« 2006年11月 | トップページ | 2007年1月 »

サヨナラ、2006年

今年もあと12時間となりました。

2006年はどんな年でしたか?

楽しかったこと、悲しかったこと、いろんなことがあったと思います。

辛い日々が続いている人もいるかもしれません。

でも、何はともあれこうして大晦日を迎えられたことは幸せなことなのでは・・・と思います。

さぁ、美味しく年越しそばを食らおうぞ!!! そして来年へのエネルギーを充填しようぞ!!!

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

[2006年・心残り]

<その1> ホームページ年内開設の目標が達成できなかったこと。

勉強し始めたのが春頃、それから少しずつ原稿を書き、ページを作り、今、4割方できました。アトピー、茶々、吹田市、花、山、のページを考えています。

テキパキとやれなかったのは自分。自業自得ですね。

来年の早い時期に、必ずや公開します!

あ~ぁ、公言しちゃったぞ、これでもう何が何でもやり遂げねば!

<その2> 夏にアルプス縦走に行けなかったこと。

来年は行くぞーーー!

[2006年・嬉しかったこと]

<その1>今年は茶々を通じて嬉しい出会いがたくさんありました。

個性あふれるワンちゃん達、そして彼等の飼い主さんもステキな人ばかり。

ありがとうございました。

来年も、犬と暮らす楽しさを分かち合っていければ幸いです。茶々共々、これからもよろしくお願いします。

<その2> 良い刺激をいっぱい頂きました。

私の周囲には、自分の特技を活かして活躍されている友達が大勢います。また、アトピーや難病に負けず、仕事を頑張っている友達もおおぜいいます。

そういう人達を近くで見ていると、「私もしっかり生きていかなくちゃ!」と猫背気味の背筋がピンとなります。

彼等に恥ずかしくない生き方を心がけようと思います。来年もどうかよろしく!

<その3>

私の写真がほんの少しですが、新しい方向に前進しました。

来年も時間を見つけて、撮りたいと思います。

<その4> ブログを開設しました

ここを訪れて下さる皆さん、本当にありがとうございました。

ついつい長文になりがちで、なるべく短くしなくちゃ・・・と思っているのですが、今日もしっかり長いです(^^;)

来年もどうぞよろしくお付き合い下さいませ。

では、皆々様、良いお年をお迎え下さい♪

| | コメント (4)

本日、腹三分目

先日、東洋医学の先生から「今の調子で食べ続けると、再来年は大変な事になりますよ。」と忠告されたので、今日から食養生モードです。

私って、人からガツンと言われると、心のスイッチをさっと切り替えることができるんですよね。>自分からすすんで出来るようになりましょう!

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

昨日、お昼に担々麺を食べる羽目に・・・。

「油っこいし、高カロリーやんかーっ!」と思いつつも、仕事でご一緒している人が食べたいとおっしゃるのでどうしようもありません。私は他のあっさりメニューにしようと思ったら、そこは担々麺の専門店、あちゃぁー、担々麺しかありません。

開き直って、美味しく頂きました。マジで美味しかったです。

が、思いっきり胃にもたれ、夕食はご飯とみそ汁だけにしたにも関わらず、お風呂に入る頃にはムカムカしてきました。

おお、ついにノロウィルスに感染かー!?と思ったほど。

結局今朝になってもいつもの爽快感はなく、よーし、そういうことなら今日は胃腸を休める日にしよう!と思い立ちました。

今日、私が口にした物

  •  7:00 ハトムギ茶  
  • 10:00 リンゴ3切れ
  • 13:00 お粥子供茶碗1杯、干し椎茸とこんにゃくの煮付け2切れずつ、梅干し1個
  • 15:30 椎茸の戻し汁ととろろ昆布のお吸い物(味付けは塩)
  • 18:00 ご飯子供茶碗1杯、高野豆腐(小)2個、ニンジンと水菜を少々、みそ汁

プチ断食をしようかとも思ったのですが、断食明けがお正月というのはちょっとキツイ。

お正月に自分だけおもゆだなんて~、イヤだーーーー。

| | コメント (0)

「大奥」で仕事納めでございますぅ~

仕事納めの今日、いつもの人と仕事で映画「大奥」を観ました。

何と言っても、女優さん方とお召し物がキレイ~!!!

生島新五郎役の西島秀俊さんが好きなんですよね~。

今回の役は特に色っぽくてステキでした。

ただ、ストーリーに深みが足りなかったかな・・・という印象です。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

今年の後半からは、仕事をしているのは1週間に2日ほどでしたが、1年間、事故なくガイドヘルプできたこと、心からホッとしています。

また、私に依頼し続けてくれた利用者さんに心から感謝しています。

また気持ちを新たにして、来年も仕事に当たろうと思います。

| | コメント (2)

おそるべし!東洋医学の達人

「う~む、これは、いろんなモノを、まんべんなく食べ過ぎてますね。」

当たってるから、思わず吹き出してしまった。

約4ヶ月ぶりに診療に訪れた私の身体を診て、東洋医学の先生が口にした第一声だ。

続けて

「特にお肉を食べ過ぎているという訳ではないけど、ご飯、パン、麺類、高カロリーの物など、ありとあらゆる物を食べすぎましたね。一日四食ぐらい食べてませんか?」

と来た。

いくらなんでもそこまでは、、、でも、間食を入れたら一日四食の日もあるよ~。

高カロリーの物というのは、クリスマスケーキでしょう。友達とのイタリアンランチが続いたことも影響大かな。おまけに、昨日の夕食は大好物のカレーライスで、たっぷりおかわりしたし。

いつもの事ながら、なぜそこまで分かるんだろう???

舌の表裏を診て、身体のあちこちを触診して、いつもズバッと言い当てる。

ひょっとして、背中や腰周りの贅肉が増えたのかな!?

先生曰く、たくさん食べたところで、身体に必要なものが身に付くのではなく、余分な物が蓄積されるだけなんだって。それじゃぁ、病気も治らないし、身体の状態も良い方には向かわないよね。

それに、食べ過ぎていると、冷えは一向に解消されないんだって。

女性特有の病気である子宮内膜症や子宮筋腫の原因は、“冷え”以外の何者でもないんだって。(ストレスも少々関係あり)

人間、血の巡りがすべて!それが滞ると冷えが生じて、病気という形で現われる。

みなさん、くれぐれも腹八分目に!いえ、腹六分目でもいいかも。

えっ?私は明日からどんなふうに食生活を変えるのかって?

先生が言うには、お腹の虫がいくら鳴いても、、、

  • すぐに何かを口にしない
  • どうしても我慢できなければ、お茶を飲んだり、昆布を噛む
  • 食べるときは、食欲に任せてガツガツしない
  • 時々プチ断食をする

はぁ~?お茶を飲む~?昆布を噛むだぁー?!そんなの、超ひもじい・・・(>_<)

とりあえず今晩から

  • ごはんのおかわりはしません
  • お腹がグーと言っても、食パンを一枚ペロリを食べたりしません
  • よく噛みます
  • 洋菓子、和菓子の回数を減らします。食べたくなったら黒砂糖のかけらを食べてごまかします
  • お正月が過ぎたら、プチ断食をします

なんか、子供の誓いみたいで恥ずかしいなぁ。

でも、先生から、このまま行くと、来年はなんとかもつけど、再来年は大変な事になると言われたので、頑張ってみるつもり。

ああ、喉元過ぎれば熱さをすっかり忘れるこの性分、なんとかせねば~。

| | コメント (4)

お掃除withベイシティー・ローラーズ

はぁ~、しゃぁない、やるか・・・ということで、本日は風呂場の大掃除。

いつ切れてもおかしくない、20年以上前のベイ・シティー・ローラーズのカセットを聴きながら。。。

はなまるマーケットのオープニングでおなじみの、「I Only Want To Be With You」などは、イントロが流れただけで、俄然やる気が出てきます。私って単純。

風呂場のあちこちをこすりながら思いました・・・。

なぜ私はこんなにカビがはびこるまで放っておくんだろう?

なぜ娘は空っぽのシャンプーの容器を、いつまでも放置しているんだろう?

なぜ私は、汚れたら気軽に捨てようと思って買った百均の椅子を、ピカピカに磨いているんだろう?貧乏性なのかな。

なぜ洗い場の床のまだらな汚れは落ちないんだろう?←どなたか良い方法を教えて下さい m(_ _)m

台所と同様、今の家は風呂場の掃除も超らくちんでした。

普段から風通し良くしてあるので、カビている箇所もドアの下の方と、棚の下ぐらいなもんでした。その部分は凄かったけどね(^^;)

壁や天井にはカビはなし!シンジラレナーイ!

それにパネルだからささっと拭くだけでキレイになるなんて、簡単で感動的です。

と言うのも、前とその前の家の風呂場はコンクリートの壁と、木の天井だったので、

カビ&汚れがこびりついて大変でした。(またかぃ!?)

壁と天井にカビキラーを吹きかけ、しばらくそのままにしておくのですが、ポタポタ落ちてくるので、それが服にかからないよう私はつばの広い麦わら帽子をかぶり、首にはタオルを巻き、口にはマスク、完全防備です。

しかも拭いただけでは汚れは落ちず、タワシでゴシゴシやってましたね~。

思い起こせば、私の実家の掃除などはもっと凄まじかったなぁ~。

こうやって家もどんどん様変わりしてゆくのですねー。時代の流れを感じます。

簡単ににキレイになるのだから、来年はこまめな掃除を心がけようっと。

ここが終の住処となるかどうかはまだ分からないけれど、どっちにしても家は汚いよりキレイな方がいい、要らないは捨て、整理整頓を心がければよい運気も入ってくるというものです。

| | コメント (5)

高くついた昼ご飯

仕事を終えて遅めの昼食を摂るためにそば屋さんに入りました。

もうお腹はペコペコ、腹の虫が泣きやみません。

本日のサービスセットは、天丼+ざるそばの“天丼セット”680円か~、天丼の具がちょっとしょぼいけど、この値段じゃぁ、仕方ないか。天ぷら、久しぶりだなぁ~♪

と言うことで、“天丼セット”に決めました。

注文して少し経った時、ふと思ったんです。

「あれ?私、“天ざるセット”と言ってしまった気がする!」

今から訂正するには時間が経ちすぎてるし、言い間違えてないかもしれないし、まぁ、待つしかないか。

しばらくして、私の席に運ばれてきたのは、豪華な天ぷら1人前+ざるそば+炊き込みご飯・・・・・、そう“天ざるセット”なのでした~。

はぁ~、400円ほどUPしちゃったよーーー。

まぁ、いいか、美味しかったし♪

| | コメント (0)

お掃除withサラ・ブライトマン

しゃぁない、やるか・・・、ということで、今日は台所の掃除。

BGMは世界の歌姫、サラ・ブライトマンの売れまくったCD「DIVA」

お気に入りの曲を聴きながら、ノリノリで掃除するのがわが家流。

彼女の歌声は荘厳で、宇宙的な広がりを感じます。

私はオペラにもクラシックにも疎いのですが、どこかで聴いたことがある曲ばかりで、何度聴いても飽きが来ない一枚です。

「オペラ座の怪人」は有名ですね、TOYOTAの高級車「マークX」のCMに起用されていた「A QUESTION OF HONOUR」は大好きです♪

映画「タイタニック」のカバー曲がかかった時にゃぁ、まるで自分が船の舳先(へさき)にいる気がして、高いところを拭くために上った椅子の上で、思わずローズのあのポーズをしてしいました、雑巾片手に、、、(^^;)

思えば、前とその前の家の台所の大掃除は大変でした。

ひとえに普段サボっている私のせいなのですが、、、

換気扇は原始的な扇風機タイプだったし、コンロの真上のダクトは木製の囲いだったし、台所の側面は全てタイルだったし、ガスコンロは日頃の汚れがコッテコテ!シンクの中も木製の簡単な棚があるだけで、湿気のために木が変形してたりして、とにかく古かった。

もう、やることが盛りだくさん!真冬なのに汗かきながら掃除してました。

「今どき、こんな原始的は台所を、念入りに掃除できる機会を与えられた私は、ある意味貴重な体験をしているのだーーーー!」と自分に言い聞かせつつ、約18年間格闘してきました。

でも、今の家はらくちーん。

いまどきの台所の側面はパネルだし、コンロもIHクッキングヒーター、油汚れもちょっと強めに拭けば落ちてしまう。

クッキングヒーターの焦げたような汚れはちょっと手強いけど、ラップをくしゅくしゅと丸めたモノにクレンザーを少しつけてこすると、あらら、みるみる落ちました~。

掃除は、きっと一生嫌いなままだと思うけど、掃除をすると気持ちもスッキリ!

あとは洗面所とお風呂だワン。←また後日(^^;)

| | コメント (2)

「軽井沢のボーイ」を読んで

「軽井沢のボーイ 少年という名の犬とすごした4年半」 海老原靖芳著を買ったことは昨日のページに書きました。

読み始めの予感通り、今日、一気に読み終えました。

読み終えて4時間ぐらい経ちましたが、悶々としています。

著者は有名な放送作家、その文章は「さすが~!」とうなるほど上手く、かつ面白く、冒頭からぐんぐん引き込まれました。

わが家にも犬がいるので、様々なシーンで共感でき、大掃除もそっちのけで、時間を忘れて読みふけりました。

私が時々大笑いするものだから、娘が「そんなに面白いなら、うちも読んでみようかな。」と言ったほどです。

ところが、、、著者の愛犬・ボーイ君が病気になり、だんだん悪化するあたりから、読んでいて違和感を感じるようになりました。

ネタバレになるので詳しくは書きませんが、最後の方は腹立たしささえ覚えました。

著者とその奥さんの選択には、どうしても、どうしても、賛同できないのです。

ボーイ君が亡くなった直後の彼等の行動にも首をかしげました。

私ならこういう選択はしない、絶対に。。。

読み終わった直後は、愛犬を亡くした著者夫婦のためではなく、ボーイ君のために涙がこぼれました。

「読むんじゃなかった」とさえ思いました。

腹立たしさを堪えて、食器を洗い、胸に小骨がひっかかったままお風呂に入りました。

持てる限りの想像力を駆使し、もう一度考えてみました。

もし茶々だったら・・・と考えてみました。

それでも、やっぱり私には同じ選択はできないと思います。

ただ、さっきと違うことは、そういう選択をする人も大勢いるだろうな、と思えるようになったことです。

そして、「私ならこういう選択はしない」、と言い切りましたが、それも茶々がピンピンしている今、口にしたところで、何の信憑性もないことですよね。

そう気付きました。

そしてこれを書いているうちに、ほぼクールダウンし、今では、著者夫婦の悲しみがどれほど深いかがひしひしと伝わってきて、切ないです。腹立たしく思った事は取り消します。

ボーイ君、どうか安らかに・・・。

| | コメント (0)

時間を忘れるジュンク堂書店

大阪梅田からちょっと歩くけど(10分ぐらいか?)、堂島にあるジュンク堂書店がお気に入り。1~3階まで、とにかく広いし、各ジャンルがとても充実してる。この書店で捜し物が見つからなかったためしはない。

店内がごみごみしていないのが良い!お客さんが少ない訳ではなく、通路や棚と棚との間隔が広いんだと思う。

そして何より、各フロアの端っこにテーブルと椅子がいくつもあって、心ゆくまで立ち読みならぬ“座り読み”ができるところが嬉しいね♪

ただ、いつも満席でがっかり、でも今日は空いていた!

おいおい、あの席は本来ならじっくり本を選ぶのに使う場所、堂々と読むんじゃありませんっ!分かっちゃいるけど、今日はほぼ一冊読み切っちゃた(^^;) 

でも、ちゃんと一冊買ったので許してもらおうっと。

本日座り読みした本は「カリスマ訓練士・藤井聡の犬にバカにされない飼い主になれる魔法の育て方」藤井聡著 日東書院本社。

むむむ、ひょっとしたら私も茶々にバカにされているかも!?と思い当たる項目がいくつか・・・。これはいかん!

茶々にデレデレの夫は、この本を読んだ限りでは完全にバカにされている・・・。

そして、本日買った本は

「軽井沢のボーイ 少年という名の犬とすごした4年半」海老原靖芳著 牧野出版。

愛犬との出会いと別れを描いたエッセー。

「著者は、妻に押し切られて苦手な犬と暮らし始めるが、そのけなげさと人懐っこさに次第に心を開いていく。しかし、かけがえのない存在となったのに、突然の別れが訪れる。著者はとんねるずやザ・ドリフターズなどのコンとの台本を書き、よしもと新喜劇の脚本などを手がける放送作家。愛犬との絆を描いた心温まる文章は切ない。」

この本の紹介文を読んだだけで、なんだか胸がいっぱいになる。

早速帰りの電車の中で読み始めた。まだ“ボーイ”は登場していない。

なんだか一気に読んでしまいそうな予感がする一冊だ。

とにかくジュンク堂にいると、2~3時間はすぐに経ってしまうのだ。

| | コメント (0)

右手がえらいこっちゃ!&超あったかスリッパ

Pc200479 これ、今日の私の右手。ピンぼけですね、すみません。

しもやけで、特に人差し指がパンパンになっちゃった。

あと中指と小指も少々・・・。

Pc200480 こっちは左手。

言うほど変わらんってか?

今年は暖冬なのに、ここ数年ではもっともひどいしもやけに見舞われてしまった。

なぜだろう???しかも右手だけ。

寒い部屋の隅っこで、氷のような手になりながらキーボードを叩いたり、年賀状の宛名書きをしたのがいけなかったのかな。

例年、手指同様、足の指もしもやけになるんだけど、今年は今のところなし。

その訳は、これ!

Pc200481 外側は、フリースよりもっとフワフワの素材で、内側は起毛になってるの。お風呂上がりに毎日素足ではいているんだけど、布団に入るまでの約1時間半の間、足はぽっかぽかのまま!もう感動的!!!

去年までは、お風呂上がりに靴下&スリッパを履いても、寝る頃には足が冷たくなっていて、湯たんぽを使っていたんだけど、今年は湯たんぽ要らず。

ホントに大助かり。

これ、「COCO」だっけ?そこいらによくある靴下屋さんで、400円ぐらいだった。

冷え性の人、よかったらお試しあれ。

実はこれを真似て、フリース生地の手袋の指先部分だけ切り取ったものをはめてキーボードを打ったり、宛名書きしてるけど、時すでに遅し・・・って感じ(^^;)

| | コメント (8)

お風呂で爆睡

またやってしまった。

湯舟で気持ちよ~く浸(つ)かっている間についウトウト・・・zzzzz

湯舟の縁に頭を乗せて、脚を伸ばして、腕は湯の中に投げ出して・・・、無理のない体勢なので、15分ぐらい居眠りしても問題なーーーし。

子宮の中って、こんな感じなのかな、、、なんてふと思ったりして。

うちの家は謙遜でも何でもなく、マジで狭い土地に建っている、しかも建て売り住宅。

当然のことながら、廊下も、階段も、トイレも、洗面所も、各部屋も狭い。

だけどお風呂だけはゆったり仕様になっている(特に広い訳ではないんだけどね)。これは設計士さんのこだわりだと不動産屋さんから聞いた。

「ゆったり浸かれるお風呂は、日本人の元気の源ですから」と。

その設計士さんに感謝だ。

気持ちよーく眠っていると、「生きてるか~?」と階上から声が・・・。

おっとっと、今日は30分近くも時間が過ぎていた(^^;)

| | コメント (2)

年賀状には自分の事を書こう!

12月も半ばを過ぎたというのに、今年はまだ年賀状の準備を何一つしていませでしたが、今日、ようやく取りかかりました。

私は子供の頃から筆まめで、年賀状は飾り文字とかいっぱい入れて、はりきって書いたものです(^^)

毎年私の年賀状は3種類。

1.山友達に出すもの(お気に入りの山の写真と、登った山を記述します)

2.家族ぐるみの知り合いに出すもの(家族4人のコメントと写真を載せます)

3.主にアトピー仲間や難病連絡会のメンバーなど、私だけの知り合いに出すもの

2はなかなか好評で、「うちも真似をさせてもらいました~」とか「お宅の年賀状を毎年楽しみにしています」とおっしゃって下さる方が何人かいます。

年賀状は近況を伝え合う、年に一度の貴重なチャンス。

表裏共に定番の印刷文字だけなんて淋しいですよね。

よく、「お元気ですか?」と書いて下さっていますが、年賀状には、相手を気遣う言葉より、自分を語る一言を書いて欲しいなぁ~と思います。

たった一言でもその人の暮らしぶりが分かる言葉が添えられていたら、その人のお顔を思い出すと同時に、心がポッと温かくなります。

「今年は“果報は寝てまて”の精神でいきます!」とか、「今年の目標、腹八分目」とか、

思わず吹き出すような一言に出会えると、嬉しくなります。

「ああ、○○さんらしいなぁ~」とか、逆に「ええっ?こんな事を言う人だったっけ?」みたいな驚きもあったりして・・・。

もう何年も会ってない人や、普段は全く音沙汰なしの人でも、そういう「一言」の積み重ねで、何年もつながって来ているような気がします。

来年のお正月にはどんな一言に出会えるか、今から楽しみです♪

その前に、自分の年賀状を仕上げなくちゃ。

| | コメント (0)

ゴキブリは強敵だ!

自殺を考える程、ゴキブリが怖い人がいるなんて、想像もしませんでした。

新聞の人生相談コーナーに先日30代の主婦の人から下記のような相談があったんです。

「ゴキブリが怖くて仕方ない。今年は春から夏にかけて60匹ぐらい出て、先日も見かけた。ゴキブリのことで自殺も考える。持ち家だから引っ越せない、怖くてたまらない。」

そして、それに対する反響がすごいらいいのです。

「気持ちがよく分かる」「私も大嫌い」「深刻な悩みに涙が出た」などなど。。。

60匹は確かに多いし、大嫌いな人にはショックでしょう。

でも、ゴキブリで死んじゃダメだよ~!ゴキブリさん達には悪いけど、彼等に死んで頂きましょう。工夫すれば少なくなるし、やがては出なくなるから~!

わが家は愛犬・茶々が来るまでは、義母が手作りしてくれたホウ酸団子を家中に置いていました。

効果抜群で7年ぐらいの間、一匹も見ませんでした。

でも、茶々がいる今は、毒性の強いホウ酸団子は置けません。

誤って食べたら大変ですからね。

すると、とたんに出ました出ました!今年の夏は成虫3匹、幼虫(?)3匹見ました。

すべて私がしとめました。

ゴキブリを見て高2の娘が「ギャーーーーッ」というのは、まぁ、許せます。

なぜに19歳の息子までそう叫ぶのでしょう!?

夫などは「ムダな殺生はしない主義やから・・・。」とのたまって、どこかへ行ってしまいます。

私も決して平気な訳ではなく、心臓バクバクさせながら、時に絶叫しながら、ゴキブリと対決するのです。

奴らはこっちめがけて飛んでくる勇敢な一面を持っているので、怖いのです(>_<)

(私は中学生の時、ほうきの柄で、飛んできたゴキブリを叩き落とした事があります。)

そして、取り逃がすことなく、必ずしとめますが、その後がまたイヤなんです。

場合によってはまだヒクヒクしている瀕死の彼等を、感触が伝わらないと確信できる量のティッシュでつかみ取り、ビニール袋にポイッ、そしてギュッとしばります。

はぁ~、やれやれ。一気に脱力します。

ゴキブリが死ぬほ怖い人には、本当に深刻な悩みなのでしょうね。

やっつけることはできないでしょうし、部屋のどこかにいると分かっていながら、そこで時を過ごすこともまたできないでしょうから。。。

どうか自家製のホウ酸団子を試してもらいたいものです。

| | コメント (3)

「武士の一分」観ました!

今日は仕事(ガイドヘルパー)で映画「武士の一分」を観ました。

まさに藤沢周平ワールドですねー。

前評判通りの、「観てよかった~」と思えるステキな映画でした。

観終わった時、私も明日から、ちゃんと掃除をして、頑張って美味しい料理を作ろう!と決意を新たにしました。すでにその決意は揺らぎ始めていますが・・・。

ついつい家の外ばかりに目が向いてしまいますが、何気ない日々をきちんと暮らす、その基盤はやっぱり家庭なんですよね。

そんなことをふと考えさせられた映画でした。

キムタク、頑張ってましたねぇ。

宝塚歌劇団出身の壇れいさん、キレイだし、演技力もバッチリだし、ステキでした~。

そして何より、二人の身の回りの世話をする役を演じていた笹野高史さんが最高の味を出していました。この人、何度も顔は見ていましたが、名前までは知りませんでした。

ですが、もうしっかり覚えました。

私が審査員なら、間違いなく助演男優賞です。

今日の映画館は、一般の人はエスカレーターで劇場に上がっていくのですが、私達はいつもエレベーターを使わせてもらいます。案内してくれた人によると、最近は日本の映画が頑張っているそうです。なかなかの集客数だとか。

なんか嬉しいですね♪

今なら「手紙」もなかなか好評だそうですよ。

今月中にもう一本、今日ご一緒した人と「大奥」を観る予定です。

「美味でございますぅ~~~」のトリオ、出演してるかな(笑)。

| | コメント (0)

¥145,513

タイトルの数字は一年間にかかった茶々の医療費です。

去年の10月から今年の10月までの分。

うーん、けっこうな額だなぁ・・・。

今年は避妊手術の出費が大きかったなぁ。(¥49,245なり)。

あとは、お決まりの予防接種と月一のフィラリア&ノミ予防の薬代、それと一時期ひどかったアレルギー性皮膚炎の治療費かな。

うちの場合、動物保険が使えるようになったのが今年の7月からで、それまでの8ヶ月はまるまる自分持ちだったんです。

7月以降は、病気の場合は保険が効くので支払額は50%で済みます。

掛け金は一月1,890円です。

掛け金が高くなるけど、治療費の100%、70%が戻ってくるプランもあります。

うちは色々考えて、50%にしました。半分でも大助かりです。

人間の場合と違って、犬はちょっとした検査でも万札が飛んでゆきます。

血液採取によるアレルゲンの検査をしたとき、まだ保険に入る前だったこともあり、約2万円かかるという先生の話に目玉が飛び出ました(人間でも保険が効かなければ同じぐらいかかるそうですが・・・)。

もっと早くに保険に入っていれば1万円で済んだのに~と悔しがったものです。

ガンなどの大変な病気に罹ると、一回の診療で万札が4~5枚飛んでゆくこともあるとか。

病気になってからでは保険に入れないことも多いし、年齢と共に掛け金が高くなるし、

できれば元気で若いうちに入っておいた方が賢明のような気がします。

もちろん、病気やケガをせず、いつまでも元気でいてくれることがなによりなのですが・・・。

| | コメント (3)

30年来のファンなんです!

告白します、私、中学時代から中島みゆきさんの曲が大好きなんですっ!

10代、20代の頃は(ホントは今も少し)「中島みゆきのファンなんです」と言いづらかったなぁ。中島みゆき=暗い、というのが世間一般の印象だったから。。。

それもこれもすべて

♪道に倒れて誰かの名を呼び続けたことがありますか~?♪

というあの有名な歌のせいだーーー。

そんな体験、普通はないっちゅうねんっ!ファンでも突っ込みたくなるよ。

彼女の歌でも、男女の別れや恨みを歌った曲は嫌い、メッセージソングっぽいのが好き。

近年、「地上の星」や「銀の龍の背に乗って」などロングヒットを飛ばし、つい最近もTOKIOに提供した「宙船(そらふね)」が大ヒットするなど、昔「暗い」と敬遠していた人達にも支持されつつあるのかも・・・と思ったりして。そう思うのはひいき目か?

中島みゆきの曲について語るには一晩あっても足りない。

歌詞は文学的な魅力にあふれているし、編曲がまた良いの!

彼女の曲は、ちょっと大袈裟に言うと「魂に響く」感じがするの。

元気づけられる、とか、癒される、とか、そんな生ぬるいものじゃなく、心の奥深くに、ズーーーーーンと響く感じがするの。

好きな曲は山ほどある・・・

「歌姫」「永久欠番」「たかが愛」「誕生」「二隻の舟」「ヘッドライト・テールライト」「空と君のあいだに」「EAST ASIA」「ファイト」「北国の習い」「小石のように」「あした」「五才(いつつ)のころ」「愛から遠くはなれて」

他にもたーーーくさん!

中でも次に紹介する曲は、「出会うべくして出会ったんだなぁ~」と感じる人に、立て続けに出会っている私にとって、実に共感できる曲。

数年前にMr、childrenがカバーしたから知っている人もいるかも。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

「糸」

なぜ めぐり逢うのかを 私たちは なにも知らない
いつ めぐり逢うのかを 私たちは いつも知らない
どこにいたの 生きてきたの 遠い空の下 ふたつの物語
縦の糸はあなた 横の糸は私
織りなす布は いつか誰かを 暖めうるかもしれない

なぜ 生きてゆくのかを 迷った日の跡の ささくれ
夢追いかけ走って ころんだ日の跡の ささくれ
こんな糸が なんになるの  心許なくて ふるえてた風の中
縦の糸はあなた 横の糸は私
織りなす布は いつか誰かの 傷をかばうかもしれない

縦の糸はあなた 横の糸は私
逢うべき糸に 出逢えることを 人は 仕合わせと呼びます

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

私はすでに、自分のお葬式にBGMとして流してもらうみゆきさんの曲を集めた「My favorite song 大全集」のカセットを用意しているの。

今どきカセットというのはちょっと・・・、せめてCDに入れ直さなくちゃね。

| | コメント (8)

しもやけおててが、ああ痒い♪

私、四十を過ぎた今でも足と手の指にしもやけができるんです。

けっこう好きなんです、しもやけ。>一生なってればっ。

暖かい部屋にいるときの、あの何とも言えないむず痒さ、暖かい部屋から寒い場所に移動したときに起こる、あの締めつけるような痛さ・・・どっちも微妙に心地よい。

しもやけ体質を改善したいけど、しもやけのない冬はなんだか淋しい、いったいどうしたいの?ですよね(^^;)

しもやけができるなんて、よほど抹消血液循環が悪いのだろうと思っていました。

確かにそれもあると思いますが、はたと気付きました。

うちって、室温が低すぎるのです・・・。

寒いなぁ・・・と感じる日は、たいてい10度前後です。

真冬には8度とかになります。

暖房器具は居間のホッとカーペットのみです。私が長時間過ごす台所は今のところ何もなしです。もっと寒くなると、電気ストーブが登場します。

居間にこたつを置きたいけど、狭くて足の踏み場がなくなってしまうので無理なんです、トホホ。

手足は氷のように冷たくなるけど、身体はいっぱい着込めば寒いとは感じません。

それでもしもやけ防止のためには、暖房して、部屋全体を暖かくすべきなんですよね、きっと。

少し前、かなり冷え込んだ日が数日間ありましたが、その時にさむーい台所のすみの窓際でパソコンを長時間やっていたら、翌日しもやけで手の指が腫れました(^^;)

最近は暖かいので、治ってきましたが。。。

暖房すれば良いのですが、ヒーターは空気が乾燥して肌がパリパリになってくるので、気がすすみません。

それにほっぺただけがやたらと真っ赤っかになるんです。田舎っぺ大将かアンパンマンみたいです(^^;)

いくら室内に洗濯物を干しても、皮膚の表面がカサカサしてくる感覚が生じ、手が痒くなってきます。

ガスストーブは乾燥しないのかなぁ?

石油ストーブは経済的だし、暖かいけど、臭いし、ちょっとめんどう。

この冬は暖冬だとか、ホッとカーペットと電気ストーブでなんとか乗り切るとしますか。

| | コメント (3)

「手作り」って、あったかい♪

Pc090458 わが家の階段の途中にある小窓です。

左側のトナカイさんは友達の妹さんの手作りです。

頂いちゃいました。どうもありがとう!

つぶらな瞳でとても可愛いの♪やっぱり鼻は赤いのね。

この画像ではバックが黒っぽくて見えにくいのですが、立派な角がありますよ~。

右側は前にも紹介した私の妹の手作りプレート。

両方とも手のひらサイズなのですが、存在感は大きいです。

階段を上ったり降りたりするたびに、季節を感じ、HAPPYな気持ちになれます。

どちらも大切にしようと思います。

| | コメント (5)

肩越しに手をつなげますか?

最近上半身が運動不足かも~。

朝晩の茶々の散歩とたまの山登りで、下肢の運動はバッチリ!

でも、改めて考えてみると、私の日常生活の中には、腕を大きく動かしたり、回したり、胸を張ったり、上体を反らせたり、そういう類の動き、ないなぁ~。

茶々がわが家に来るまでは週一のペースでバレーボールをやっていたから、全身くまなく指の先まで動かしてた。

ところがこの1年はどうだ?さっぱりだ~。

たまーに、思い出したようにストレッチはしてるけど、全然足りてないと思う。

なんか、腕を回すと違和感があるし、このままでは将来五十肩になってしまいそう(>_<)

と、言うことで、本日はお風呂で半身浴+念入りにストレッチ♪

気持ちもゆったり、身体もほっこり、やっぱり伸ばすって気持ちいい。

ところで、肩越しに背中側で左右の手、つなぐことができますか?

私はどっちの手が上でも、けっこうしっかりつなげますが、上半身のストレッチをサボっていたせいか、今日久々にやってみると、左手が上になったとき、ありゃ、ちょっとつなぎにくいやんかっ!となりました。

左手が上の時も右手が上の時も、同じ程度につなげることが大事だとか。

つまり、左手が上の時はしっかりつなげるけど、右手が上だと指先が触れる程度・・・という具合に、左右で差がある場合は身体が歪んでいるんだって。

つなげない人は、肩関節がなかり硬くなっているそうな。

皆さんも時々チェックしてみては?

| | コメント (4)

これほど減っているとは・・・

知らなかったー、スキー人口が激減していること。

スノーボードに押されて、少しは減ってるんだろうな~とは思っていたけれど。。。

なんでも、93年度に1770万人だったスキー人口は2005年度には710万人にまで減ってしまったそうだ。同年度の長野県内のスキー場利用者もピーク時の4割まで落ち込んだとか。

こういったことを受けて、JR西日本は今冬「シュプール号」の運行を取りやめるそうだ。ピーク時は35万人をゲレンデに運んだそうだが、昨シーズンは、なんとたったの1万人。

高速道路が延び、マイカーやバスにスキー客を奪われたことも影響しているそうだ。

文教大学の山田教授は

「バブル後の不況下で育った若者は、金と時間をかけて技術を磨くレジャーを好まない傾向が強く、スキーを敬遠した。夜行列車に長時間揺られることも、ライフスタイルに合わなくなったのではないか」とコメントしている。

手っ取り早く楽しめるものを選ぶってことか・・・。

そう言えば、寝台特急も次々と運行中止になってきてるね。

かつて寝台特急は2度、夜行列車は3度利用したことがあるけど、心地よい揺れと「ガタン、ガタン」という列車特有の音を感じつつ眠りに落ちてゆくあの感じが私は大好き。

「夜行列車」という響きもなんか、こう、ワクワクするものがあるし (^^)

スピードを重視している時代ゆえ、淋しいけれど、これも仕方がないことなのかな。

スキーは未体験。でも、いつかはやってみたいスポーツなんだよね。

私のことだから、きっとハマル気がする。

お金と時間に余裕ができたらぜひともチャレンジしてみたいな。

その頃のゲレンデはがら空きかもしれないね。

| | コメント (4)

アトピーの授業

とある府立高校で、福祉コースを選択した生徒さんに「病気と共に暮らすということ」について授業をさせて頂いたことは、昨日書いたとおりです。

今日は、アトピー組10人の生徒さんとどんな時間を共有したのかについて書こうと思います。

我がアトピー組は家庭科室での学習となりました。

この教室は床がカーペットで、そこにお日様が差し込み、とても気持ちよさそうだったので、椅子と机を出すのをやめて、カーペットに座り込んでの学習会にしました。

用意した資料は、下記の4点で、私も入っているアトピー・メイクフレンズの会のメンバーの意見も取り入れて作りました。

  • アトピーとはどういう症状が出るのか、原因として考えられることは何なのか、治療法はどんなものがあるのか、、、を書いたもの
  • アトピーで辛いこと、困ることを具体的に列挙したもの
  • 頭に来る体験、悲しい思いをした体験を書いたもの
  • アトピーってそんなに悪くないかも・・・という事を書いたもの

私が喋るばかりでは居眠りする子が出てくること間違いなしなので、どんどん質問を投げかける形で授業を進めました。

資料を見る前に、「アトピーの人が、学校生活で困ることってどんなことだと思う?」と順番に一人ずつ挙げてもらいました。

さすがに10人目の生徒さんは「うーん、もう思いつきません。」となりましたが、みんなちゃんと考えてくれ、水泳や体育の時間が辛いのでは?とか、クラブ活動が思いっきりできないのでは?とか、彼等の意見はどれもアトピーに当てはまるものでした。

その後はおおむね資料に沿って、自分や友達の体験を話しました。

8月中旬に岩手県で起きた「ミイラ人間来店」事件も取り上げました。

これは男子大学生がバイト先で、お客としてやってきたアトピー患者(包帯で顔や腕を覆っていた)を隠し撮りし、インターネット上で「ミイラ人間来店」「臭い、臭い」などと、中傷する記事を何度も流したという、腹立たしい出来事です。

また、友達がアトピーのひどい症状を隠したり、痛みを和らげるために、帽子、マスク、首にはガーゼ、そして手袋という出で立ちで店内を見てまわっていたら、万引き犯と誤解された話や、タクシーの運転手さんから怪しまれ途中で「もう、降りてくれ!」と言われた話もしました。

そして、最後に、アトピーも悪いことや辛いことばかりじゃないのよ、という話をしました。

「私達がそんなふうにアトピーを肯定的に考えられるようになったのは、そう思わせてくれる人が身近にいたからです。

どんなにアトピーがひどくなっても、いつもと変わらず、普通に接してくれた家族や友達、それとなく気遣ってくれた職場の人達・・・そういう人達に支えられて今の私達が在るのです。

私達患者も「分かってくれない」とすねてばかりいてはいけないし、分かってもらう努力もしなきゃいけないし、しんどいときは「ちょっと手伝って」と言うことも大事だと思います。少し手伝ってもらえたり、分かってもらえるだけで、乗り切れること、けっこうあるんですよ。」

・・・というような事です。

生徒さんの感想をいくつか紹介します

  • アトピーで眠れないことがあるなんて、知らなかった。
  • 身近にアトピーの人がいないから良く分からなかったけど、今日の話で少し分かった気がする。実際に体験した人の話を聞けて良かった。
  • 日常生活の中で大変な事がいっぱいあるということが分かった。手の指が切れているのがとても痛そうだった。
  • アトピーは痒いという印象しかなかったが、アトピーが原因で仕事が続けられなくなったり、スポーツができないこともあると分かった。
  • 病気は悪いことばかりじゃないと思った。
  • この先、アトピーの人と出会ったら、普段通りに接しようと思う。
  • ボクもバイトで手が切れて痒くなるので、気持ちがよく分かる。

何かひとつでも心に響いてくれてたらいいなぁ~。

この先、アトピーの人と出会ったとき、今日のことを思い出してくれたら嬉しいなぁ~。

若い人達とこういう時間を持つことができ、とても嬉しく思った一日でした♪

| | コメント (6)

にわか先生三羽ガラス

今日は“にわか先生三羽ガラス”で、とある府立高校の福祉コースで「病気と共に暮らすということ」みたいなお話をさせて頂きました。

にわか先生三羽ガラスを紹介しますと・・・

脊髄小脳変性症のY氏(吹田難病連会長)

ベーチェット病のH氏(吹田難病連副会長)

そしてアトピー性皮膚炎の私(吹田難病連、運営委員かつアトピーメイクフレンズの会の事務局)・・・です。

生徒さんは高校2年生30名で、福祉コースを選択された人達です。

生徒さんは10人ずつ3つのグループに分かれ、そこに私達にわか先生が一人ずつ入り、1限目はグループ学習をし、2限目で学んだことを発表しました。

別々の教室で行ったため、あとの2グループがどのような勉強をしたのかなど、全く分かりませんでしたが、どのグループもおおむね真面目に聞いてくれたようです。

Y氏とH氏の難病はそれぞれ映画やドラマで取り上げられたこともあり、生徒さんは馴染みやすかったようです。

脊髄小脳変性症はテレビドラマ「1リットルの涙」、ベーチェット病は映画「解夏(げげ)」、テレビドラマでは「いとし君へ」という形で放映され、あっ、知ってる!という人も多いのでは?

今日の授業でも、最初ざわついていた生徒さんも、テレビや映画の話になったとたんに「うち、それ見たよー!」と興味を持ち、それ以降は集中して話に耳を傾けてくれたそうです。

やっぱり映像の力ってスゴイ!と思いました。

テレビや映画のヒロイン、ヒーローと同じ病気の人が今目の前にいる、あれはテレビの中の遠い世界の話では、決してなかったんだ・・・と気付いた瞬間だったのでしょう。

だれかアトピーのドラマを作ってくれーーー。

それも、ありきたりな治療法にのっとったドラマではなく、ステロイド離脱で、それこそぐちゃぐちゃになりながらも、周囲に支えられ励まされて、みごとに立ち直るドラマを!!!

と、心の底から思いました。

私はどんな話をしたのかって?

それは明日、報告しますね。

| | コメント (2)

脂肪肝、セーフ!ほっ。

アトピーの人は太っていなくても脂肪肝になっているケースが多い・・・ということで、自分はどうなのか、確かめてきました。

結果は脂肪肝ではありませんでした、ホッ。

超音波検査は妊娠中に何度かしましたが、子宮以外の臓器を調べてもらうのは初めての体験です。妊婦検診時はちょちょいのちょいで終わりましたが、今日は15分ぐらいかけて、じっくり調べてもらえました。

検査の途中は何度も息を大きく吸っては止めるの繰り返し。おおかたは仰向けでしたが、時々横向いたりもしました。

先生曰く「最も良く見える位置を探しているんです。」・・・なるほど。

朝食抜きだったため、途中でお腹がギュルルルゥと3回ぐらい鳴って、恥ずかしかったなぁ。

最後に画面を見ながら説明してくれました。

「これが腎臓です、その上、これが肝臓ですね。腎臓と同じ黒っぽい色をしているでしょ。脂肪肝の人は白く写るんです。大丈夫ですね。」

ああ、良かった♪

安心したし、お腹がすいていたので、菓子パンを買って帰りました~。

おいおい、これだからダメなんだよね~。

ま、たまにはいいか・・・、ホンマに“たま”か!?

それと、今日の検査してもらった病院は近所のクリニックなのですが、日曜の午前は診察をしています。

こういう病院、このところ少しずつ出てきましたが、まだまだ少なく貴重ですね。

院内では子供さんを連れたお父さんの姿も多く見られました。

地域にとけ込んだホームドクターといった感じのクリニックです。

こういう頑張ってる先生、応援したいです。

フェリシモの肌に優しい工夫が満載の「sarie(サリエ)」のカタログも置かせてもらってます。

あっ、ちなみに今日の検査料は保険診療で2,410円なり。

脂肪肝になることのないよう、明日から気と口を引き締めようと思います。

※ギリギリアウトで昨日のうちにUPできず、今日の記事になってしまった下のも読んで下さいね~。UPされた時刻に注目!

| | コメント (2)

高校生より高いぞ、基礎代謝

先日、午後6時半頃に娘と一緒に夕食を摂りました。

この日のメニューは、親子丼、具だくさんのみそ汁、小松菜のわさび醤油和え、シーチキン入りサラダ・・・でした。

食いしん坊の私は、ご飯をもう一膳おかわりしました。

そして、同じ夜の10時半、娘とドラマを観ていたら、、、「ギュルルルル~~~・・・」

娘:「ひょっとして、今のオカンのお腹が鳴った音?」

私:「う うん。もう腹ぺこやもん。」

娘:「うそやーん、オカン、おかわりしとったやろ?うちよりよーさん食べたのに、なんで?

  うち、まだお腹すいてないでぇ。」

私:「そんなん、言われても・・・。胃袋に聞いてくれぇ~!」

どうやら私、高校生より基礎代謝が高いみたいです。

基礎代謝とは、朝、目が覚めて仰向けに寝ている状態で行われる物質代謝のことだそうです。その量が基礎代謝量で、人間が生きていく上で最小限必要なエネルギー量のこと。大部分は体温を維持する為の熱産生に使われるそうです。

つまり私の身体は燃えやすいってことですね。(ん?ちょっと意味深?いえいえ、今日はそういう話ではありません)

部分的にもっと代謝量を増やしたい!お腹周りとか。

明日、脂肪肝になってないかどうか、チェックしてきます、ドキドキ。

| | コメント (4)

腹が立つニュース3連発

  • 外車に乗ってたり、ブランドのバッグを持っていたりと、別にお金に困っているわけじゃないのに、屁理屈こいて給食費の支払いを拒否してる親が増えてるって、どうゆうこと!?子供がすくすく大きくなっているんやろ?その一端を給食も担っているんだから、払いましょう!

  • 聞いているだけで涙が出そうになるむごい虐待、母親と内縁の夫、なんとかならんのか!?首に鎖を付けて、膝に竹刀を挟んだ状態で正座をさせ、身体に鈴をつけ、少しでも動いて鈴が鳴ったら殴る蹴る・・・またもうひとつのケースでは、犬小屋の上で寝泊まりさせ、家のトイレは使わせず、なんと800mも離れた駅のトイレまで行っていたらしい。どっちも信じられないよ。母親は自分の子がそんな目にあって、なぜ平気なの?なぜ見て見ぬふりができるの?そんなに男に嫌われるのが怖いのか!?内縁の夫も、いくら自分の子供じゃないからって、なぜそんなひどい仕打ちができるの?どうすれば人の心を取り戻せるのだろう。。。その子達も、虐待した者も。

  • 我が故郷・和歌山県政がボロボロ・・・立ち直れるのか。

| | コメント (0)

« 2006年11月 | トップページ | 2007年1月 »