« 2011年5月 | トップページ | 2011年7月 »

またこの街で

ただいま、大阪!

ただいま、我が街!

ただいま、我が家!

ただいま、茶々~!

ただいま、S子&夫!

Photo

 

駅前のスーパーに行けば、

いつもの愛想の良くないパートさんがレジを打ってくれ(笑)、

もうひとつのスーパーに行けば、

以前と変わらないパートさん達がテキパキと働いている。

 

あぁ、帰ってきたんだなぁ、、、と実感。

 

電車が通るたびに、震度1程度揺れる我が家、

これまた、帰ってきたんだなぁ、、、と実感。

 

そうそう、スーパーで知り合いに出会った。

「長いこと会わなかったけど、どうしたの?」と聞かれたので、

かくかくしかじかで・・・と説明。

その後、彼女がこう言った。

病気療養に言ってたわりには、良い色に焼けてるね。

coldsweats01

す、するどいご指摘!

なんてったって、サイクリング部でしたから~ happy02

 

またこの街で生きてゆく。

ここが私のHOMEだから。

 

えっ?茶々の反応はどうだったかって?

もう大喜びしてくれましたよ~。

約2ヶ月ぶりの散歩、やっぱりこの後ろ姿はたまらんheart04

Photo_2

久々のお母しゃんの手作りごはん、さぁ、た~んとお食べhappy01

Photo_3

材料:カラスカレイ、セロリ、サラダ菜、大根、

    ミディトマト、白米

素晴らしい食いっぷり、健在sign03

dollarレッツ・おつりの一部を義援金箱にチャリンdollar

Banner_02

↑ランキング復活します、またヨロシクお願いします

| | コメント (6)

お礼参りに

大阪に戻ってからの生活を意識して この前から6時には起きて 朝日を浴びながら散歩するようにしている。

今朝は 近所の神社まで お礼参りに行った。
ここに来てすぐの頃 この神社に挨拶参りに行った
そして「アトピーが良くなりますように…、ステキな出会いがありますように…」と手を合わせた。

アトピーの方は おととい書いた通りだ。

もうひとつの願いであった‘ステキな出会い’ ここでの50日間は それにあふれていた
o(^-^)o

ここで出会う人達は 年齢はいろいろだけど みんなアトピーと共に生きざるを得ない人達ばかり。
人生の様々なシーンで アトピーに翻弄され 時には挫折し いろんな物や事を諦めても来た。
それらと引き換えにみんなが得たもの、それは‘優しさ’なんじゃないかな
みんな 優しくて 一緒にいて楽しい人ばかり
(o^∀^o)

また会える人もいれば もう会う機会に恵まれない人もいるだろう

ほんの数日~数週間だったけど 私は 共に過ごした日々を おそらく一生忘れない。
川沿いの遊歩道を 日傘の花を咲かせつつ ぞろぞろ歩いたこと、 一緒に自転車で快走したこと、そして 信号で止まると 汗が吹き出して 「痒いね」って笑いあったこと、 美味しすぎる食べ物に 感動のため息をついたこと、時間も忘れて犬談義で盛り上がったこと、 アトピーのことや これからのことを真剣に語り合ったこと、 ドラマ「仁」の話などなど 本当に 本当に楽しい時間だった。

アトピーであることは あまり嬉しくないけど アトピーであるがゆえに こういう出会いがあるから アトピーも悪くない…って思ってしまう
(^_^)v

みんな ここである程度良くなったら それぞれの帰るべき場所に帰ってゆく
これからのこと 仕事のこと 帰ってからの病状のことなど 大なり小なり不安をかかえて帰ってゆく
私もそうだ

今朝、神社では、今日までのお礼を伝え、みんなの未来に幸多かれ…と手を合わせた。

みんな みんな ありがとう
(^∀^)ノ

| | コメント (1)

水の中の空

水田に映り込む青空や山並みが美しい

夕暮れ時は オレンジ色に輝いて それを見ていると、今日が無事に終わろうとしていることに感謝する気持ちが湧いてくる。
明日もいっぱい笑えるといいな
o(^-^)o

| | コメント (6)

まずまず納得の成果

ここの温泉療養施設に来て もうすぐ50日になる
当初の予定より10日長い滞在となった

私の肌&体調がどこまで回復したのか 記しておこうと思う

まずは嬉しい変化

☆ありえないくらいむくんでいた下半身が すっかり元に戻った 足の冷えも解消し 今は暑くて「靴下なんか はいてられっか」状態に

☆湯水のごとく 身体中から出ていた滲出液だが 今はもう どこからも出ないし 常にジュクジュクしてる箇所もなくなった

☆腕の外側の肌が すっかり元のツルスベ肌になった

☆ボコボコ グジュグジュだった首 脇 ソケイ部の炎症が八割方ひいた

☆身体中の色素沈着が五割方ましになった

☆腕や脚に筋肉がついてきた それに伴い 体力も以前の八割ぐらいは戻って来たと感じている

☆皮膚が丈夫になった 強く掻いてもジュクジュクしないし 傷になっても 翌日にはかさぶたになっている

次に 今後の課題

*体重がなかなか戻ってこないところをみると 小腸がまだ本調子ではないのかも…
ここでは食事の量が多すぎて また 美味しい物が多すぎて、誘惑に負けてしまうことも多く 大反省
(≧∇≦)
今後は小腸に負担をかけない食生活を心がけようと思う

*まとまった睡眠が取れるようになること
今はまだ3時間ぶっ通して眠れたら良い方
あぁ、朝まで爆睡したい

*まだまだ残る色素沈着
本来の肌の色とは程遠い
これは日にち薬かな

とまぁ こんな感じ
うん まずまずの結果かな
\(^ー^)/

| | コメント (3)

あぁ 最終回

今夜でドラマ「JIN~仁~」が終わってしまう
淋しいなぁ~
(ρ_;)

‘神は乗り越えられる試練しか与えない’
ドラマの中に 幾度となく出てくるこのフレーズに どれほど勇気づけられたか…

さぁ 最終回 集中して観ることにします

| | コメント (4)

上には上が…

自転車での遠出は 私の得意とするところだけど 上には上がいた!

推定二十歳代後半の彼は なんと 学問の神様で超有名な場所まで自転車で行って来たそうだ
(゜∇゜)
片道30Km以上はゆうにある
2時間以上かかるだろう
往復だと…す、すごすぎる!!

しかも 途中でパンクするというアクシデントも乗り越え 通り雨にもめげず 爽やかな笑顔でのご帰還!
おまけに そこの名物のお土産まで携えて。

みんなみんな頑張って運動してる
o(^-^)o
その努力が実を結びますように
(^∀^)ノ

| | コメント (1)

暑さのせいで

問題!
アトピーが回復してくると減るものはな~に?

アトピー体験者には簡単かと…
それは 洗濯物!

ひどいうちは 滲出液や寝汗で何度も着替えたり ジュクジュクしてる箇所にガーゼを当てたり 首にハンカチを巻いたりするので やたらと洗い物が増える
でも 滲出液が止まり 寝汗をかかなくなり 首を動かせるようになると 一気に洗濯物が減る

私も 毎日洗濯しなくてもよくなり 喜んでいた

が、このところ また毎日洗濯するはめに…
アトピーが悪化したのではなく 暑さのせい
(∋_∈)
一度外出したら 上から下まで 汗でぼとぼと
日に何度も着替えるはめに…
コインランドリーで 一回につき200円かかるから できたら二日に一回のペースにしたいけど そうすると 着る物がなくなっちゃうよ~
(⌒~⌒)

| | コメント (6)

6月の積乱雲

昨日、今日とまるで梅雨が明けたかのような暑さだ
夕方 車窓から見た青空に 綿菓子のような入道雲が沸き立っていた。

今日はどこに行ったのかって?
へへへ、JRと地下鉄を乗り継ぐこと一時間半 ある人と三頭の柴犬に会いに行ったのだ
o(^-^)o
詳しくはまた後日必ず!

| | コメント (4)

耕運機が行く!

ついこの前まで麦畑だった所が どんどん水田に変わってゆく
たんぼを渡る風は 今日のような真夏日でも心地好い

この辺では 道路を 普通に耕運機や散水車が走っている
けたたましい音とともに…(^O^)

| | コメント (4)

消えた!

昨夜、近くで、遠くで、雷鳴が轟いていた。
ドラマ「幸せになろうよ」を観ていたら 突然 電気もテレビも消えた!次の瞬間には 非常灯が付いた。
停電を経験するのは 何年ぶりだろうか。
懐かしい~みたいな
f^_^;

でも ドラマがいいところだっから 気が気じゃない 早く復活して~って感じ
(∋_∈)

いやはや ここで停電まで体験するとは…。

| | コメント (2)

ロング サイクリング

アトピーは十人十色。症状の出方も 回復パターンも みんな違う。

私の回復パターンのキーワードは「汗」。
日常的に 汗をダラダラかく季節になると まるで潮がひくように 症状が消えていく。
その夏が来る前に つまり 今の時期にやっておくべきこと…それは 汗が出やすい身体にしておくこと。
特に 炎症がある部位からは なかなか汗が出ないものだ
それを少しでも改善し 汗の道をつけておくこと! それが今の私のやるべきこと。

ってことで ようやく雨があがった今日の午後 隣の そのまた隣の市まで ロングなサイクリングに出かけた
片道15Kmぐらい、所要時間一時間半
目指すは 紫陽花の寺!

遠かった(∋_∈)
でも 行って良かった♪
今まで いろんな場所で紫陽花を見て 写真を撮って来たけど 今までで一番だったから
o(^-^)o

ただ 帰り際 あの距離を今からこいで帰らねばならないと思うと テンションが下がった
f^_^;

| | コメント (4)

毎夜 大合唱♪

この周辺の小麦畑が刈り取られ 野焼きの後 水田に早変わり!そのとたんに 夜な夜な 大合唱が始まったゲロゲロゲロ♪
懐かしい~

今では田んぼがすっかり減ってしまった私の故郷だが 子供の頃は 家の周りは田んぼだらけで 子守唄はカエルの合唱だった。懐かしすぎて 妙に耳について ますます寝付けない私であったf^_^;

| | コメント (4)

85%

梅雨だから 仕方ないんだけど 室内の この湿度 たまらん
p(´⌒`q)

明日も あさっても お日様にはお目にかかれそうにない
(∋_∈)

| | コメント (2)

蛍 ホタル

まるで 林全体が 素朴なイルミネーションで飾られているかのようだった。

今夜は この施設が企画してくれた蛍見学イベントに、私を含む四人で参加した。
この辺は清流だらけ=蛍の宝庫ってわけだ。

今日は梅雨寒で気温が22度と低い。
気温が30度くらいまで上がると 蛍は川面まで降りてくるそうだが 涼しい今夜は様子が違っていた。
川面に蛍は少なく そのかわり 川沿いの林の中で それはそれはたくさんの蛍の光の帯が…
自分の目線より高い所で無数の蛍が舞ってるなんて 予想だにしてなかったので その意外な光景にびっくり!そして 一生の思い出に。

思えば 私の故郷も 車で20分も行けば蛍に出会える場所がある けれど 故郷で暮らしていた頃は 全く興味がなく また いつでも見られると思っていて 一度も見に行かなかった。
見に行かないまま 故郷を離れてしまった。

故郷から遠く遠く離れたこの土地で やっと見ることができた蛍の乱舞 今宵に感謝(*^o^*)

| | コメント (2)

素直に嬉しい

私が 毎日屋上で縄跳びをしているのを見て 「よし 私も!」と 縄跳びを買った人が二人現れた。
しめしめ(^◇^)┛
あっ、ちなみに本日の二重跳びの記録、35回(^_^)v

近くの 高さ200m弱の山に 仲良くなった人と二人で登った
途中の道沿いにたくさん紫陽花があって、それを見に行くのが目的。まさに見頃で 七色の散歩道だった。
その彼女がこう言った
「登れるか とても不安だったけど 〇〇さん(私のこと)が精神的に引っ張ってくれたから登れた こんな綺麗な紫陽花を見たのも初めてで とても嬉しいし なにより自信がついた」と。

こちらこそ そんなふうに感じてくれて 嬉しい

| | コメント (8)

オシャレな田舎

私が滞在している町は のどかな田舎町だけど、隠れ家的な素敵なお店や美味しいお店が多いこと!多いこと!
大阪の自宅に帰ったら 写真入りで どんどんアップしていくつもりですが 一例を挙げると ドイツの品評会で みごと金賞に輝いたキングオブベーコンのホットドッグのお店とか さっきまで泳いでたウナギがまるごと一匹乗っかってるセイロ蒸しとか…o(^-^)o

あの~ 何をしに そこに行ったの?
と ツッコミが入ること間違いなしです

| | コメント (4)

軽すぎる

落ちてしまった体重が なかなか増えてこない
自分で感じるベスト体重が50Kg、今は43~44Kg。

早熟ぎみで、小学校高学年から ほぼ今の体格だった。
その頃から こんなに軽かったことはない。

かなり食べているけど それ以上に消耗しているってことなんだろう。
傷ついた細胞の修復に手こずっているのかな。
温泉入浴は 想像以上に体力を奪うってのは、どうやら本当のようだ。

身体の中が整って、回復モードにシフトチェンジすると、体重も増加に転じるだろう。その日まで、やるべきことを、こつこつ続けることしか私にできることはない。

| | コメント (4)

3時間30分

昨夜、ぶっ通して眠れた時間、3時間30分。
夜中 「2時か…」と思いつつ眠りにつき 目覚めた時 窓の外がしらみはじめてた。
時計を見たら 5時半。やったね かなりまとまって眠れた
(^◇^)┛
今までは2時間が関の山だった。
それに 念願だった横向きで眠れる日が ようやく訪れたよ
o(^-^)o
少しずつ 少しずつ でも 確実に前進中
(^∀^)ノ

| | コメント (4)

これが私の人生だから

ここには 時々 かわいい闘病者が ママやパパと一緒にやってくる。
今も 一歳二ヶ月の男の子が ママと二人で 家族部屋に滞在中だ。
今はまだ顔や太ももが赤くただれて痛々しい。でも なんせ超ヤングだから 薬の影響も少なく きっとそのうちぐんぐん良くなっていくだろう。

思えば 私は この子より小さい頃からステロイド剤を使っていたのだ。
医師が出した薬を信じて せっせと塗り続けた母を責める気持ちは一切ない。
ただ この子のように もしも薬以外の道を探っていたら 私の人生、今とは違うものになっただろう。
どっちがいいとか悪いとかじゃなく その幻の人生をふと想像し すぐに無意味であることに気づき「 いやいやこの人生こそが私の生きる道なのだ」と納得するのだ。
この人生だからこそ 出会えた友を思う時 ますます これで良かったと 心から思う自分がいる。

| | コメント (4)

時間 たっぷり

さて 今日はどこへ行こうか or 何をしようか…
朝起きて まず考えることです。

とにかく 時間はたっぷりあります
入浴して 掃除して シーツ交換して 洗濯しても、まだ10時半とかで 午後は丸々フリータイムという 贅沢な毎日です。

6月という時期は 入浴より運動に重きを置いた方が効果が期待できるとのことで 天気が良ければ 目的を決めて、自転車や徒歩で 出掛けてしまうのが手っ取り早いです。

先日は 自転車とバスを使って 滝巡りのウォーキングに行きました。
せせらぎを聞きながらの渓流ウォーキングは心地好く 全部で四つあった滝は それぞれに趣があって しばらく仰ぎ見ていました。マイナスイオンのシャワーですo(^-^)o

約7Km 2時間たっぷり歩いて 良い運動になりました。

ただ この日の夜も あまり眠れませんでした(≧∇≦)
昨日書いた通り 久々の渓流ウォーキングが嬉しくて 気持ちの高鳴りがおさまらず 興奮状態だったようです。

リラックスするのが苦手なんですよね~ ホントにf^_^;

| | コメント (2)

動きすぎ

あちゃー またやっちゃったf^_^;
どうやら動きすぎで交感神経が興奮状態になり、夜、なかなか眠れない…ということみたいなんです。
私ってば、まったく…「ほどほど」ということをなかなか学習できませんf^_^;

「一日ひと汗」を標語にして 日々運動に励んでいる私です。
その成果は着実に出ていて スローペースではあるけど 肌は回復に向かってるし 縄跳びの二重跳びは27回跳べるまでになりました。
成果を実感できるようになると 嬉しくなって ますますハッスルしちゃって オーバーワークになったみたいです。

それらは あまり眠れなかった日の翌日は 運動は控え目にしています。そうすれば いい感じです(^∀^)ノ

| | コメント (4)

すでに三回 遭遇

昨日は ここに来て 一度も 猫を見ないという話を書きましたが 逆に 三回も出会ってしまった生き物もあります。
悲鳴が聞こえてきそうです(≧∇≦)
ニョロニョロ クネクネ そう 蛇です。
それも 1m以上もある立派で 生きのいいやつ(^。^;)
三回のうち 一回は 道路の真ん中で ぺしゃんこになってたんだけどね。

私は 虫も爬虫類も 割と平気なので はしゃいでおりました(^∀^)ノ

| | コメント (4)

奴らがいない

私が今滞在している地域には 奴らがいない。
こっちに来て もうすぐ一ヶ月、その間 一度も見ていない。
なぜ?
私の自宅周辺でも、大都会の真ん中でも、奴らはまるで市民権を得ているかのように、堂々と暮らしている。
昔はみな痩せていたものだが、最近なメタボな奴も珍しくない。

でも、この町にはいない…。
奴らとは、、、


猫である。

| | コメント (2)

ちゃん付けで呼ばれて

ここで私は「みっちゃん」と呼ばれています(*^o^*)
二十代だろうと四十代だろうと 六十代だろうと 下の名前で呼びあってます。
なんだか 子供時分に戻ったみたいです。
はじめは くすぐったい気がしたけど 2~3日もすれば すっかり慣れて違和感なしですo(^-^)o

| | コメント (4)

無臭ワールド

普段の生活の中で 若い女性とすれ違うと とってもいい香りがするのが当たり前になってる。
シャンプーや洗剤の素敵な香りに 思わずうっとりしたりして…(o^∀^o)

でも、今 滞在している施設内に そういう類の香りは 一切ない無臭の世界だ。

敏感肌の私達は そういう香料のキツイものは敬遠するからね~。
最近 登場した タッチすると香りが漂う柔軟剤などを使った時にゃぁ 着るそばから痒くなってきそうだわf^_^;

| | コメント (6)

おっ!スベスベ

あれっ 背中の所々がスベスベになってきたかも。
これまでは 全面 ザラザラ&ブツブツだった。実際に目で見て確かめた訳ではないので イマイチ自信はないんだけど。
そういえば 夜間に 背中や腹部を掻きむしった時に シーツに落ちる皮の量が ここ数日で うんと減った。アトピーでない一般の人はイメージしにくいと思うけど ひどい時は 一晩におおさじ二杯ほどの皮がシーツに落ちるのだから びっくりだ。
それが 最近は こさじ一杯もない。
良くなって来ている証拠かな(^∀^)ノ

それに伴って 昨夜は約二ヶ月ぶりに 背中に大判ガーゼを挟まなくても平気だった。ほんの一ヶ月前は 朝起きたら 滲出液でガーゼが皮膚に張り付いて はがすのが痛かったもんだ。

念願の 横向きで眠れる日も そう遠くはないかもしれない。

| | コメント (2)

自転車&徒歩は想定外

これも田舎町の共通項なのだろう どこそこまで 自転車で(もしくは歩いて)何分ぐらいかかりますか? と地元の人に尋ねた場合 まず びっくりされる 「自転車で(歩いて)あそこまで行くのですか?!」と。そして次はこうくる
「自転車(歩いて)で行ったことがないから わからんけんど 〇分はかかると思いますよ。」

で、実際に行ってみると 聞いた時間の半分 もしくは七割ほどで到着することがほとんどなのだ。

私の故郷もそうだが そもそも自転車や徒歩で何十分も…なんて 想定外なのだf^_^;

| | コメント (2)

地元の番組

今 私が滞在している温泉療養施設には 全国からアトピーを患っている人がやって来る。でも けっこう県内や隣の県から来ている人も多い。
その人達が 「ここに来たなら ぜひ一度は観てほしい。」と口を揃えて薦めてくれるローカル番組がある。
「めんたいワイド」と「豆ごはん」
うん、確かに おもしろいし 地元の人には 嬉しい情報が満載かも~(^∀^)ノ

| | コメント (4)

うまいもんだらけ

私が今滞在中の療養施設は 昼食が付いてないので 自分で調達しなければなりません。
たいがいは徒歩20分の所にある道の駅で、おにぎり&お惣菜やお弁当を買って来ます。
地元の方々の手作りで 生産者の名前と連絡先が明記されています。
ハリハリ漬け 鶏の南蛮漬け 豆腐ハンバーグなどなど どれも美味しくて いつも迷いに迷います。

果物や野菜も新鮮で安いんです!
トマトはしっかりお日様の味がするし きれいなイチゴのあまおう一盛り270円!
農薬不使用の地元のドライフルーツもお気に入り。イチジク 巨峰など くせになる美味しさです。

それに 道の駅があちこちにあって 自転車で回るのも楽しくて 良い運動になります。

食べても食べても体重が減っていくので 食べものに走りがちな最近の私ですo(^-^)o

| | コメント (6)

多生の縁

ここで出会って親しくなった人達が 一人 また一人と それぞれのHOMEに戻っていく。
今朝も 仲良くしてもらった同世代の人を見送った。
おおむね みんなある程度良くなって帰っていく。すっかりキレイになった人も多い。(ただ、滞在期間が短い場合は 思うように回復できないケースが多いかも)

たとえ すっかりキレイになったとしても みんな 帰宅後も その状態をキープできるだろうか…という不安を抱えつつ 帰路につくのだ。

ここで共に療養したのも何かの縁。
帰って行った仲間達の今後が 明るく 楽しいものでありますように…と願わずにはいられない。

| | コメント (2)

« 2011年5月 | トップページ | 2011年7月 »