« 本日はWで | トップページ | 瀕死状態×2 »

悲しみの種と喜びの芽

喜びの絶頂のとき、

既に悲しみの種は播かれているが、

絶望のどん底のとき、

既に喜びの芽は芽吹いている。

それが、生きるということ。

 

これは、さだまさし氏の日めくり・2008年版の中で出会った一節。 

半世紀近く生きてきて、つくづくその通りだと思う。

今の私は、喜びの芽を育てているところ、、、かな。

もしアナタが今、明日の光が届かない場所にいたとしても、

きっとそのうち、あたりがほんのり明るくなってくるよ。

だからそれまで、とりあえず今日一日を乗り切って行こう。

P1010398

***********************************************

レッツ・おつりの一部を義援金箱にチャリン♪

Banner_02

↑ご訪問ありがとう

 皆さまのおかげでランキング 

 ありがとうございま~す

 ポチッとヨロシクお願いします

*******************************************

|

« 本日はWで | トップページ | 瀕死状態×2 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 本日はWで | トップページ | 瀕死状態×2 »