« ネバネバーランド | トップページ | 茶々の初恋物語4 »

亀田親子

亀田家のお父ちゃん、ああ見えて本当は賢い人なんだと思っていたけど、そうではなかったみたいやね。

興毅選手、大毅選手の派手なパフォーマンスや自信過剰発言など、色々と世間に話題を振りまいていたけど、それも計算された演出で、「これ以上はアカンぞ。」という根っこの部分は、しっかりとお父ちゃんが締めているのだと思ってた。

でも、そうではなかったって事だよね。

 

親が子供をどうにかしたり、子供が親を殺したりする怖いご時世だけに、亀田家の両選手とお父ちゃんの絆にはちょっぴり感動してたんだよね。

難しい年頃の両選手があそこまで父親に付いていけるのは、尊敬と信頼に値するものをお父ちゃんが持っているからだと思うんだよね。

それに3人とも本当にボクシングが好きで、その練習量たるや、他の選手もびっくりするほどらしい。両選手の今までの努力は半端じゃなく、堂々と胸を張れるはずなのに、、、それだけに、ホントに今回の反則は残念だよ。

  

わが家の男二人はこのニュースがとても気になる様子。

今回の処分に関して息子は「妥当」、夫は「甘い」だそうだ。

私は、、、とにかくキラリと光るモノを持っていることは確かな両選手、気持ちを入れ替えて、またリングの上で正々堂々と闘って欲しいと思うだけ。

大毅選手はまだ18歳、たった一度の過ちで潰れないで欲しい。

「あの人からボクシングを取ったら何も残らないじゃないの?」というお父ちゃんには、練習段階で頑張ってもらいまひょ。

Banner_02 ←いつも読んでくれてありがとう!ポチッと一押しお願いします。

|

« ネバネバーランド | トップページ | 茶々の初恋物語4 »

ニュース」カテゴリの記事

コメント

道産子・同い年(9月生まれも)の内藤選手が勝って、すっきりのはむです。

持ち上げて持ち上げて叩き落すマスコミに腹が経ちますね。
いっつもだよね。このパターン。


投稿: はむ | 2007年10月18日 (木) 18時08分

私も昨日からテレビにかじりつき(笑)
記者会見に釘付けでした!子離れ出来ない親…親離れ出来ない子…といった所でしょうか(-_-#)夫は『親が馬鹿だから子供が馬鹿になる!』と厳しいご意見(笑)きっと影では地道な努力もしているのに派手なパホーマンス過激な言動で台無しになっている事に、亀田家も気づかない事には何の進歩も無いでしょうね~
m(_ _)m余談になりますが、精神状態が何とかと言ってましたが本当に病んでいる人を何人も毎月、病院で見ている私には病んでいる様には見えなかったな~
実際に病んでいる人は本当に凄いです
(|||_|||)

投稿: 3匹のペキママ | 2007年10月18日 (木) 19時29分

<はむくんへ>

わが家の男二人もめちゃくちゃ内藤選手を応援してましたね。
私、内藤選手のこと全く知らなかったんですが、今度のことでファンになりました~。

<3匹のペキママさんへ>

うちの夫も全く同じ事を言ってました。
記者会見でお父ちゃんは、一連のスタイルは変えるつもりはないみたなことを言ってたね。どうなることやら。。。
大毅選手も、会見場に出てきたのなら、自分の言葉で謝罪してほしかったなー。

それにしても、昨日のお父ちゃんの会見は「とりあえず」が多すぎだよね。

精神を病んでる人は、何となく目つきで分るかも・・・です。
何も写っていないような、妙にすわっているような、、、そんな感じがします。

投稿: めりはり | 2007年10月18日 (木) 20時27分

いつもご訪問ありがとうございます。
お問い合わせいただきました湖は、
昭和19年の噴火の際にできたカルデラ湖で
「昭和湖」といいます。日本二百名山に連なっています「栗駒山」の秋田県側にあります。硫化水素が強く生物はすめませんが、そのその神秘的なコバルトブルーは天気に拘わらずいつも同じ色。私の好きなスポットですよ。木曾駒ケ岳もすばらしいところですよね。また紹介ください。

投稿: ゴッチン | 2007年10月18日 (木) 22時42分

ふぬ~亀田父!!!自分を貫くのも大切だけど大人なんだから・・・ね・・・


やっぱり大人は話と誠意で解決しなくちゃ!

『一番良い物持ってる』
って言われてた三男が 
世に出にくくなってしまったじゃない!!!

投稿: ゴロメンツ | 2007年10月18日 (木) 23時59分

ゴロメンツさんへ

あっ、そうなの?
一番下の弟が一番光るモノを持っているワケね。
確か、その下に年の離れた妹さんがいたよね。
将来、この妹さんの彼氏になる人はさぞかし覚悟がいるだろうなー、なんて思った記憶があります。

投稿: めりはり | 2007年10月19日 (金) 08時19分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ネバネバーランド | トップページ | 茶々の初恋物語4 »