« 文庫本を求めて | トップページ | 五輪の年だ~! »

カ――ツ!

もう一度運動を頑張ってみようと、私を奮い立たせてくれたのは、小学三年生の子だった。
少し前まで、親御さんと滞在していた。
症状がけっこう出ていて、体験者なら、その子の痒みや痛みがどれほどのものか、簡単に想像がつくだろう。日常生活や学校生活でも、常に苦痛が付きまとうだろうに、小さな身体で受け止めて来たんだな…。
親御さんが言った。
「風が当たると痛いから、外に行きたくないと言うんですよ、風が痛いって…ようわからんのですわ」
そりゃ痛いよな…、キツイよな。
そして、赤ちゃんの頃からアトピーがひどかったので、
生まれてこのかた、朝までぐっすり眠ったことがないのだと言う。
それを聞いて、胸が痛くなった。
ここでもあまり眠れないとのこと。
それでも、朝はちゃんと起きて、早々と朝ごはんを食べにくる。
ニッコリ笑って挨拶してくれる。


その子を見てたら、治るために、できることはちゃんとやろう!
そう思ったのだ。

私のよろしくないところは、オーバーワークになりがちなところ。
それに気をつけて、できる状態の時は運動をしようと思うに至った。
もう帰ってしまったあの子にありがとう
(^O^)

|

« 文庫本を求めて | トップページ | 五輪の年だ~! »

アトピー」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 文庫本を求めて | トップページ | 五輪の年だ~! »