« 気分はバーテンダー♪ | トップページ | 呆れた親たち »

絆を感じるとき

「愛犬と 顔を見合わす 震度3」

これは何かに載っていた川柳です。

この情景、わかる、わかる!

犬と暮らしていると、突然の物音とか、聞き慣れない人の声がした時、「ん?何やろ!?」と互いに顔を見合わせるシーンが度々ありますよね。

P1010624 ほら、こんなふうに私を見てくれます。

この時は、のんびりと寝ている姿を撮ろうとカメラを向けていると、外で誰かが鈴の付いたキーか何かを落としたみたいで、「チャリチャリーン」と音がしました。

                                             

                                               

「振り向いた 視線の先に 君がいる」

これはお気に入りの一冊「犬川柳」辰巳出版に載っている一句。

この句に添えられている文章もステキ♪

「犬の愛情はいつだってまっすぐに向けられてくる。

視線の先の見るものはひとつ、「愛する者」

計算もなく、理屈もなく、偶然もなく、

自分を愛してくれる者を本能的にわかっている。

愛して、心から信頼し、慕い、見つめる。

こんなにまっすぐに誰かを愛したことがあるのか。

つい自分に問わずにはいられない。」

まっすぐな瞳は、幼い子供が母親に向けるそれと全く同じ色をしていて、深く澄んでいるんですよね。

P4030041 茶々も散歩の途中に何度もふり返っては見つめてくれます。

幸せを感じる瞬間♪

                                              

                                              

                                                    

ちなみにこの「犬川柳」にはマジメな句ばかりではなく、吹き出すような愉快な句もいっぱい載ってます。

例えば・・・

「名を呼べば 一目散に 走り去り」

「遠出した 帰りはタクシー 呼んでよね」

「抜けた毛を 父のカツラに 使おうか」など。

|

« 気分はバーテンダー♪ | トップページ | 呆れた親たち »

茶々」カテゴリの記事

コメント

犬川柳…何年か前に妹が応募した記憶があります…確か…『愛犬に頑固オヤジも膝まずく』だった気がします!うちの父はそれは、それは娘達にきびしく、小さい頃は怖い、父でした(;∇;)/~~しかし、実家の愛犬にはデレデレ…(*^o^*)仕付けも全くなっておりません(笑)!私達には気の短い父が、愛犬に振り回されている姿が楽しくて、思いついたと言ってました(≧∇≦)やっぱり犬はいいですね……今まで2頭の犬を見送り(T_T)その度に『もぅ嫌!』と嘆き悲しみながらも、只今3頭飼い…自分が元気で犬より長生き出来るまで、我家の犬は増えたり、減ったりする気がします……

投稿: 3匹のペキママ | 2007年6月18日 (月) 09時23分

茶々ちゃん、可愛い☆
振り向きざまが何とも、いえねぇ~!!
杏、5歳になりました。
この夏、頑張って乗り切りたいねぇ!!

投稿: ヌーピー | 2007年6月18日 (月) 09時24分

<3匹のペキママさんへ>

ナイスな一句ですね、妹さん、センスありますよ~。

ペキママさんちはワンちゃん達との付き合いが長いのですね。
うちは、夫は実家にいる頃雑種犬と暮らした経験ありですが、私は茶々が全く初めてなんですよ。
色々教えて下さいね。

投稿: めりはり | 2007年6月18日 (月) 14時33分

ヌーピーさんへ

杏ちゃん、5歳になったのですね~。
おめでとう!
4歳ぐらいで落ち着くよ、と聞きますが、杏ちゃんも昔と比べておとなしくなったのかな。

振り向いたとき、ほっぺがぷっくりするところが大好きです。これって柴犬限定か?

投稿: めりはり | 2007年6月18日 (月) 14時35分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 気分はバーテンダー♪ | トップページ | 呆れた親たち »