« おすそわけ | トップページ | 使ってないやん! »

この肌で生きていく

筑後の温泉療養施設のお風呂で、私は度々泣いていた。

部位によっては、とうてい人の肌とは思えない程の、

みにくい変化を遂げた私の肌。 

  

こんな肌はイヤだ、気持ち悪い、大嫌い!

いつになったら汁が止るの?

どうしてこんなことに!?ホントに元に戻れるの? 

 

それこそ子供みたいに、ワーワー泣いていた。

中島みゆきさんの「時代」を泣きながら歌いもした。

(こういうことは、なかなか自宅ではできない)

とにかく、自分の肌がキライでたまらなかった。

 

でも、、、

あるときフッと真逆の想いが浮かんできた。

  

考えてみたら、私の肌は、よく耐えてくれている。

ステロイド剤という強烈なホルモン剤を、

生後8ヶ月から27歳までという、

とんでもない長期間使ってきたにもかかわらず、

私の肌&身体は破綻することなく、もがき苦しみながらも、

持ちこたえてる。

えぐるように掻きむしり、血を出し、膿を出し、汁を出し、

それでも、いつも治ろう!治ろう!と頑張ってくれてるのだ。

  

その事に思い当たってからは、

何て言うか、、、ちょっと照れくさいんだけど・・・

自分の肌が愛おしくなって、

キツイ薬を、長いこと塗ってしまってゴメンね、

そして、あきらめずに治ろうとしてくれてありがとう、みたいな、

そんな優しい気持ちが芽生えてきたのだ。

 

それからは、お風呂で流す涙の意味も違ってきた。

もう自分の肌を嫌って、ワーワー泣くことはなく、

今度は、病的な肌をさすりながら、

「今までごめんね、今も、こんなに頑張ってくれて、ありがと!」

と、懺悔と感謝の、穏やかな涙に変わったのだ。

 

ちょうどその頃から、汁の量が減り始め、

座位も少し楽になってきた。

きっと、たまたまの偶然だったのだろうけどね。

  

ステロイド剤は、2週間以上の連続使用は避けるべき薬だ。

それを私は、な・な・なんと27年も塗り続けた上に、

途中の1年間は別の病気で内服までしているのだ。

それが後々までどのような悪影響を与えるのかを、

きちんと検証した医者は、おそらくいないだろう。

だから、医者だって、本当のところは分っちゃいない。

「ステロイド剤の使用を止めて20年も経つことだし、

 もう身体には残ってませんよ。」と医者は言うけど、

それだって、この身体を調べたワケじゃないから、

信憑性は薄い。

 

ひとつはっきりしていることは、

私は、この身体で生きていかなきゃいけないってこと。

これからもまだまだ波乱続きかもしれないけど、

肌と心がしっかりタッグを組んで、

ひとつひとつ乗り越えていけたらなぁ~って思う今日このごろだ。

P1010457_2 

***********************************************

レッツ・おつりの一部を義援金箱にチャリン♪

Banner_02

↑ご訪問ありがとう

 皆さまのおかげでランキング なんと今日は11位

 ありがとうございま~す

 引き続き、ポチッとヨロシクお願いします

*******************************************

  

  

  

|

« おすそわけ | トップページ | 使ってないやん! »

アトピー」カテゴリの記事

コメント

ああ、もうほんとその通りですね……
あれだけ痛めつけられても、治ろう治ろうとする健気さ!
わたし自身がそれを一緒にがんばらなくてどうする!

またちょっと内股がよろしくない状態なのですが、大量発汗できる今のうちにしゃかりきに動かなくては(*´∀`)

投稿: かっこ | 2012年8月29日 (水) 13時21分

かっこさんへ
 
こんにちは~(^^)/
 
暑い時期の内股は憂鬱ですよね。
(寒くても憂鬱ですが・・・)
私は足首がなかなか手強いです。
 
暑い夏もあとわずか、何とか乗り切りましょう!

投稿: 怜草 | 2012年8月30日 (木) 15時43分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« おすそわけ | トップページ | 使ってないやん! »