« 奥の手 | トップページ | 感動的なお土産 »

ああ 内部被爆

半年くらい前から、無農薬&無肥料の野菜を取り寄せています

そのきっかけは、また今度書くとして、

今日は、内部被爆の懸念です。

 

野菜と一緒に、次回の注文書などの書類も送られてきます。

その中に、必ず「放射性物質 測定結果一覧表」が添えられています。

この会社では、独自の基準値を設けています。

放射性セシウム134と137の合計で20ベクレル/kg以下となっています。

確か、国の一般食品の基準値は、100ベクレル/kg以下だったと思います。

(飲料水は10ベクレル、乳幼児食品と牛乳は50ベクレル以下)

 

しかし、これは、許容範囲であって、

安全範囲というわけではないそうです。

本来は、ゼロであるべきなのですから。。。

 

国の基準値は、この会社の基準値よりゆるめですが、

それでも、この先、食べ続けたとしても、

「生涯受ける影響が、十分小さく、安全なレベル」になるよう定められているのだそうです。

これって、信用しても大丈夫なのでしょうかね。

 

届けられる野菜はみな、

この会社の基準値を下回っているものばかりですが、

国内産の全ての野菜から、

放射性物質が検出されているのがわかります。

北海道も、鹿児島も、その途中にある都道府県のも、、、です。

一方、外国産の物には「検出されず」の文字。

原発事故が起こる前までは、国産の野菜だって、

みな「検出されず」だったはずなのに。。。

当然、街のスーパーで売られている野菜からも検出されているはず。

ひとつひとつに含まれる放射性物質は微量でも、

毎日毎日、何種類もの食品を食べ続けるのだから、

その分は確実に影響を受けるし、蓄積されていくのでしょう。

 

ましてや、メルトダウンした原発は、完全密閉されておらず、

今なお放射性物質が拡散し続けているのだから、

汚染は拡大するばかり・・・。

自分にできることは何だろう???

  • 放射性物質によって傷つけられた細胞を修復する力
  • 放射性物質を排泄する力

これらを高めるしかありません。

要するに、自然治癒力を上げることしかないようです。

 

お世話になっている東洋医学の先生曰く、

私のアトピーの悪化は、放射能汚染の影響が強いのでは、、、と。

そして、こうもおっしゃってました。

「アトピーの人はそれほど心配してないんです。

 ちゃんと皮膚からの排毒を心得てますからね。」

それって、いいことなんだか、どうなんだか・・・。

 

今、私が心がけていることは、

  • 発酵食品を多く摂る(味噌、納豆、漬物、ヨーグルト、麹など)
  • 食物繊維をたっぷり摂る(海藻、こんにゃく、根菜など)
  • 運動をして、代謝を上げる
  • 新たな毒を、できるだけ体に入れないこと

以前、何かで、こういったことが有効と読んだ記憶があります。

他に何かありましたら、コメント欄を通して教えてください。

お願いします。

 

私たちのように、もう成長が終わっている者はまだましです。

心配なのは、子供や幼い動物たち。

でも、どうすれば彼らを守れるのか、さっぱりわかりません。。。

国は、その辺のことを、もっときっちりやってほしいです。

***********************************************

dollarレッツ・おつりの一部を義援金箱にチャリン♪dollar

Banner_02

↑ご訪問ありがとうnote

 ポチッとヨロシクお願いしますhappy01

*******************************************

 

|

« 奥の手 | トップページ | 感動的なお土産 »

心と体」カテゴリの記事

コメント

  淀川長治さんを思い出します。

 「怖いですねぇ、怖いですねぇ」

 本来、ゼロはありえないですから・・・。

 宇宙から、地中から、壁や床のコンクリートから、そして偏西風に乗って砂漠での核実験によるもの(むしろコレが結構なレベルでして)が・・・。

 もしもゼロなら、化石や遺跡の年代測定もかなり大変になるでしょう。

 つまり生きている間、動植物は体内に自然の放射性物質(ex.C14の炭素)を蓄積していて、死ぬとそれ以上取り入れられなくなり、逆に放出されたりして減った割合で死後の年数(=年代)を測定します。

 最近の統計では、煙草を吸う人の方が自殺者が少ない(武田邦彦先生談)そうです。

 DNAの二重螺旋は一本が損傷を受けても、残りの一本がそれを修復します。

 つまり、人間を含め生物は強かです。

 人間の悪い癖でしょうか、今まであまり気にしてなかったことに、今度は過敏に反応する。

 確かに「なるようになるし、なるようにしかならん」なんてお気楽では居られない時代です。

 関心を持つことは必要だと思います。

 が、必要以上にストレスの材料を増やすのも、ある意味寿命を縮めます。

 そう言えば思いだしたブラックジョーク。

 レントゲンの放射線が怖くて検診を受けなかった人が、癌の発見が遅れて・・・。

 

投稿: メタボ万歳! | 2012年11月21日 (水) 14時10分

メタボ万歳さんへ

興味深いお話をありがとうこざいます
メタボ万歳さんは 実にいろいろな事をご存知なのですね
(^∀^)ノ

もともと存在してる原爆事故以外の放射線に対しては 私達も適応してきていると思うのですが それプラス原爆から今なお拡散してる放射性物質の分についても ちゃんと身体が順応し 処理して行ける程度のレベルなのかが心配です
(∋_∈)
それに 自分の体調が良くないと つい 何かのせいだと考えてしまいがち…
これも良くない考え方の癖ですね
(^_^;)

放射線も 量によっては、悪いことばかりでもないようだし 考え混んだところで どうしようもないし
ケセラセラ~で やり過ごすしかないですかね…

投稿: 怜草 | 2012年11月22日 (木) 09時39分

  上手く表現できないので不適切かも知れませんが、ある意味今回の事故は多くの人達に考えたり、調べたりする機会を与えてくれたようにも思えます。

 先日の震災瓦礫の焼却問題にしろ、早速の関電値上げにしろ、TVのニュースを丸呑みできない気がします。

 沖縄の方に聞きましたが、基地反対を過激に騒いでいる人たちの大半は「外人部隊」だそうです。

 「外人って?、県外の人?」と聞くと、正しく国籍の違う人達も結構紛れ込んでいるとか。

 そんなこんなで、胡散臭さが付きまとうんです。

 

投稿: メタボ万歳! | 2012年11月22日 (木) 11時14分

メタボ万歳さんへ

確かに 情報を鵜呑みにできないって感じます
地球温暖化だって 怪しいですからね

正しい情報を選び取る賢明さが必要ですね
ちょっと苦手分野かも…
(^_^;)

投稿: 怜草 | 2012年11月22日 (木) 19時23分

  温暖化と言えば、よく縄文海進(上町台地の住人ゆえ)の話し(よく行く呑み屋での会話ですが)が出るのですが、あの頃の緑の質と量と現代のそれを比較するとCO2の増加は素人にはやはり脅威です。

 秋吉台の石灰岩が珊瑚によるCO2固定の結果とか考えますと、いまの地球の自然治癒力には不安を招きます。

 クリーンな電気自動車の充電用電力は化石燃料を燃やした火力発電によるものだったり。

 それでも我らがヒーロー、鉄腕アトムやドラえもんが目の敵にされる日も近いかもと心配で昼間ねむいです。

投稿: メタボ万歳! | 2012年11月23日 (金) 13時30分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 奥の手 | トップページ | 感動的なお土産 »