« +単純ヘルペス | トップページ | 2ケツ、猛特訓 »

映画「不都合な真実」

先日、吹田市のメイシアター中ホールにて鑑賞してきました。

前売り券で¥1,000、お得です。

                               

元アメリカ副大統領のアル・ゴア氏の講演に感動したヒットメーカーのローレンス・ベンダー氏とジェフ・スコル氏などが映画化を進めたものです。監督はデイビス・グッゲンハイム氏。

まるで96分間のゴア氏の講義を聴いているかのような映画でした。

意識がふーーーっと遠のいた瞬間が3度ほどあったのですが(^^;)、おおむねマジメに観ていました。

ゴア氏の、どんな苦境にあっても、またどんな壁に阻まれても、伝えたいことは伝えるのだ!!!信じた道を突き進むのだ!!!という、とことん前向きな信念がビシビシ伝わってきました。

まさに彼が半生を捧げて伝える人類への警告ですね。

今更何をしても手遅れでは?と思うことなかれ。

できることはたくさんあります。

  • 電化製品を買い換えるときは、省エネタイプの商品にしましょう
  • クルマを買い換えるならハイブリッド車、という選択を前向きに考えましょう
  • クーラーで必要以上に室温を下げるのはやめましょう
  • 合成洗剤から石鹸成分の多い洗剤に変えましょう
  • できるだけ公共の乗り物を利用しましょう
  • 少しの距離なら徒歩や自転車で行きましょう
  • 過剰包装を断りましょう
  • 植物を育てましょう
  • これらを周りの人にも勧めましょう

他にもいろいろありますよね、きっと。

先日の新聞によると、日本ではエコへの関心が随分高まって来ているそうです。

人口がとてつもなく多い中国やインドの人達も、もっと真剣に取り組んでくれるようになったらいいなぁ。

CO2最多排出国であるアメリカ合衆国政府が、事の重大さを知りながら見て見ぬふりをしてるってのはどういうことかな。

                          

映画の最後の方にこんな字幕を見つけました。

「何かを祈るときは行動もすべし」

思わず、笑みがこぼれました。

ホントにそうですよね、神頼みだけってのは頂けません。

私も、できることを見つけて実行しようと、改めて思いました。

|

« +単純ヘルペス | トップページ | 2ケツ、猛特訓 »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« +単純ヘルペス | トップページ | 2ケツ、猛特訓 »