« 大のお気に入りだワン♪ | トップページ | しるこサンド うまっ♪ »

あり合わせの犬ごはん

愛犬・茶々のごはん手作りするようになって2年半になります。

日によっては、手作りする時間的余裕がないこともあるし、うっかり茶々用のお肉を買い忘れることもあります。

そんな時は、冷蔵庫の残り物でササッと作っちゃいます。

P5080089 卵、納豆(or豆腐)

レタス、キャベツ、

ニンジン、ミニトマト、

キュウリ、

だしをとった後の昆布   

P5080091 ごはん

カツオと昆布のだし汁  

   

  

  P5080092

できあがりは

こんな感じです。  

  

  

作り方は簡単!

だしをとって、それに使った昆布をみじん切りにして鍋に戻し、さらに煮ます。

ごま油で卵を炒め、炒り卵を作ります。

器にごはんを盛って、納豆、炒り卵、千切りにしたレタスとキャベツ、適当に切ったトマト、みじん切りにしたキュウリをのせて、すりおろしニンジンをかけて、最後にだし汁を回しかければできあがり!

今回は炒り卵にしましたが、面倒ならだし汁に卵を入れて、卵とじ風にしてもOKです。

10分もかからずできてしまいます。

  

病気になりにくい身体づくり、病気になっても改善しやすい身体づくりのために、犬のための手作りご飯、取り入れてみませんか?

喜びますよ~

P1011242    

 

  

  

  

  

  

  

Banner_02 ←いつもご訪問ありがとう。ポチッとお願いします。

|

« 大のお気に入りだワン♪ | トップページ | しるこサンド うまっ♪ »

茶々」カテゴリの記事

コメント

茶々さんの食事って豪華ですね。我が家の老猫の食事は、通常はカリカリ、鰹節に水、たまに魚くらいです。ちょっと可愛そうなようですが、カリカリは栄養バランスが一番いいようですので我慢してもらっています。茶々さんの大好物は何ですか?友人の飼い犬で昔、カレーライスが大好きな犬がいました。
 

投稿: 大伴家持 | 2009年5月20日 (水) 05時58分

大伴家持さんへ

カリカリで体調が悪くならなければ全然問題はないのですが、最近は犬でもネコでも、生活習慣病や皮膚病、癌が増えていて、どうやら身体の水分量と関係があるようなのです。
カリカリはそれ自体に含まれる水分量が10%と少ないので、老廃物を尿で出し切るには足りないのです。オシッコで出し切れないなら、どうするか。他の穴から出すんですって。耳の穴(外耳炎)、お下の穴(ただれ)、指の間の汗腺(皮膚炎)、ヒゲの穴(皮膚炎や毛ヤケ)などの症状が出てくるらしいのです。その点、手作り食の場合は60~90%が水分です。老廃物を排出するのに充分な水分が、自然と摂れるのです。
うちの茶々は皮膚炎がひどかったので、手作りするようになりました。
 
カリカリ100%のご飯でも、水分を充分摂れていると問題はないようですが、動物の場合、意識してたくさん飲むことをしないので、難しいです。水分が充分足りているかの目安はオシッコの色で、うすーい黄色だと問題はないようです。

ネコの場合は、犬よりもお肉の割合を多くしてあげないといけないんですよ。
勉強してみると奥が深くておもしろいです。

茶々の好物は、、、焼き魚です。
ネコみたいでしょ(笑)。

投稿: めりはり | 2009年5月20日 (水) 14時09分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 大のお気に入りだワン♪ | トップページ | しるこサンド うまっ♪ »