« お伊勢参り | トップページ | おはらい町とおかげ横丁 »

添い寝

Photo  

  

  

  

  

何を血迷ったか、自分の寝姿を載せてどうする

カモ~ンと読者さまを誘惑しているわけではありません

実は先客がいるのです。

ほらね。

Photo_2  

  

  

  

  

案の定、茶々ですが、何か?

  

犬と一緒に寝る日が来るなんて、、、自分でも全く想像していませんでした。

映画「ベンジャミン・バトン」ではありませんが、まさに“人生は何が起るか分からない”

・・・です。

Banner_02 いつも茶々に会いに来てくれてありがとう。ポチッとよろしく~。

|

« お伊勢参り | トップページ | おはらい町とおかげ横丁 »

茶々」カテゴリの記事

コメント

私も~ねねちんと添い寝しています(笑)
何故か~オトンの布団には入りません!
足元でうずくまってはいますが~入るのは私のところ(かなり優越感)
めりはり家では、旦那様のところで茶々ちゃん寝るのかな?もし寝なかったら・・・ワンコは加齢臭が嫌い!を実証できるんだけど^^
寝始めはオトンの足元とかにいるのですが、夜中寒くなったら、肩口を(布団をめくるために)鼻でトントン~夜中に起こされるのが難点ですが・・・
子供の頃~犬を座敷に上げるなんて、子犬の時だけで~一緒に寝るなんて夢の夢!
実現させてもらって、オトンには感謝!感謝!

投稿: みぃすけ | 2009年3月 6日 (金) 20時41分

添い寝すると温かくて気持ちいですよね~。
布団に毛がつかなければさらに嬉しいんだけどな。
鼻がむずむずしちゃいます。

投稿: けやき | 2009年3月 6日 (金) 22時15分

お腹のところにピトリふっついて寝るんですか?
寝返りを打ちたくなったらどうするんですか?おならをしたときとかは??

投稿: kaori | 2009年3月 6日 (金) 23時17分

やっぱり一緒に寝ちゃいますよね、くふ

<みぃすけさんへ>

我が家は夫が布団にはいるのは10時頃で、私は12時頃なんですね。で、茶々は、私が寝るまでは自分のゲージで寝てるんです。
夫の横は空いていますが、入っていかないですね。で、私が布団に入ると、茶々がゲージからのっそり出てきて、私の布団をねねちんと同じように鼻先でツンツンして、「入れて」のサインをします。
ただ、時々「オレもたまには茶々と寝たい!」と夫が言うものだから、場所を入れ替わって寝るのですが、そうすると夫の横で寝ます。つまりは、写真の場所がお気に入りみたいです。

実家の父も母も犬は大好きですが、犬は外で飼うもの!という考え方なんですよ。で、私が一緒に寝てると言うと、目をバチクリさせてました~。

ちなみに夫は子供時分から犬と一緒に暮らしていて、親に内緒でこっそり自分の布団にいれた人でーす。

<けやきさんへ>

ホントに毛をどうにかしたいですよね。
もうすぐ換毛期に突入、さぁ大変ですよ。
布団の中での「ブルブル」だけは阻止せねば!

投稿: めりはり | 2009年3月 6日 (金) 23時18分

めりはりさんの顔の色…怖い( ̄□ ̄;)!茶々ちゃんは可愛いですよ~(笑)
出来ればモザイク無しのカモ~ン(笑)を見たかったです♪

投稿: ペキママ | 2009年3月 6日 (金) 23時33分

kaoriさんへ

そうなんですよ。
茶々は背中を、私のお腹に押しつけるようにして寝ます。
ちょっと窮屈なのは確かです

私、いったん入眠すると朝まで爆睡派なので、途中のことはよく分からないのですが、夫が言うには、私の寝返りにびっくりした茶々が「ふんぎゃっ」と布団から飛び出して、またすぐにすごすごと布団に入っていくのだそうです。

オナラの時はですねぇ、ちょっと小声で・・・ここだけの話しですよ(笑)。
無臭の時はノーリアクションらしいですが、芳醇な香りがした場合は「フン、クシュン」と鼻を鳴らしながら這い出てくるんですって
夫が「可愛そうに・・・こっちで寝るか?」と頭を撫でてやると、それでも夫の布団には入らず、自ら再び芳醇な香りの中に戻っていくそうです(笑)。

夫は私と違って、ちょっとのことでも目を覚ます質なので、一部始終を翌日に話してくれます。

気温が高い夜は、途中から掛け布団の上に移動してることが多いです。

投稿: めりはり | 2009年3月 6日 (金) 23時35分

3匹のペキママさんへ

確かに、顔の色は失敗した!と思いました(笑)。

モザイクなし?
そんなことしたらパソコンはフリーズ、ケイタイは電波障害を起こしちゃいますよ~

投稿: めりはり | 2009年3月 6日 (金) 23時39分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« お伊勢参り | トップページ | おはらい町とおかげ横丁 »