« ドゥキューン! | トップページ | 夕焼け空 »

何とかならんか…


オリンピックの柔道のこと
沢田研二 じゃないや ジュリー(審判員)がうるさくて たびたび試合が中断したり 判定が変更されたり…
はっきり言って、おもしろくない!
何より 選手たちが大変だと思う
リードした と思ったら、取り消されたり、勝った!と喜んだら訂正されて 試合続行とか…
集中力を維持したり 気持ちを切り替えたりが難しいだろうな

まぁ これまで何度も とんでもない判定をしてきて その反省を踏まえて導入されたシステムなんだろうけど 頻繁に‘物言い’をつけすぎだよ~
それに これは今に始まったことじゃないけど 柔道本来の在り方とは掛け離れて来た気がする
積極的に攻めないと指導が来るのは 本当は変な話だ
ジーッと反撃の瞬間を待って 一瞬のすきをついて技をかけ 倒す 以前はこれもアリだったのに 今 それをすると 指導が来て不利になる
攻めるばかりが柔の道ではなかったはずなのにな…

|

« ドゥキューン! | トップページ | 夕焼け空 »

スポーツ」カテゴリの記事

コメント

  以前「居合い」の青竹切りをTVでやっていたのですが、丸太のような腕をしたヨーロッパ系の大男がスパスパ切っていくのを見た時思いました。

 日本の伝統芸(スポーツ分野)も国際的にオープンした時点で日本のお家芸ではなくなるのだと。

 柔道の「青い道着」もそうですが、ルールも国際化されますから・・・

 アディダスの七分袖?

 ミズノの道着にさえ違和感を感じているのに・・・

 我々世代は柔道・剣道の道具や道着は専門の武道具屋さんに買いに行ったものです。

 もはや「○○道」と呼ばれるスポーツの種目であって「武道」ではなくなったのですわ。

 「柔らの道」も歌詞の中でしか残ってない、と言うか聞かなくなりました。

 技術は広めたが、精神は広めることができなかったのです。

 「仏を作って魂入れず」ですね。 
 
 「神事」から始まった相撲でさえもスポーツ化し、外国では短パンの上から「まわし」を巻きます。

 「郷に入れば、郷に従い」は「郷から出したら、外のルールの従え」と言うことです。

 妥協しないと、割り切れません?

 

投稿: メタボ万歳! | 2012年8月 2日 (木) 12時43分

《メタボ万歳さんへ》

そうですね もはや武道ではなくなってしまった感じが強いですものね

青い柔道着、最初はビックリしましたが 慣れてきました~

投稿: | 2012年8月 2日 (木) 17時49分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ドゥキューン! | トップページ | 夕焼け空 »