« ホクホク焼き芋 | トップページ | 新・サラダバー »

昔はどこも手作りごはん

「男前の犬やなぁ」 (ありがとうございます、でも女の子です)

「豆柴やな」 (ちゃいます、普通の柴です)

少し前までは、通りがかりの、犬好きの人から、

よく、こんなふうに声をかけられた。

 

でも、最近は、ちょっと違ってきた。

「うわぁ、まだ子犬やねぇ」 (あっ、いえ、人ならアラフォーです)

「べっぴんさんやねぇ」 (やっぱりそう思います?)←アホ

 

先日も、昔、柴犬と暮らしてたとい年配のうご婦人が、

「なんとまぁ、べっぴんさんだこと」と、

わざわざ自転車をおりて、いっぱい撫でてくれた。

「思い出すわぁ~、嬉しいわぁ~」と、とても優しいまなざしで、

たくさん茶々に話しかけて下さった。

その柴ちゃんは、なんと20歳まで生きたとのこと。

長生きの秘訣をお尋ねしたら、

「なんでしょうかねぇ、わかりませんけど・・・。

 ただ、私は、ドッグフードがどうも嫌で、

 ほとんどあげなかったんですよ。

 肉と野菜を炊いたものとか、あげてました。」

なんと、手作りごはんの大先輩でした~。

そもそも、一昔前の日本では、

どこの犬も手作りごはんを食べていたのだ。

「手作りごはん」なんて、わざわざ言わなかったけど・・・。

 

その後、寒空の下、

「この子は、焼魚に目がなくて・・・」

「そうそう、うちもそうでした。」

「あと、納豆も好きで・・・」

「うちのはチーズがお気に入りでしたね~」

などと、しばし盛り上がった、見ず知らずの人と・・・。

こんな出会いも、茶々のおかげ、ありがとね

Photo_2

***********************************************

レッツ・おつりの一部を義援金箱にチャリン♪

Banner_02

↑ご訪問ありがとう

 ポチッとヨロシクお願いします

*******************************************

 

|

« ホクホク焼き芋 | トップページ | 新・サラダバー »

茶々」カテゴリの記事

コメント

  この間行きつけの呑み屋でブリカマの塩焼きをせせりながら、ふと思い出したのが40数年前のワンコご飯。

 夕方、店仕舞い前にお安く分けて貰ったアラの中にこんなのも混ざってたなぁ。

 あいつら、エエもん食わして貰てたんやなぁ。

 その後、数回世代交代があり、すっかり袋入りが定着。

 拾い食いや、人の食べている物を欲しがらなくなるなんて、本音は手間暇掛けられない専業主婦の不在。

 工場で機械が作った「餌」に「愛情」がこもっていそうには思えない。

 「玄関開けたら2分でご飯」にレトルトカレーをかけて・・・。

 昔はよかったなぁ、って結論でした。

投稿: メタボ万歳! | 2012年12月29日 (土) 10時09分

メタボ万歳さんへ
 
たまにスーパーの鮮魚コーナーの隅っこで、
魚のアラが、1パック200円ほどで売られてます。
見つけると必ず買って、自分たちのおじやにしたり、茶々のごはんにしたりします。
鯛のアラのおじやなんて、ほっぺが落ちそうなくらいおいしいですよ~♪
 
ドッグフードでも、健康に一生を全うする子もいますが、
私たちが、もし、来る日も来る日もカロリーメイトしか食べられないとしたら・・・
やっぱりつまらないし、なんか、こう、元気が湧いてこないというか、そんな気がします。

投稿: 怜草 | 2012年12月29日 (土) 16時29分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ホクホク焼き芋 | トップページ | 新・サラダバー »