« らんちゅう~ | トップページ | いよいよヤバイ&poっ尻 »

大文字山 後編

<前編はおとといの26日に掲載しています>

  

まるで天下をとったような気分で、

京の都を存分に見下ろしたら、再び歩き始めるとしよう。

Photo

↑ どんどん登ってきているこの階段を降りれば、

京都の名所である銀閣寺や哲学の道などの方面に出る。

でも、この日は土曜日、きっと人・人・人だろうから、

そっち方面は避けて、山頂近くの尾根道まで登り返して、

そこの分岐を、道標に従って蹴上(けあげ)方面に向かう。

Photo_2

こちらのコースは人もまばら。

木洩れ日の山道が美しい。 

一人でのんびり歩いていると、

20mぐらい前方を、

私と同じ背丈ぐらいの茶色い何かがサッと横切った。

と思ったら、今度は 小さいのがトコトコトコと横切った。

可愛い 子鹿だ。

ってことは、先のは親鹿か。

ケイタイカメラの準備をして、

そーっと忍び足で彼等が入っていった林の方を見ると・・・

やっぱりいたいた

Photo_4

親鹿の影になっているのか、子鹿の姿は見えない。

野生の鹿と見つめ合えるなんて、幸せ~

「お尻が茶々みたいやわ~」などとアホなことを思いつつ、

怖がらせてはいけないので、そーっと立ち去る。

 

こういう出会いがあると、当り前のことなんだけど、

山は、ひいては地球は人間だけのものではないと改めて思うのだ。

むしろ、人間の方が後から入ってきたのだ。

  

しばらく行くと、また分岐があり、

道標に従って山科方面へと下る。

ここからの下りがけっこう急で、なまった足にけっこう堪える。

人っ子一人出会わない道を20分ほど下り、

沢の川町の集落を抜けると、再び毘沙門堂に出る。

Photo_5

↑その集落で出会った、とってもフリーダムな子、甲斐犬?

 

歩行時間4時間半、歩行距離8kmくらいの山旅終了。 

疎水に別れを告げて、JR山科駅に向かい、さぁ、帰ろう。

Photo_6

 

途中、膝裏と、肘の内側、おでこが痒くなったけど、

ちょっと掻いたら治まった。

それに、流れるほどの汗をかいたけど、

速乾性のウェアと、秋の風のおかげで、すぐに乾いた。

帰りの電車内で痒くなることもなかった。

まさに、案ずるより産むがやすし。

早くも、次はどこの山にしようかと考えてる私がいた。

***********************************************

レッツ・おつりの一部を義援金箱にチャリン♪

Banner_02

↑ご訪問ありがとう

 ポチッとヨロシクお願いします

*******************************************

|

« らんちゅう~ | トップページ | いよいよヤバイ&poっ尻 »

山旅」カテゴリの記事

コメント

気持ちいいー、が伝わってきます。大文字山からの眺め!
ステキ、好き!
京都に下宿していたにもかかわらず、当時も今も、まだ登ったことがありません。玲草さんの写真見て、行かなくちゃ、の思いを強くしました。

投稿: 草々 | 2012年9月29日 (土) 21時58分

草々さんへ
 
あれほどあちこちに行かれている草々さんが、大文字山からの、あの眺めをご存知ないなんて!
それは、アカンわ~(笑)
京都に思い入れがある人ならなおのこと、
山頂や火床からの眺めが感慨深いものになると思います。
ぜひ空気が澄んだ日に行ってみて下さいね。

投稿: 怜草 | 2012年9月30日 (日) 11時10分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« らんちゅう~ | トップページ | いよいよヤバイ&poっ尻 »