« 脱・貧粗犬 | トップページ | 「ホームレス中学生」 »

気象と身体

サッカー日本代表の監督であるオシム氏が脳梗塞で倒れ、予断を許さぬ状況らしい。

また韓国の人気俳優のヨン様も、撮影中にケガをして重傷とのこと。

特にオシム監督の方は心配、何とか生命の危機を乗り越えてほしいものです。

ヨン様に似ていると時々言われる私ですが、ヨン様もどうか早く回復されますように。

   

今日の夕方のニュースの中で、気象と脳梗塞の関係について興味深い結果が報告されていました。

(えーっと、あのー、ご飯の支度をしつつ観ていたので、きっちり正しく覚えておりません。数字など、微妙に間違えているかもしれませんが、その点、ご了承下さい。)

  

一日の平均気温が6度以下で、気圧が1013ヘクトパスカルを下回る日に、脳梗塞、脳溢血、心不全(心筋梗塞だったかも~)の発症率が上がるそうなのです。

オシム監督が倒れたのは今朝の2時。

6度とまでは行かずとも、気温はかなり下がっていたことでしょう。

やはり気象と病気は深く関わりがあるようですね。

気象病と言われている喘息、関節痛、偏頭痛などは気圧(気温もか?)が下がり始めた頃に悪化することが多いとも報じていました。

それらの変化が交感神経を興奮状態にさせ、その結果、諸症状が出るのだそうです。

  

と言うことは、気圧や気温が下がりそうな時をあらかじめ知ることができたら、前もって交感神経が過度に興奮しないよう何らかの工夫をすることで、気象病が防げたりするんじゃないのかな。

交感神経を優位にさせない=副交感神経を優位にさせる=リラックスした状態をキープする・・・という考え方で良いのかな???

とにかく気象病を和らげる何らかの手段が見つかるのでは?と期待してしまうワケです。

  

ニュースの中でも言っていましたが、気象と身体に関する研究がもっと進めば、気象病注意報や心筋梗塞注意報を発令することで、多くの人の健康を守ることにもつながるのでは・・・と。

北海道のとある気象予報士さんは「夫婦喧嘩注意報」を発令して、大反響があったそうですよ。その辺は聞き逃したのですが、イライラが高じやすい気象条件というのもあるみたいですね。

Banner_02 ←今日も読んで下さり、ありがとう!ポチッと押して下さいませ~。

|

« 脱・貧粗犬 | トップページ | 「ホームレス中学生」 »

心と体」カテゴリの記事

自然」カテゴリの記事

コメント

なるほど…どうりで最近、体調が芳しく無いと思ってました(^_^;)寒い外から、暖房が利いたお店に入ると頭がファ~となり、立ち眩みや気分が悪くなります。外と中の温度差に、非常に弱い私……
(Θ_Θ)
自律神経にも関係あるのかな?
私の場合はパニック障害の発作だと思ってたけど、気象条件にもよるのかな~?

投稿: 3匹のペキママ | 2007年11月17日 (土) 09時19分

ここ3日、たしかに腰痛頭痛かなりきついです。
朝一旦起きるけど10時ごろまで布団の中。
動きすぎだからだと思ってたけど
気温が下がったのもあるんだよね。
気温が上がってくると動けるようになるから。
私が助かってるのは夫が私の体を理解してくれてること。
怠けてるわけじゃないとわかってるからいいけど
そうじゃない人は大変なんだよね。

投稿: mayu | 2007年11月17日 (土) 10時08分

きついほどではないのですが、私も妙な頭痛
(神経痛みたいな)が続いています。
外国だともっと研究が進んでいるとか聞きました。
心筋梗塞なんかには、ぜひ注意報が欲しいですね~。

投稿: makiko | 2007年11月17日 (土) 14時02分

<3匹のペキママさんへ>

気圧や気温が下がると交感神経が興奮した状態が続き、諸症状が出ると書きましたが、
交感神経と副交感神経のことをまとめて自律神経と呼ぶので、自律神経と気象は切っても切れない関係かと思います。

パニック障害のような症状が出るときの気象に注目してみると意外な発見があったりして・・・。

<mayuさんへ>

私はてきめん下痢です。
気温が下がったことが原因かと。。。

家族が理解してくれてるのとそうでないのとでは全然違いますよね。
mayuさんご夫妻の絆の太さ(深さか?)を感じます。

腰痛、お大事にね。

<makikoさんへ>

寒いなら寒いで、早く安定して欲しいですよね。
頭痛、お大事にね。

投稿: めりはり | 2007年11月17日 (土) 15時01分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 脱・貧粗犬 | トップページ | 「ホームレス中学生」 »