« 勘違いオバサンに辟易 | トップページ | 頭皮のマッサージに励む »

瀕死の迷子犬のその後

ブログを読んでくれた人から、「あのワンちゃん、その後どうなったん?」と心配の声が寄せられていますので、ご報告しますね。

私が保護して病院に連れて行ったのが3日(土)のこと。

すぐに手術をするには全身状態が悪すぎて、麻酔に耐えられるかどうかも分からない状態だったそうです。脱水症状、肝機能の悪化などなど。

それで、応急処置をして、体力が少しでも回復してから手術をしましょうとなったそうです。

保護してから5日経った7日(水)の夜に手術は行われたそうです。

午後9時~翌午前2時半頃までかかったそうです。

動物病院の先生は、午後の診察が終わってすぐに手術に取りかかり、翌日は朝の9時から通常通りの診察を開始するのだから、さぞかしお疲れだったと思います。

そこの病院は、ふだん院長先生お一人で診ているのですが、この手術に際しては、提携している夜間救急病院から2人の獣医師に来てもらったそうです。

それほど大変な手術だったということなのでしょう。

幸い、折れた脊髄の接続は成功したそうです。

ただ、事故の衝撃が大きかったのでしょう、折れた脊髄周辺組織のダメージが大きく、壊死を起こしていて、化膿も進んでいたそうです。

手術の際にメスを入れても全く出血しなかったそうです、つまり、すでに血管が死んでいて、血流が止まってたってことですよね。

薬が効いて、この壊死がさらに周辺へと広がらなければ、命まで取られることはないだろう・・・とのことでした。

今も、注射器で膿を吸い出す処置をしてもらっているそうです。

ただ、残念なことに、やはり神経は切断されていて、後ろ足は動かず、排尿、排便のコントロールも不可能なのだそうです。

それでも前足さえ以前のままなら、代車を使って散歩に行くことも可能です。

でも、前足の動きを支配している神経も痛めている可能性もあって、前足に関してはまだ何とも言えないそうです。

前足の自由が残っているのとそうでないのとでは、あの柴ちゃんの今後の犬生は180度異なりますよね。どうか、どうか、前足はちゃんと動きますように・・・と祈らずにはいられません。

一昨日、この動物病院の前を通った時、待合室を見ると誰もおらず、すいているなら差し支えないだろうということで、中に入ってちょっと様子を聞いてみました。

そしたら、先生が「会ってあげて下さい。」と言ってくれ、ちょこっと面会しました。

「○○ちゃん!頑張ったね。」と声をかけると、とたんに前足で空をかき始めました。

「私の声を覚えていてくれたの!?」と勝手な解釈の元、ちょっと感激!

その様子を見た先生が「おお、ここまで前足を動かせるようになったか、随分元気が戻ってきたな。」とおっしゃいました。

そして今日、電話で飼い主さんから聞いた話では、、、

ようやく昨日あたりから、フードを固形のまま食べられるようになり、美味しそうにペロッと平らげたそうです。面会に行くと嬉しそうにして、必死で起きあがろうとする仕草を見せたとも。

良かった、何とか命の危機は脱したかな。

○○ちゃんの生命力に脱帽!もう一頑張りするんだぞ!

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

今回のような重症のケガの場合、アメリカではほとんどが安楽死させると聞き、驚きました。

日本でも、重症のヘルニア等で手術が不可能で、かなりの苦痛を伴う場合などは安楽死を打診されるとか。

それって、どうなのでしょうか・・・。

今回の○○ちゃんのケースも、それでいくと確実に安楽死のパターンです。

でも、○○ちゃんが代車を付けて、大地を走れる可能性はまだある訳で、それが無理だとしても、ご家族と一緒に穏やかな時間を共有できる可能性はまだある訳で、なのに、アメリカでは安楽死が第一選択だなんて、なんだか悲しいことですね。

|

« 勘違いオバサンに辟易 | トップページ | 頭皮のマッサージに励む »

動物」カテゴリの記事

コメント

初めまして。柴犬が好きで、偶然こちらのブログを見つけてから、茶々が可愛くてちょこちょこ見に来てました。

助けてあげたワンちゃんのことを読んで、かわいそうで思わずコメントしたくなりました。
犬ってホントに飼い主さん大好き!ですよね。いじらしくて切ないです。
元気に回復して欲しいと願わずにいられません。

投稿: kaori | 2007年3月12日 (月) 21時19分

kaoriさんへ

初めまして!コメントをありがとうございます。茶々のこと、可愛く思ってくれてどうもありがとう♪

私が保護した柴ちゃん、とてもハンサムなんですよ。
一日も早く、お家に帰れる事を祈るばかりです。

kaoriさんのところにも柴ちゃんがいるのでしょうか。

投稿: めりはり | 2007年3月12日 (月) 23時35分

この子の生命力、まだ生きたいって思いが強かったんですね。


足を悪くした子が手作りだったり、特注だったりの車をつけているのを見た事があります。


アメリカはお国柄はもちろん、犬を飼う環境も違うので一概には言えないかもしれないけど、この子はまだまだ飼い主さんと一緒にいたそうだし、前足は動いてくれそうだし、退院した時にはきっとこの子と飼い主サンとの形が見つかるのではないかと思います。

めりはりさんの事もきっとニオイで覚えてるんでしょうね。

何だかうまく言えませんけどホント、良かったです。

投稿: ふーちゃん | 2007年3月13日 (火) 15時57分

ふーちゃんへ

そうですよね、退院した日から、また新しい絆が生れる気がします。

このワンちゃんの今後に幸多かれ!

投稿: めりはり | 2007年3月13日 (火) 20時49分

大変な手術やってなあ!ほんま助かって良かった。テレビでは、台車つけた犬が元気に嬉しそうに走ってるのを見たことがあります。食欲も出てきたなら、もー大丈夫かなあ!?負けずに頑張れ!!

投稿: あんずママ | 2007年3月17日 (土) 14時14分

あんずママさんへ

おととい、面会に行って来ました。食欲はドンドン回復しているみたいです。ただ、患部の化膿がなかなか止まらず、効果があると分かった抗生物質を取り寄せて、投与しているのだそうです。早く退院できるといいんだけどな。やっぱりお家がいいよね。

投稿: めりはり | 2007年3月18日 (日) 23時35分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 勘違いオバサンに辟易 | トップページ | 頭皮のマッサージに励む »