« たまには炒めましょ | トップページ | 微妙に人違い »

思い出せないノルウェイの森

映画「ノルウェイの森」が公開中ですね。

私、20代前半に、確かに読んだのに、

な~んにも覚えていないのです。

鮮明に記憶に残っているのは、

上下巻の、光沢のある赤と濃緑の表紙だけ。

 

映画の予告編を観ても、

何ひとつ記憶をたぐり寄せることができません。

 

当時の私には、

いったい何を伝えたいのか、

そして、なぜこの物語が、そんなに売れてるのか、

さっぱり分りませんでした。

  

今、読むと、何か心に沁み入るものがあるでしょうか。

読もうと思っても、もう手元にないんです。

とっくの昔に、古本屋さんに売りに出してしまったから。

置いとけば良かったかなぁ・・・。

Banner_02←ご訪問に感謝

           ポチッとお願いします

|

« たまには炒めましょ | トップページ | 微妙に人違い »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

私も全く同じ! 思い出せません!!!

新聞広告にあらすじも載ってて読んだんだけど、全く思い出せない(^-^;)
一緒に読んだ夫も同じ(笑)。

表紙の色がきれい好きだったので、割と最近まで本棚に並んでいたのですが、うちも同じく処分してしまいました。

H氏の小説は理解難しいですが、映画もあんな感じなのかな。

H氏はエッセイの内容の方が記憶に残ってる(*^^)

投稿: ブルリ | 2010年12月14日 (火) 12時44分

私は何回か読んだので覚えてます。
なにが面白いのか分からなかったので(笑
でも、あの世界感は嫌いじゃないです。

パソコンからコメントをいれるといつもエラーになるので
今日は携帯からコメントしてみました。
携帯からなら大丈夫みたい。
なんでかなぁ?

投稿: けやき | 2010年12月14日 (火) 22時11分

<ブルリさんへ>

職場でもその話をしたら、お二人の共感を得ることができました(笑)。
みんな同じなんですね。
でも、世界各国で翻訳されてベルトセラーって???う~ん。。。

<けやきさんへ>

エラーに?
どうしてだろう???
お手数をかけてしまって、スミマセン。
ココログに問い合わせてみますね。
 
けやきさんも同じような印象ですか。
安心しました(笑)。
ものすごーーーーく売れたのは
なぜなのでしょうね。
あの雰囲気のある表紙のせい?
 

 

投稿: 怜草 | 2010年12月15日 (水) 00時12分

私は会社の同僚から借りてこれを読みました
。この人の小説を何冊か読みましたが、やはりどれもあまりあらすじを覚えていない!
ただ、ノルウェイの森をはじめとしてすべての作品に共通するのは、現代という時代は人間が生きがいを見出だしにくい時代で悩み苦しみ、果ては自らの命を絶つパターンが多かった。。。。と記憶しております。読んだのは20年以上もまえ(*´v゚*)ゞ

他の小説家にくらべ、読み易くあの独特な雰囲気が包まれるだけで満足する何かがあると
思います。

投稿: 桐子 | 2010年12月15日 (水) 21時16分

桐子さんへ
 
私の周囲は、彼の小説は、難しい、とか、分らない、という意見ばかりです
 
響く人には響くのでしょうね、きっと。

投稿: 怜草 | 2010年12月15日 (水) 22時57分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« たまには炒めましょ | トップページ | 微妙に人違い »