« 和洋折衷の誘惑 | トップページ | 美尻に見惚れる »

自分流で行こう!

我が家が購読している読売新聞の夕刊(木曜)に「ペットライフ」というページがあります。

以前、茶々がここで全国デビューを果たしたこと、覚えてらっしゃいますでしょうか?

えっ!?ご存知ない。では、ここをご覧下さい

  

昨日の「ペットライフ」でステキな文章に出会いました。

それは脚本家・井上由美子さんとその愛犬の日常をつづった「交遊録」というコーナーに書かれていました。井上由美子さんと言えば、「白い巨塔」や「14歳の母」、「マチベン」など有名な作品がありますね。

その文章とは・・・

「勝手な解釈だが、自分流でいいのが犬とのふれあいの楽しいところ。人間の世界は周囲を意識せずにいられない。仕事でも学校でも、勝ち負けがつきまとう。でも、犬との付き合いなら、チャンピオン犬をめざすもハッピー、一生ぐーたら過ごすもハッピー、自分なりの幸せを追求できる。犬と暮らすことは、幸せなんて勝ち負けじゃない、自分流でいいということを教えてくれるのかもしれない。」

  

「幸せはいつも自分の心が決める」、これは私の大好きな言葉です(by相田みつおさん)が、それに通じるものを感じました。なるほど~と、大きくうなずいた私です。

Photo

お、おいっ!

いい話をしたのに、寝てんのかよ。

  

  

Banner_02 ←40位台をウロウロ中でーす、応援よろしくお願いします。

|

« 和洋折衷の誘惑 | トップページ | 美尻に見惚れる »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

茶々ちゃん、かわいいですね~
私も柴犬、欲しかったんです~
でもダーリンがダメと言って・・・
私もご飯は味噌汁ご飯などがいいと思っていたひとりです。
だって昔から食べてるから。
近所のさくらちゃんという柴犬もご飯大好きだそうです。
キャベツの千切りなんかも食べるそうです。
欲しかったな~。柴犬。
アトピーが悪化したときにその子のせいにしたくないから・・・らしいです。
でも、結局うさぎは飼ってもらえたんです。
うさぎはかごの中で飼えるからと。
外で・・・との約束でしたがペットショップの方針で室内で飼ってくれるひとにしかお譲りできないとのことで、飼える~と喜んでいた子供たちに負け、じゃあ玄関でなら・・・と。
種類は雑種です。ミニウサギというらしいですが、日本のウサギです。
玄関で飼うなら犬でもよかったんじゃあないの!?毛は結局飛ぶわよ!と言いたいところですが、子供もまだ小さいし、私も毎日働いているので子犬にも寂しい思いをさせるかなと思い、今は納得しています。
でもウサギも飼ってみればかわいいもので
よくなついてかわいいです。
犬ほどはなついてくれないですけどね。
茶々ちゃんの写真に、毎回いやされてまーす。

投稿: すず | 2008年6月 7日 (土) 19時21分

すずさんへ

犬と暮らすことは30年来の夢でした。子供の頃は、実家が商売をしているから、犬嫌いのお客さんが来てくれなくなるという理由で両親に許してもらえませんでした。拾ってきた子犬を泣きながら戻しに行った経験有りです。でも、もともと大の犬好きである両親は、私が実家を出た頃、商売は続行中でしたが紀州犬を迎えたんです。私はその事を知ったとき、「えぇ~!?今OKで、どうして数年前はダメだったわけ~!?しかも紀州犬なんて、デカイじゃん」ですよ(笑)。
あの頃の両親は、妹も大きくなって、私も家を出てしまい、淋しかったのでしょうね。

結婚してから3年前までは社宅住まいだったので、当然犬は御法度。今の家に移り、ようやく念願だった犬との暮らしが実現したのです。
すずさん、大丈夫!強く強く願っていると、少しずつでもその夢に近づいていくみたいですよ、何でも(宝くじ高額当選は無理かも)。

それと、実は私も高校時代にウサギを飼っていたんですよ。下宿生活していた友達が、祭りの夜店で「ミニうさぎ」を買っちゃったんです。でも、しばらくしてから下宿の大家さんに見つかってしまって、どうしようもないから、その子を私が引き取ることに。私は実家から通っていたので。。。
片道10kmの道のりを自転車通学していた私は、自転車の前カゴの上にウサギが入ったカゴをのっけて、えっちらおっちら帰ったことを覚えています。
で、この「ミニうさぎ」、全然ミニじゃなかったんです!!!普通のウサギよりおおきくなっちゃいましたー。白と黒のパンダうさぎ。名前を呼ぶと寄ってくるし、掃除をしにうさぎ小屋に入ると、私の膝に乗りに来る可愛いヤツでした。かがんだ状態で人が3人ぐらい入れる立派なウサギ小屋を父が作ってくれたものですから、嬉しい反面、広い分掃除が大変でした。
懐かしいなぁ~。

すずさんちのうさぎちゃん、みんなに可愛がってもらえて、きっと幸せですね

投稿: めりはり | 2008年6月 7日 (土) 23時56分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 和洋折衷の誘惑 | トップページ | 美尻に見惚れる »