« みかんの花 | トップページ | 海だぁ~~~ »

ふる里の山

P5030020_2 「故郷とは魂が帰りたがる場所」

これは森敦氏の言葉です。

右側の山が私の魂が帰りたがる慣れ親しんだ我がふる里の山です。

山の名前を出すと場所が特定されてしまうので、ここではT山としておきます。

標高は305m、どこにでもありそうな山ですが、実はすごいんです!      

  

  • 室町時代に、この山の頂に城があり、その跡が残っています
  • この山は化石の研究者や愛好家たちの間では、日本有数の化石の宝庫としてその名が知られています。中でもディディモセラスという種類のアンモナイトは、日本では淡路島と茨城県の一部とこの山だけでしか発見されておらず、これは白亜紀の終わり頃の短い時期に生息したアンモナイトだそうです。(白亜紀って何年前なん?)

このT山には何度も登っています。

中学の時は、夏休みの宿題のひとつに「T山に登る」というのがありました。

真面目に登っている生徒はいませんでしたが、私はちゃんと登りましたよ~、一人で。だって、なかなか景色が良いのですもの。

あっ、アンモナイトも出るけど、マムシも出ます。ひょっとしたらイノシシも・・・。

実家にいた紀州犬とも一度だけ一緒に登ったことがありました。この犬、私が実家を出た後で両親が迎え入れた犬なので、共に暮らしたことはないのですが、たまにしか帰らない夫や私のことをちゃんと覚えてくれていて、しっぽを振って大歓迎してくれたものです。

そんな思い出深いT山にいつか茶々と登ろうと決めていましたが、ついにその時がやってきました。小6の姪っ子もお供してくれることに。

昔と違って登山道がきちんと整備され、登りやすくなっています。

P5020018 こんな岩場もちょこっとあります。

ここを登らなくても、登りやすい巻き道がついていますが、こういう所を登るのが山登りの醍醐味です。  

茶々は朝飯前といった具合に駆け上がります。

えっ?茶々がどこにいるかわからない?

まぁ、確かに岩と同化してますわねぇ。

画像をクリックすると大きくなりますよ~。  

  

 

  

Photo 嬉しそうにどんどん登っていく茶々。

  

  

  

  

  

  

  

  

P5020011 思いがけず満開の山ツツジが出迎えてくれました。

ルンルン♪で歩く茶々。

  

  

  

  

P5020012 町が一望できます。

うーーーーん、田舎~。

  

  

  

Photo_2  登頂成功!

木が茂りすぎて、景色はいまいちで残念。

冬ならちょこっと海も見えるのですよ。  

 

はっ!城跡の石垣の写真を撮り忘れちゃった・・・

まぁ、普通の古い石垣って感じなんですけどね。

  

ふる里の土を、岩を踏みしめつつ歩く・・・、いいものですね。        

Banner_02_2

←ただ今、30位台をウロウロしています。いつも応援クリック、ありがとうございます。    

|

« みかんの花 | トップページ | 海だぁ~~~ »

故郷」カテゴリの記事

茶々」カテゴリの記事

コメント

故郷っていいもんですよね~
めりはりさんの登山の原点はこの山なんですね!
自然の中に行くと 人もワンコも生き生きしますね

投稿: みぃすけ | 2008年5月 7日 (水) 13時10分

みぃすけさんへ

みぃすけさんのふる里も自然がいっぱいですね。ねねちんはお里帰り、したことあるのかな。。。

投稿: めりはり | 2008年5月 8日 (木) 00時32分

ディディモセラスの検索から飛んできました。
この山に足繁く通ってます。マムシが怖いので
冬限定ですが。

未だに良いものに巡り会えません。
が、自然豊かで良い山ですね。

投稿: だんじり0724 | 2008年8月 9日 (土) 21時45分

だんじり0724さんへ

はじめまして!コメント、ありがとうござます。

桜の頃は登り口のあたりがキレイですよね。
私はあそこの中学校に通っていました(^^)

よい化石が見つかるといいですね。

投稿: めりはり | 2008年8月10日 (日) 08時55分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« みかんの花 | トップページ | 海だぁ~~~ »