« もったいないよ、小室さん! | トップページ | 讃岐うどんの「はがくれ」 »

最近の教科書ってこうなんだ!

教科書の内容は時代とともに記述が変わってゆくのですね。

10代と中高年では、習った内容が違っていることは耳に届いていましたが、その詳細を知って驚きました。

例えば、、、

江戸幕府がキリスト教徒を見つけるためにした行為は?

「踏絵」 ではなく 「絵踏

踏絵は、絵踏で使う道具のことだそうです。

  

「仁徳天皇陵」→「大山(だいせん)古墳」(大仙古墳ともいうらしい)

  

十七条憲法を作ったのは「聖徳太子」→「厩戸皇子(うやまどおうじorうやまとのみこ)」

  

645年、むしころして「大化の改新」→「乙巳(いっし)の変

  

日本最古の鋳造貨幣は「和同開珎」→「富本銭

  

いいくにつくろう鎌倉幕府、その成立は「1192年」→「1185~1192年

1192年は、源頼朝が征夷大将軍に任命された年、なのだそうです。

  

日本にとっの最大貿易輸入相手国はいつのまにかアメリカから中国になり、梨の生産量1位の都道府県は鳥取県から千葉県に。

※読売ファミリー No、1057より

  

はぁ~、こりゃ、びっくり!

なんでも、歴史分野を中心に、90項目を以上、変更されているそうですよ。

Banner_02 ←「へぇ~!」と思われた人、ポチッとお願いしまーす。

|

« もったいないよ、小室さん! | トップページ | 讃岐うどんの「はがくれ」 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

歴史は変わらないはずなのに、
どんどん変わっていくのね(笑)
歴史は繰り返すともいう・・
 History repeats itself.

投稿: Olive | 2008年11月 6日 (木) 21時55分

教科書の内容ってこんなに変わるものなんですね!
自分が当たり前のように思っていたことが、
知らないうちに変わってるかもしれないんですね・・・。
ひえぇ~

投稿: けやき | 2008年11月 6日 (木) 22時17分

紹介頂いたもので知っていたのはたった1件だけでした。先日仕事でpHを調べていたら、昔習った定義と違っていてビックリしました。一度、最近の教科書なる物を見たい物ですね。

投稿: 大伴家持 | 2008年11月 7日 (金) 05時51分

<Oliveさんへ>

教科書の記述が変更される理由は、新たな発見による事実の変更が認められた、学会などで表記が変更された、などのようです。

歴史にはまだまだ謎の部分が多いのですね。

<けやきさんへ>

ほんとに!
「うやまどおうじ」って、誰よ!?
「大山古墳」って、どこよ!?
ですよね(笑)。

<大伴家持さんへ>

私は「和同開珎」だけ知っていました。
梨と言えば鳥取でしたが、今は千葉なのですね。

もうひとつ紹介すると、日本の中心工業地帯のことを昔は四大工業地帯と呼びましたが、今は北九州が外れて、三大工業地帯になっているそうです(京浜、中京、阪神)。
北九州は「北九州工業地域」と表記されているそうですよ。

pHの定義も変わったのですか。。。

投稿: めりはり | 2008年11月 7日 (金) 09時23分

あ、やっぱり、読売ファミリーからだ(笑)
私も見て、驚きました!
私に比べるとかなり物を知ってる旦那でも1つしか知らなかったと言ってましたね。

投稿: ふーちゃん | 2008年11月 7日 (金) 15時28分

ふーちゃんへ

うちの夫もビックリしながら読売ファミリーを読んでましたよ~。

投稿: めりはり | 2008年11月 9日 (日) 14時52分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« もったいないよ、小室さん! | トップページ | 讃岐うどんの「はがくれ」 »