« 塩昆布と言えば・・・ | トップページ | ホントに♀ !? »

ハンマー投げ→茶々投げ

室伏選手、6位入賞、お疲れさま~。

お顔の印象が変わったと感じたのは私だけかな。

なんか、濃さが抜けたというか、ギラギラ度が減ったというか、精悍な感じになったと思いません?

近年まれに見るハイレベルな闘いの後、各国のハンマー投げの選手達が肩を組んで、にこやかに走りながら、観客席に手を振っていたのがステキだったー!

スポーツっていいなーと感じる瞬間だ。

                 

彼らが投げたハンマーの先に付いている球りんこは砲丸なんだけど、その重さが男子の場合7.26kgあるそうな。

砲丸の競技で投げる物と全く同じなんだって。ちなみに女子は4.00kg。

昨夜のテレビ中継の中で7.26kgと聞いた私は、瞬時によからぬ絵が浮かんできた。

それは・・・

室伏選手が茶々のシッポをつかんで、あのブロンズ像にしたいようなお決まりのポーズから入り、グルグル回って、しまいにはすごい形相になって、飛んでけーーーーー!!!

おりゃぁぁぁぁぁーーーーー!!!

キャィーーーーーンという悲鳴と共に、あの狭い防護ネットの隙間のど真ん中をぐんぐん遠ざかる茶々、そしてカメラが切り替わり、ゆるい弧をを描きながら、みごとに宙を飛ぶ茶々。

80mラインを越えたあたりに着地した茶々は、そこをドッグランと勘違いして全速力で疾走するのだ!!!

               

なぜこんなアホみたいな話が出来上がるのかって?

それは茶々の体重がちょうど7.2kgだから (^_-)

それにしても、茶々を80m以上も遠くへ飛ばしてしまうなんて、ものすごい怪力!

砲丸投げの選手もそうだけど、シンジラレナーーーイ!

|

« 塩昆布と言えば・・・ | トップページ | ホントに♀ !? »

スポーツ」カテゴリの記事

茶々」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 塩昆布と言えば・・・ | トップページ | ホントに♀ !? »