« 美味しくて小躍り♪ | トップページ | 茶々の恋の行方 »

ドキドキの発表会

今日は夫のクラシックギターの発表会でした。

しとしとと雨が降る中、宝塚市まで聴きに行きました。

  

今日夫が弾く曲は「クリスマスの歌」。

とても優しいメロディーで、またまた夢の世界へ旅立ってしまいそうです(笑)。

って、冗談ですよ~。

私までドキドキして、今回ばかりは、眠気のつけいる隙はありません。

  

夫はこの曲に今年の5月から取り組んできました。

すっかり我が家のBGMと化しています。

難易度で言うと、中級レベルの曲だそうです。

昨日、夫が言うことには、「う~ん、20回に1回の確率で間違わずに弾けるぞ、わっはっは。」

えぇーーーーっ!?そんなんでいいの~?ですよねcoldsweats02

「完璧に弾くなんて、無理 無理!」だそうです。

  

20分の1の演奏には至らなかったけど、なかなか良かったと思います!

安定した美しい音が出ていました。

本人も無事終わってホッとすると同時に、まずまずの演奏ができたことを喜んでいました。

  

今日一日ホールを貸し切って、約90名の生徒さんが順番に練習の成果を発表します。

目標に向かってこつこつ努力を積み上げ、それを発表する場があるって、ステキなことですね。

完成度は十人十色だし、満足げな人、いつもの演奏ができず落ち込んでいる人など、様々ですが、何はともあれ、この日のために頑張り続けた事、それが素晴らしいと思います。

皆さん、お疲れ様でした。

Banner_02 ←いつも読んでくれてありがとう。ポチッとよろしくお願いします。  

|

« 美味しくて小躍り♪ | トップページ | 茶々の恋の行方 »

音楽」カテゴリの記事

コメント

発表会、聞く側のドキドキにあまり気が付きませんでした。家内も私の発表会のときはきっとそうだったんでしょうね。発表するほうは意外と気楽になるものです。20回に1回と言うのはすばらしいことです。音楽は技術だけではダメと言います。その場面にあった気持ちで演奏できることが大切だそうです。そういう意味でプロでも「完璧」はなかなかないようです。また来年にむけてスタートですね。また応援してあげてください。それが最高の賛美と思います。

投稿: 大伴家持 | 2008年11月16日 (日) 21時19分

旦那さまの発表会、お疲れ様でした。
ちゃんと発表の舞台を持てるなんて、
がんばっていますね。

私も昨日、弦楽アンサンブルのコンサートを観賞してきました。
そのコンサートにギター界のスーパースターと言われている福田進一さんがゲスト出演されていました。旦那さんならきっと知っているかな?

ギターは他の楽器に比べたら、地味な音かもしれないけど、奥の深い音色が出ますよね。
私も昔はフォークギター片手に歌ってたんだけどな・・・・

投稿: Olive | 2008年11月16日 (日) 22時33分

<大伴家持さんへ>

舞台の袖から夫が出てくると、もうドキドキです。
なんせ、仕上がり具合を知ってますからcoldsweats01

20分の1は素晴らしい確率なのですか!?
プロの演奏家は、間違ったとしても、曲の流れが止まらないし変わらない→間違ったように聞えない、のだそうですね。
なるほど~!です。

<Oliveさんへ>

福田進一さん、知ってますよー。
何度かコンサートも行きました。
そのコンサートも知っていたのですが、今回は見送りました。

この度に発表会で、ウクレレの音色の素晴らしさに目覚めました!
簡単そうに見えるんだけど、やっぱり難しいんだろうな。。。

Oliveさんも、これからも楽しく歌い続けて下さいね。


投稿: めりはり | 2008年11月17日 (月) 10時18分

だんなさまギターされてるんですね。私もかつてクラシックギターを猛烈に習いたくて買ったのに挫折。(結局売り払う)
現在、ウクレレを近所の公民館でシニアたちに混じり細々と習うております。でも楽し~♪

ギターまたいつか再びやるぞ!!

めりはりさん、ウクレレはギターに比べれば非常に敷居が低いです。小さくて持ち運びも便利だし。やるべし!!

投稿: | 2008年11月17日 (月) 19時23分

すみません!上のコメントは私でした。

投稿: まるこ | 2008年11月17日 (月) 19時24分

まるこさんへ

クラシックギターがお好きなのですねhappy01
私は、メロディーと伴奏を同時に弾くような器用な真似は到底できそうにありません。
よくまぁ、あんなふうに指を動かせるもんだわ・・・と感心しまくってます。
練習あるのみ!だそうです。

ウクレレの音色、ギターよりも「ほわっとしてる」ように感じました~。
息子が高校時代に音楽の授業で使っていたウクレレがあるんだよね。
引っ張り出してみようかな。。。

投稿: めりはり | 2008年11月17日 (月) 20時42分

めりはり夫、がんばってるがんばってる。
人前で発表すると自分の新たな面が
見えたりしておもしろいね。
私もそろそろ楽器復活したいなぁ。

間違えなくて完璧でも
よくない演奏ってあるんだよ。
反対に、子供がたどたどしく弾いても
感動する演奏もあるしね。
結局は”心”だと思います。

投稿: mayu | 2008年11月17日 (月) 20時53分

mayuさんへ

弦をそっとつまむように弾くフレーズがあって、そこは聴かせる場面なわけ。
そこでダンナったらビヨ~ンと変な音を出しちゃって、私は笑いがこみ上げてきて大変でした。
この「ビヨ~ン」、発表会のとき必ずやらかすんですよ。だから、「やっぱり出た!!!」みたいな感じで、本人も必死で笑いを堪えてたんだとさ。

要するに、その曲にどれだけ想いを込められるかってことなのかな。
私も楽器がしたくなりました。
でも、これ以上新しいことを始めちゃマズイ。私のキャパを越えてしまうよ(笑)。

投稿: めりはり | 2008年11月17日 (月) 21時06分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 美味しくて小躍り♪ | トップページ | 茶々の恋の行方 »