« 脂肪肝、セーフ!ほっ。 | トップページ | アトピーの授業 »

にわか先生三羽ガラス

今日は“にわか先生三羽ガラス”で、とある府立高校の福祉コースで「病気と共に暮らすということ」みたいなお話をさせて頂きました。

にわか先生三羽ガラスを紹介しますと・・・

脊髄小脳変性症のY氏(吹田難病連会長)

ベーチェット病のH氏(吹田難病連副会長)

そしてアトピー性皮膚炎の私(吹田難病連、運営委員かつアトピーメイクフレンズの会の事務局)・・・です。

生徒さんは高校2年生30名で、福祉コースを選択された人達です。

生徒さんは10人ずつ3つのグループに分かれ、そこに私達にわか先生が一人ずつ入り、1限目はグループ学習をし、2限目で学んだことを発表しました。

別々の教室で行ったため、あとの2グループがどのような勉強をしたのかなど、全く分かりませんでしたが、どのグループもおおむね真面目に聞いてくれたようです。

Y氏とH氏の難病はそれぞれ映画やドラマで取り上げられたこともあり、生徒さんは馴染みやすかったようです。

脊髄小脳変性症はテレビドラマ「1リットルの涙」、ベーチェット病は映画「解夏(げげ)」、テレビドラマでは「いとし君へ」という形で放映され、あっ、知ってる!という人も多いのでは?

今日の授業でも、最初ざわついていた生徒さんも、テレビや映画の話になったとたんに「うち、それ見たよー!」と興味を持ち、それ以降は集中して話に耳を傾けてくれたそうです。

やっぱり映像の力ってスゴイ!と思いました。

テレビや映画のヒロイン、ヒーローと同じ病気の人が今目の前にいる、あれはテレビの中の遠い世界の話では、決してなかったんだ・・・と気付いた瞬間だったのでしょう。

だれかアトピーのドラマを作ってくれーーー。

それも、ありきたりな治療法にのっとったドラマではなく、ステロイド離脱で、それこそぐちゃぐちゃになりながらも、周囲に支えられ励まされて、みごとに立ち直るドラマを!!!

と、心の底から思いました。

私はどんな話をしたのかって?

それは明日、報告しますね。

|

« 脂肪肝、セーフ!ほっ。 | トップページ | アトピーの授業 »

アトピー」カテゴリの記事

コメント

脱ステ@リバウンドの時のメイクは、ホラー映画顔負けのメイキャップだよね。^^;
ドラマができたらイメージソングを唄いたい。(笑)

投稿: はむ | 2006年12月 5日 (火) 09時19分

はむくんへ

ホント、ホント、私はメイクの指導係に立候補しようかな。

でも、、、そんなドラマ、スポンサーが付かないね、きっと。
プロデューサーも局を締め出されたりして・・・(^^;)

投稿: めりはり | 2006年12月 5日 (火) 11時15分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 脂肪肝、セーフ!ほっ。 | トップページ | アトピーの授業 »