« 年賀状 その2 | トップページ | 散歩は楽しい♪ »

いつの間にか普通の肌に

私は生後8ヶ月の時からアトピー性皮膚炎でした。

28歳までステロイド剤による治療を続けてきましたが、良くなるどころが、少しずつ確実に悪化してゆきました。

身体のどこにも健康な皮膚がなくなり、そればかりか身体の様々な機能まで狂い始め、このままでは廃人になってしまうという危機感に襲われました。

そして、ステロイド剤を一切中止し、自然治癒力に懸けてみることに決めたのです。

温泉の力を借り、運動をしてどんどん汗を出し、身体に負担をかけない食事を心がけて来ました。

ステロイド剤を止めてから15年が経ちました。5歳と2歳だった子ども達が20歳と17歳になりました。ステロイド剤を止めた後の3年間と、2002年と2003年の2年間はひどい状態だったのですが、それ以外の10年間は日常生活に支障はなく、アトピーも季節的、部分的に少し悪化する程度で、割と好調でした。

そして3年ぐらい前から、身体のどこにもアトピーの症状がない状態が続いています(たまに手指にちょこっと出ます)。それでも、色素沈着というのですが、ステロイド剤をたくさん塗った部位は肌が妙に黒くなっていたのです。特に顕著だったのが腰から背中にかけて部分でした。

4年前から東洋医学の先生のもとで「刺絡(しらく)」という治療を始めてから少しずつ色が抜けてきたなーと感じていたのですが、今年の夏の終わり頃に家族から「背中と腰、普通の色になってるで。」と言われたのです。鏡を使って見てみると、あら、ホンマや!しつこかった色素沈着が消えているのです。

刺絡というのは、古い血が滞っている部位に太い針を刺し、吸い玉で血を吸い出す治療法です。今でも外国では蛭(ヒル)に血を吸ってもらうことで痛みや腫れを緩和する治療法があると聞きますが、それと同じことですね。

それと、入浴時に自分でせっせと垢すりをしてきたことも効果があったのかもしれません。

アトピーのせいで色がくすんでいる部位から出る垢はとても黒かったんです。普通の肌の部分からはほとんど垢はでないし、出ても肌色というか薄いグレーなのですが、腰や肩口、背中、ソケイ部などをこすると、まっくろの垢が出たのです(汚い話ですみません)。誤解があってはいけませんので言っておきますが、毎日お風呂に入っているし、ちゃんと洗ってますよ~。

色素沈着が消えたのは、夏場の刺絡治療と垢すりの効果だと自分では感じています。

  

今では少々睡眠不足が続いても、ストレスがかかっても、疲れがたまっても、ビクともしない皮膚になりました。

いったい何が功を奏してここにたどり着けたのか、ハッキリしたことは誰にも分りません。私と同じ事をすれば、アトピーで苦しんでいる全ての人が良くなるのかと聞かれれば、答は多分NOです。

虫歯の治療方法は万人共通ですが、アトピーはそうはいかない、まさに千差万別なのです。

※刺絡について、また私が行なってきた治療法について知りたい人はこちら

Banner_02 ←いつもありがとうございます。応援のワンクリック、お願いします。

|

« 年賀状 その2 | トップページ | 散歩は楽しい♪ »

アトピー」カテゴリの記事

コメント

なるほど、「千差万別」の意味が、“善く”判りました。
努力なされた“成果”に…、I’ll boost your rank up through my click.

投稿: Grayman2006 | 2007年12月29日 (土) 23時25分

めりはりさん
お忙しい年の暮れとお察しいたします。
自立されたご長男さんも戻られて
賑やかにお過ごしになるのでしょうか。

今年、めりはりさんのアトピーブログに
出会えたことは、とてもありがたく大きな出来事でした。
『アトピーが治った人がいる』ということが今までの私はどこか信じることが出来ず、ほんの少しの希望さえ持てずにいたのです。
めりはりさんのブログを拝見し、直接メールまでいただいて、『治る可能性はある』と頭と心で感じる事が出来ました。
ありがとうございました。

12月に入ってから暴食、運動もサボリ気味。そのせいかここへきて悪化。反省の年末となりました。
来年もあきらめずがんばります☆

お嬢さん、受験シーズンがやってきますね。
お正月どころじゃないかな・・・?
お体に気をつけてがんばってくださいね。

よいお正月を!

投稿: さえ | 2007年12月30日 (日) 19時37分

めりはりさんは、本当に自分の信念でアトピーを克服した人のひとりですね。
離脱直後の事は知らないけれど、2002年に悪化した時の事はよく知っています。あの時の状態から今のめりはりさんを見れば、アトピーは治るんだと言えると思います。

私もここ数年は大きな悪化もなく、見た目も普通の人と変わらないんじゃないかと思う状態まで来れました。でもまだまだ不安定です。皮膚も精神的にも・・・

一生治らないんじゃないかと思う時もありますが、それでもめりはりさんや周りの人にパワーをもらってます。

毎年、年を感じてしまいますが、まだまだ人生楽しみたいですよね。
来年もよろしくおねがいしますm(__)m

投稿: Olive | 2007年12月30日 (日) 22時20分

<Grayman2006さんへ>

私は、温泉、運動で汗をかく、食養生、の3本立てで回復しました。今後再び悪化しても、その方法で改善するという確信があります。でも、同じ事をしても余計に体調が悪くなる人もいるのです。

「アトピー」という言葉には「奇異な」という意味合いがあるそうですが、本当にその通りです。

<さえさんへ>

そんなふうに思って頂いて、私の方こそ嬉しいです。来年はもっとHPを充実させようと思いますので、また覗いて下さいね。

同じように温泉治療で脱ステを乗り切った友達もすっかり治っていますよ。
彼女はリバウンドの症状が落ち着いた頃からずっとジャズダンスをしています。

アトピーの治療は様々ですが、根本にあるのは「身体の冷えをなくすこと」と「代謝を上げて、細胞がどんどん生まれ変われるようにすること」だと思っています。

さえさんにとって来年がステキな一年になりますように。

息子は今夜帰ってきます。
娘は、おかげさまで年内に第一志望校の合格が決まりました。

<Oliveさんへ>

治らなくても、自分が「この辺で、まぁ、いいか」と思えるならそれでいいと思います。
私も、ちょこっと関節に出ている程度ならいいかなーと思っていたのですが、何か知らないけど、すっかり消えてしまったんです。
ただ、こうなると他の病気が出てくるんじゃないかと心配ですね。

私の方こそ、よろしくです。

投稿: めりはり | 2007年12月31日 (月) 20時58分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 年賀状 その2 | トップページ | 散歩は楽しい♪ »