« いい夢を見させてもらいました | トップページ | ワールド・フュージョン・コンサート「和楽」 »

自分色のメダルを目指して

オリンピック、終わってしまいましたね~。

アテネの時と比べて、今回はメダルが少ないとかなんとか、テレビはうるさく言ってるけど、私はそんなの別にいいじゃない、、、と思っています。

期待されながら自分の力の半分も出せなかった選手が大勢いましたね。

私はどっちかというとそういうタイプなのです。

これまでをふり返っても、スポーツにおいて、相手と競ってくると変に力が入ってしまって、普段どおりのプレーができません。当然ろくな結果になりません。

対自分はけっこう強いのですが、対相手はどうもいけません。

そんな私なので、前評判どおり金メダルを獲得した選手の強さに憧れちゃいますねー。

  

どの選手も、この日の晴れ舞台のためにひたすら練習に励んできたのですよね。その間、私達には想像できないような絶望の日々もあったことでしょう。それらを乗り越えて、納得のいくプレーができた選手の顔は、メダルの有無に関わらず、晴れやかでしたね。

女子レスリングの選手達やハンマー投げの室伏選手、バドミントンの末綱・前田ペアなどが印象に残っています。 

ただ、そういうのはスポーツの世界に限ったことではないですよね。

一般市民の私達だって、日々いろんな事と闘って、負けそうになって、でも踏ん張って、時には泣いて、怒って、いろんな事を踏み倒して、いえいえ、乗り越えて、幸せになりたいと頑張ってますよね。

評価してくれる表彰台やメダルはないけれど、「えっへん」と胸を張って、爽やかに笑える日を想い描いて、まさに自分色のメダルを目指して、明日もファイトーですね。

Banner_02 ←いつもご訪問ありがとう。ワンクリック、よろしく~。

|

« いい夢を見させてもらいました | トップページ | ワールド・フュージョン・コンサート「和楽」 »

スポーツ」カテゴリの記事

コメント

そうですよね、メダルなんて貰えなくても、
一生懸命戦ったことに関しては違いはないのですし、全力を尽くして戦ったのなら、それは凄いことだと思います。

僕は何に対しても適当で、長続きしないタイプですので、一つのことに対して一生懸命に取り組むメダリスト達は憧れてしまいます。

僕が一生懸命するものといえばゲームとパソコン・・・。
でも、それでもいいんですよね。
自分なりに努力して、結果なんて無くても一生懸命すれば、それだけでも得られるものはあるんですよね。

僕はそう信じて生きています。
めりはりさんもそうですか?

同じ人間同士、一生懸命生きていくことを誓いましょう。

って、中2のガキがこんなこと言うのって変ですよねw

熱すぎるコメント、すいませんでした><

投稿: 薫 | 2008年8月26日 (火) 21時34分

オリンピック、本当にすばらしい時を共有ささせていただきました。
私は、運動オンチなのですが、見て、応援することは大好き。
どんな結果であれ、そこにいたる過程があるんだから・・・と私は思いますが、頑張っているからこそ、結果も欲しいことと思います・・
私は長年、陸上の朝原を応援してきましたので、引退前のオリンピックでメダルが取れて
なによりです。
でも、一番心に残ったのは、一回戦で負けながら、選手団の団長として、最後まで残らざるを得なかった柔道の鈴木桂治選手です。
結果が出せなくて、いろんな思いの中で、責任をまっとうした姿に頭が下がりました。
なんにせよ、頑張っている姿は美しい!!

投稿: 西乃家 小春 | 2008年8月26日 (火) 23時00分

<薫さんへ>

中2ですか~、So young!

何でも一生懸命取り組まなければ楽しさもわならないし、醍醐味も味わえないってものですよね。

はい!一生懸命、一所懸命に暮らして行きましょう

<西乃家 小春さんへ>

ホントにねぇ、、、敗者復活戦で敗れた鈴木選手を見たときは、私も胸が潰れそうでした。このままでは終わって欲しくないです、個人的には。

たくさんの勇気をもらったオリンピックでしたね~。

投稿: めりはり | 2008年8月26日 (火) 23時36分

対自分はけっこう強いのですが、対相手はどうもいけません。

私も~~~!
というより人と競おうという気が全くない。
スポーツにおいて、人に勝ちたいと思ったことがない。
できない原因はこれか?

投稿: mayu | 2008年8月27日 (水) 07時42分

mayuさんへ

私は「負けん気」不足のようです(笑)。

子供の頃、かけっこで競っている時、必ず隣のレーンの子に先を譲っては母をイライラさせた私です。

対相手ではなく、自分で決めた目標に向かって頑張るのはそこそこできるのですけどね。
そう言う意味で、山登りは性に合ってるのだと思います。

投稿: めりはり | 2008年8月28日 (木) 10時32分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« いい夢を見させてもらいました | トップページ | ワールド・フュージョン・コンサート「和楽」 »