか。

また麻薬のように、ステロイド依存症に陥ったりしないのかな。

感染症のリスクが高まることも気がかりだ。

 

かたや、こうも思う。

昔と違って今は皮膚科の医師も副作用には気を配ってるし、

だらだらと長期に塗らないなど、注意事項を守れば、

前述の人たちのように、今度こそ、

薬とうまく付き合っていけるのかもしれない。

 

でもでも・・・、、、やっぱり踏み切れない。。。

 

もはや自力では治らないのだろうか。。。

私の体内で、何が起こっているのだろうか。

気持ちは揺れる。

 

たぶん、冬から春、そして初夏までは、

今のように、ちょっとキツイ状況が続くと思う。

そして、夏が来たら、またずいぶん良くなれるのだ。

いつものパターンだ。

 

夏までまだまだ遠いな。

 

もうしばらく、薬なしで、ジタバタしようと思う。

そして、どうしても、自力では無理ってなったときは、

薬の使用を考えることにしよう。

 

とことん迷って出した結論なら、どんな結果が出ても、

自分の責任。

後悔はしないだろうから。。。

***********************************************

レッツ・おつりの一部を義援金箱にチャリン♪

Banner_02

↑ご訪問ありがとう

 ポチッとヨロシクお願いします

*******************************************

|

« 秋色散歩道4 | トップページ | スカイプデビュー♪ »

アトピー」カテゴリの記事

コメント

すべての薬は毒だと思います。しかしその毒をあえて使うのは症状を緩和するためです。
ブログ主さんには、お考えがあると思いますが生活の質を改善するのはとても大切な事だと思います。多くの医薬品はその目的で使用されています。

私は技術者なので、あらゆる問題は必ず解決されると信じています。私自身も技術的問題は今まですべて解決してきました。
しかし、その為には最新の知識、技術を知らなければなりません。困難な問題はその困難さに勝る探求心のみ解決の手段と私は信じております。

ご参考になれば幸いです。

投稿: げげげのげ | 2012年12月 3日 (月) 22時09分

こんばんわ。いつもブログ見てます。

心が揺れ動くという事は相当つらい状態だとお察しします。

私も脱ステロイド派でした。というのも、幼少期から高校まで治る事を信じてひたすらステロイドを塗っていたのですが、治らず脱ステロイドしたら、ゾンビの様になり2度とステロイドなど塗るものか!と思っていました。

しかしながら、1年前の11月からアトピーが悪化し、全身に広まって来たので塗り薬では間に合わず、セレスタミンを3錠飲んでいました。

脱ステロイド派だったので、セレスタミンを飲むにはとてもとても勇気が入りましたが、信頼している先生なのと、他の患者さんもうまく離脱出来ているので、背に腹は代えられず飲みました。症状が良くなって来てリバウンドもせず2日に1回1錠まで減らせています。

ただ私の場合は漢方が治療方針の幹になってて、痒みのわく源泉を漢方で少なくして、ステロイドの減量をコントロールしています。

この痒みの源泉が変わらないと、出たがっている痒みをステロイドで抑えるので、またリバウンドになっていたと思います。

怜草さんが自己治癒力を信じて頑張っているのはとても素晴らしい事だと思いますが、それでよくならない場合は、他の治療方法もチャレンジしてみる価値はあるのではないでしょうか^^

投稿: はっし~ | 2012年12月 3日 (月) 23時34分

  小生は血圧の薬を常用していますが、飲み忘れたことに気付いた途端、血圧が上がるような気がします。

 医者に「薬は残ってませんか?」と聞かれても、2~3週間分はストックするようにしています。

 災害時を想定するとあれこれ考えてしまいます。

 薬なしで暮らせたらすいぶん気が楽だと思います。

投稿: メタボ万歳! | 2012年12月 4日 (火) 08時33分

<げげげのげさんへ>
 
どんなことでも、必ず原因があると思うんですよね。
げげげのげさんのようなお仕事の場合でも、
家庭の問題でも、多くの事柄は、原因があって引き起こされたこと。
 
ただ、こと身体のことになると、
原因は確かにあるのだろうけど、そこにたどり着けないことがあると思うんですよね。
私の場合も、悪化の原因がはっきりすれば、対処のしようもあるのですが・・・。
困難さに勝る探究心・・・なるほど。
いつもありがとう  
  


<はっし~さんへ>  
  

 
コメント、ありがとうございます
 
セレスタミン、順調に減量できているとのこと、良かったですね。
私も、今ステロイドを使うとしたら、外用剤ではなく、内服薬かなぁと考えています。
セレスタミンでもプレゾニンでも、半錠から1錠を、一生飲み続けると、やはり問題が出てくるのでしょうかね。
感染症のリスクは確実に上がりますね。
でも、それほど、リスクを伴わないなら、
半錠ぐらいならずーーーーっと死ぬまで飲んじゃだめなの?って思うんですよね。
 
おっしゃるように、かゆみの源が存在する限り、リバウンドは起こる気がします。
ステロイドを使っている間に、それを根絶する必要があると思うのですが、さて、どうすればいいのやら???
内服しているうちは、症状が引いているので、
根絶できたのか、できてないのかの判断もできないですものね。
 
信頼できる医師、私にはいないのですよ
ずっと医者にかからずに来たので・・・。
 
もう少し、迷おうと思います。
ありがとうございました。  
  

 
<メタボ万歳さんへ>  
  

 
血圧、分けてほしいです
私などは超がつく低血圧で、
上が90ないときがあります
だから、手足の先まで勢いよく血が届かなくて、氷のように冷たくなっちゃうんですよね。
 
ひょっとして、ほんとはビタミン剤なのに、降圧剤だと言われれば効いてしまうタイプ?
私の夫は、確実にそのタイプです。

投稿: 怜草 | 2012年12月 4日 (火) 10時38分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 秋色散歩道4 | トップページ | スカイプデビュー♪ »