« ピカチュウで歯磨き | トップページ | あまやどり »

見晴らしがいいのだワン!

P5310221 どこから

覗いているかというと

  

  

  

  

  

  

  

P5310220 15坪ほどの

ちっちゃな

ちっちゃな

我が家のベランダの

小窓、でした~。 

普段は念のために、

この場所に行けないように

柵をしています。

今日は特別に開放中。  

夫と娘は、

「茶々が落ちるといけないから、下から呼ぶな!」

と心配するのですが、犬って、そんなにバカじゃないですよね。

危険を察知する能力は、人間よりも数段優れていると思うから大丈夫、大丈夫!

ですよね~。

Banner_02_2 ←いつも茶々に会いに来てくれてありがとう。ポチッとよろしく~。

|

« ピカチュウで歯磨き | トップページ | あまやどり »

茶々」カテゴリの記事

コメント

はじめまして。
保健所で殺されるワンコを引き取って、里親を探す団体のボランティアをしています。
5代目柴犬てるみちゃんは昨年6月、重度のアトピーで保護され、病院、前の預かりさん(妊娠されたため5月より私が預かっています)のもとで、ケアされてきました。ステロイドを始めとして3種類の薬を飲んでいます。現在はステロイドの量も二日にいっぺん、保護当時の四分の一にまで減っていますが、エリザベスカラーを外せば掻いてしまい毛はすぐに抜けている状態です。

茶々ちゃんのアトピーのブログでずいぶん励まされ、食事療法は今一月間続けていますが、悪化する一方です。
最近、マイクロバブルバスにも通い始めています。手応えも感じます。

ただ、ステロイドについては悩んでいます。里親団体の代表にも脱ステロイドに挑戦してもよいとの言葉をもらいましたが、悪化するのが分かっているので躊躇としています。

大変申し訳ありませんが、なにか一言アドバイスをいただけたら・・・と思っています。
はじめてなのに、図々しくてすみません。
凄く悩んでいます。

投稿: yukky | 2009年6月 4日 (木) 12時43分

yukkyさんへ

はじめまして。コメント、ありがとうござます。

心身共に大変なボランティア活動、お疲れ様です。
確実に救われる命がある・・・とても意義のある活動だと思います。
てるみちゃんの事も、心を砕いて、ねばり強く治療に取り組まれている様子、頭が下がります。
手作りご飯を始めて1ヶ月なら、比較的健康な犬でも排毒反応で、一時的にいろんな症状が出る時期です。
水分たっぷりの食事に変わったことで、今まで出せなかった老廃物を自力で出せるようになった証拠です。
いつまで続くかは、その子の自然治癒力や老廃物の貯まり具合によります。
ステロイドを長く使っていたなら、かなり長引くかもしれません。

私が手作りご飯のことや犬の病気のことを色々学んでいるのは獣医師の須崎恭彦先生で、東京で診察されています。
須崎動物病院のHPの中に、質問コーナーがあって、その中に、アトピーのこと、ステロイドのこともいくつか出ていますので、ぜひとも参考にして下さい。
http://www.susaki.com/qa/index.html

私がてるみちゃんのオーナーなら・・・
てるみちゃんの推定年齢、ステロイドを使用してきた年数にもよるのですが・・・。

まだまだ若い場合は、将来的にステロイドから完全に離脱する方向で頑張ると思います。さっきも書いた通り、ステロイドを使っていた期間が長ければ長いほど排毒期間も長くなり、てるみちゃんはとても苦しむ事になりますが、何年か後にはきれいになる可能性がかなり高いので、覚悟を決めて臨みます。

逆に老犬の場合は、寿命は縮まるかもしれませんが、ステロイドを使って、痒みがなく、平穏で楽しい毎日を送らせてあげたい思います。 

ただ、人の場合もそうなのですが、ステロイドという薬は、少量でも身体に入り続ける限り、他にどんな良い養生法を取り入れても、その効果がステロイドの毒に打ち消されてしまいます。
どういう事かというと、
人の場合、少量でもステロイドを塗っている限り、抗酸化サプリを摂っても、温泉療法をしても、野菜スープ療法を取り入れても、効果が出ないことが多いのです。

茶々のアトピーは、口と眼の周りだけでしたが、それでも常にシャカシャカ掻いている状態で、ただれて、血が出て、眠りも浅く、私はどうすることもできなくて、精神的に消耗しました。
てるみちゃんが本格的な離脱に踏みきった場合、長丁場になるだろうし、yukkyさんが参ってしまうのでは・・・という心配もあります。
動物病院の先生達には、おそらく「何をバカなことを!こんなに苦しんでいるのに薬を使わないなんて、どういうつもりですか!」みたいに言われると思うので、孤独な闘いになりますし。。。

下記の紺谷先生の病院は電話相談もありますよ。紺谷先生は須崎先生のもとで勉強し、独立された方で、東洋医学的治療や手作り食にも力をいれてらっしゃいます。http://www.filou.jp/clinic/index.html

須崎先生の電話相談もありますよ。
http://www.susaki.com/mend/about_04.html

ただ、どちらも料金が高くてオススメしにくいのですが。。。まぁ、電話での診療はどこもこんな感じでしょうかね。

支離滅裂になってしまいました。
参考になれば幸いです。
またいつでもコメント下さいね。

投稿: めりはり | 2009年6月 4日 (木) 17時00分

茶々ちゃん、気持ち良さそう!
でも、顔が出るってことは頑張ったら体も出そうですよね。
過保護な私としては、旦那さんと娘さんの気持ちがよく分かります。

1週間しか生きられない犬のお話は衝撃的でした。
悲しくて腹立たしくて、今でもなんと書けばいいか分かりません。

投稿: けやき | 2009年6月 4日 (木) 21時11分

けやきさんへ

はい、身体も余裕で出ちゃいますねぇ~。
内心私もちょこっと心配で、一枚撮ったら大急ぎで3階に駆け上がりました、えへへ。
眺めは大して良くはないのですけどね。

1週間犬、ほんとにショッキングでした。。。

投稿: めりはり | 2009年6月 5日 (金) 07時20分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ピカチュウで歯磨き | トップページ | あまやどり »