« 鼻水 キラリ | トップページ | お鍋でほっこり♪ »

懐かしの紀三井寺

去年の暮れから、なぜか無性にお墓参りに行きたい衝動に駆られている私。

お寺の名前がそのまま町の名前になっている和歌山の紀三井寺、そこには母方のお墓があり、祖父母や叔母とその子供(つまり私の従姉妹ですね)が住んでいました。

懐かしい、懐かしい町でありお寺です。

P1011223桜門。

塗り替えたのか、建て替えたのか、朱色が鮮やかです。

  

  

  

  

  

  

 P1011229  

多宝塔(上)と大師堂。  

  

  

  

  

  

   

 

祖父母の家も、叔母の家も、紀三井寺の目と鼻の先にありました。

私が小学生だった頃、毎年夏休みには2週間くらい泊めてもらっては、従姉妹達と紀三井寺の境内で走り回って遊んだものです。

紀三井寺は山の中腹にあって、和歌川や和歌浦が一望でき、海はいつもキラキラと輝いていました。

P1011228 和歌川、和歌浦方面を望む。

写真では分かりにくいけど、淡路島が見えます。

  

  

  

P1011231 この日も海は輝いていました。

  

  

  

  

P1011224 子供の頃は、この長い階段を駆け上がっていたのになぁ~。

思わず手すりを持ちたくなりました。

  

  

  

  

  

  

P1011232 お墓参りを済ませ、去年の5月に完成した新仏殿に立ち寄りました。

この中には、立ち姿では日本最大で、総漆金箔張りの大千手十一面観世音菩薩様がいらっしゃいます。

観音様に触れることはできませんが、観音様の手とつながっている金ぴかの物体を触りながら願い事を唱えるとよいそうです。

  

  

  

P1011225 そうそう、ここ紀三井寺には迷子郵便物を供養する文塚があります。

珍しいですよね。

  

  

  

  

  

  

3年ぶりのお墓参り、なんとなく落ち着きました。

ご先祖様、なかなか来られなくてすみません。

Banner_02 ←いつも読んでくれてありがとう。ポチッとよろしく~。

|

« 鼻水 キラリ | トップページ | お鍋でほっこり♪ »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 鼻水 キラリ | トップページ | お鍋でほっこり♪ »