« アサリの正しい食べ方? | トップページ | ピカチュウで歯磨き »

一週間で死ぬ犬

5月29日の読売新聞朝刊に、中国総局の河田卓司氏の記事として、中国における衝撃的な犬事情が載っていた。  

  

北京郊外に巨大な梨園犬市場があり、空前のペットブームを背景に数百の専門店が軒を連ねている。

高価なチベット犬やチャウチャウ犬をはじめ、たいがいの犬種がそろっている。

「鑑定書?ないけど、必要なら作るよ。」

露天商たちはこんな調子。

河田氏は、「一週間犬」という言葉を目にして、この犬市場を訪ねた。

購入して一週間で死んでしまう犬が、そこの梨園犬市場で売られているらしいと、中国紙にあったのだ。

  

ひとつのケースとして、北京在住の日本人男性の体験が紹介されていた。

******************************************

彼は、帰宅途中、地下鉄出口で露天商からポメラニアンを衝動買いした。

300元(約4200円)だった。

翌日、シャワーを浴びせ、タオルで拭いて驚いた。

タオルが赤い!

褐色だった子犬は白くなっていた。

毛が染められていたのだ。

*******************************************

中国には、金儲けのために犬を染める業者がいる。

例えば、700元(約9,800円)の白いプードルを褐色に染め、テディベア・カットにすれば2倍以上の1500元(約21,000円)で売れるのだ。

梨園犬市場で潜入取材を重ねた中国紙はこう書いている。

********************************************

毛染めはきつい薬剤を使うので、犬は息も絶え絶えとなる。

そこで業者は売ると直前に鎮痛剤を与える。

そうすると数時間は元気に跳ね回るので売れる。

だが、やがて鎮痛剤が切れると元気を失い、一週間ほどで死ぬ。

毛染め以外でも様々な方法で売れるように手を加えている。

チャウチャウ犬の雑種は純血種に比べ、口がとがっている。

そこで、口の周りに塩水を注射すると口元がふくらみ、高く売れる。

********************************************

家電、衣服、食品、音楽、車、中国はにせもの天国と言われる。

儲けることが最優先、儲かるなら何でもあり。

拝金主義の波に、物言えぬ犬など、簡単にのみこまれてしまうのだ。

中国にはパンダなどの野生動物の保護法はあっても、一般の動物保護法がない。だから、こんなことが起きるらしい。

中国でも、さすがに「一週間犬」については批判が強いとも載っている。

ホッとしたのもつかの間、記事の最後に再びガックリくるような話が載っていた。

犬の繁殖をしていた元業者の話だ。

「一週間で死ぬ犬を売りつけるのは前からよくある。

そんな話より、業界の今の関心は犬相場の急落だ。

昨秋の金融危機を境に、数万元で売れてた犬が

数百元でも売れなくなった。」

って、そこかぃ

まったく、どこまでいっても、お金、お金、お金・・・

中国の人みんながそんな悪質な人ばかりじゃないと思うけど、なんだか気持ちがドーンと沈んでしまう記事だった。

Banner_02 ←いつもご訪問ありがとう。ポチッとお願いします。

|

« アサリの正しい食べ方? | トップページ | ピカチュウで歯磨き »

ニュース」カテゴリの記事

コメント

めりはりさん、私の友達からその話聞いていました。その人はボランティアとして、置き去りにされた犬を保護したり、いろんな活動をしていて、その話はそういう活動家に間でも、かなりショッキングなこととして、いったいどうしたものか・・と、途方にくれて
いました。聞いたとき、私ももう胸がつぶれるくらいの気持ちになりました。
その友達には私に何かできることがあれば・・と言ったのですが、とりあえず、自分の犬をまず一生懸命大切にしてあげてね・・と言われました。
ニューズウィークにも、アメリカでも、今のペットブームの負の遺産として、いろんな品種改良を重ねるために、山のようにつまれたケージの中に、いろんな子犬が入れられていて、それも糞尿を垂れ流ししているので、下のほうの子は皮膚炎が蔓延して、見るも無残な状態になっている、とのっていました。
本当に命をなんだと思っているのでしょうか
・・

投稿: 西乃家小春 | 2009年6月 2日 (火) 11時58分

ひどい・・・
中国では(一部地域だと思いますが)犬を食べるために、飼っているところもあると聞いたことありますが、これはそういう問題ではありませんね。
まともな商売人でもない、ほとんど悪質
詐欺と動物虐待の罪にあたるのではないでしょうか?

投稿: 桐子 | 2009年6月 2日 (火) 21時33分

<西乃家 小春さんへ>

柴犬でもプードルでも何でも、今は小さい犬が人気のようで、違法の品種改良も多々行なわれているとか。。。

だいたい日本のペットショップの在り方も問題ですよね。
スウェーデンなどを見習ってほしいものです。

<桐子さんへ>

日本には愛玩動物に関する法律が色々あって、取り締まれるんだけど、中国はないらしいです。今後、そういう方向に変わっていけばいいけど、あの国はなかなかそうはならんような気がするよ。


投稿: めりはり | 2009年6月 2日 (火) 21時42分

呆れて言葉が見つかりませんね(@_@)
しかし、我が国日本でも1日1000頭もの犬猫がガス室で殺され、子供を産む為だけに生かされている犬がどれだけの数になるかと考えると恐ろしくなります
(|||_|||)そして、
使え無くなった犬は保健所に持ち込まれるか、粗悪な繁殖屋に払い下げです…
生まれて来て障害のある子達は首の骨を手で折って殺します(>_<)こんな事がまかり通っている何て許せ無いです!
私達が出来る事は今居る動物達の生涯に責任を持ち最期まで看取る事と、犬猫を安易に買わない、
選択肢の第一に里親になる事を考えて欲しいですね!!
そして、増やさない事、不妊処置をして欲しいものです!
公園などで『この子の子供が欲しい』と素人同士での交配をさせようとしている馬鹿な飼い主を見ると吐き気がします!ラブ…ムックと捨てられた成犬を引き取る度に『キリが無い』と言われた事が、ありますが自分が直接関わる捨て犬が、将来何頭いるんだろう…と考えると
大した事では無いと思えるのです…
何だか重い話にしてしまって申し訳なく思っているのですが売り手がいるという事は買い手がいるからだといつも思っています!今は医療費などを考えれば、これ以上増やす事は無理ですが

投稿: ペキママ | 2009年6月 2日 (火) 22時28分

長くてコメントが途中で切れてました
(笑)!!→続き
次に引き取る子は心の中で決めています(^O^)/旦那には秘密ですが、帰って来たら犬が居る( ̄□ ̄;)!!とのパターンを
また、使います♪

投稿: ペキママ | 2009年6月 2日 (火) 22時34分

ペキママさんへ

ホントですね、私達の周囲でもそういうことが後を絶たないこと、忘れちゃいけませんね。
大学生の娘がいる我が家では、経済的に茶々で手一杯なので、当分は新しいワンコを迎える予定はありません。ですが、ペキママさんのコメントを通して色々と教えてもらって、将来、新しい犬を迎える事になった時は、保護犬(成犬)という選択肢も本気で考えてみようと思うようになりました。茶々を迎える前、市の子犬譲渡会に参加したんですが、ことごとくじゃんけんに負け、もらえませんでした。当時の私達は、そこで保護犬という選択肢は思いつきませんでした。
  
ご主人を驚かす計画はいつ頃実行の予定なのかな(^^)今度はどんなワンちゃんかな。

そうそう、すでにお気づきかもしれませんが、少し前に妹が茶々に赤い首輪をプレゼントしてくれました。
ペキママさんのピンクの首輪もまだまだ使えるので、最近はその日の気分で両方使ってまーす。

投稿: めりはり | 2009年6月 2日 (火) 23時56分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« アサリの正しい食べ方? | トップページ | ピカチュウで歯磨き »