« オッサン犬? | トップページ | 美人でマッチョ? »

肩を貸す

夕方、用事があって電車ででかけた。

隣に大学生風の男子が座ってきた。

V6の坂本君の若い頃のような感じで、ちょっとイケメン。

私の隣がたまたま空いていただけのことなんだけどね。

  

その彼、すぐに居眠りし始めた。

思いっきりこっちに倒れてくる。

お、おもい。。。

私がどいたら、絶対コテンと倒れるよな・・・というくらい

体重がかかってる。

時々目を覚ますけど、またすぐに深い眠りに落ち、

こっちに傾いてくる。

  

若者よ、私の肩で良ければ、いくらでも貸そうぞ

  

かく言う私も、うら若き娘の頃、見ず知らずの

男性の肩を借りて爆睡した経験がある。

その人は約20分間、黙って耐えてくれ、

ご丁寧に降りる時に声をかけて下さった。

「あの~、僕、この駅で降りますので・・・。」と

  

今日はあの時の恩返しだ。

ちょっと違う気もするが・・・まぁ、そういことで

Banner_02←いつもご訪問ありがとう。ポチッとお願いします。

|

« オッサン犬? | トップページ | 美人でマッチョ? »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« オッサン犬? | トップページ | 美人でマッチョ? »