« やぶれかぶれの嵐山散策 | トップページ | もう死なないで。 »

マーガリンはもはや食品ではない!?

下見はバッチリ (^^;) 再び行ってきました亀岡に~。

講演会のタイトルは・・・、ちょっと長いんだけど、

「アトピー性皮膚炎における栄養異常&ストレスと“千と千尋の神隠し”、ステロイドフリーの治療による治癒」

講師は、守口敬任会病院アレルギー科部長の木俣肇先生。

かなりの早口と聞いていましたが、想像以上でした~。

おまけに、スライドもドンドン次へと進むので、うかうかまばたきもできないほど。

それこそ必死で聴きました。3時間があっという間で、本当に、本当に沢山の情報を提供して下さいました。

その内容は少しずつ紹介するとして、今日はマーガリンについて書こうと思います。

木俣先生の講演の冒頭に、アトピーの人は痩せていても脂肪肝の人が多いというお話がありました。それを助長する代表選手のひとつがマーガリン。

それを聞いて、そうだ、マーガリンの事をブログに書かなくちゃ!と急に思い立った次第です。

わが家ではもう3年ぐらいマーガリンそのものは口にしていません。一切買っていません。

なぜなら、3年ほど前、ある講演会で「ドイツ、オランダ、デンマークでは、マーガリンは製造禁止になっている」という事実を知ったからです。

よその国で食べてはいけないとされている物を、どうして食べられようか!?

その日、帰宅後すぐにマーガリンを捨てました。

なぜ身体に悪いのか、、、。

それは、マーガリンやショートニングは製造過程で水素添加することで、自然界には存在しない形のトランス型脂肪酸を含むようになるのだそうです。この水素添加作用は、金属触媒を用いるため、ニッケルやアルミなどの金属が混入する事があるそうです。これにより作られた油は腐らず、臭いもせず、使いやすいと言うことで普及したようです。常温で放置してもカビも生えないし、ゴキブリでさえ食べないそうです。

自然界に存在する油は、バターでも動物の脂でも、すぐに固まりますよね。でも、マーガリンは妙に軟らかいまま。それも考えればおかしな話しですよね。

さらに困ったことに、このトランス型脂肪酸は、細胞を弱らせ、抵抗力を低下させ、炎症を起こしやすくする性質があるそうです。

これでも食品と呼べるのでしょうか!?

マーガリンそのものとはとっくの昔に縁切りしたわが家だけど、マーガリンは食パン、クッキーなど多くの食品に使われています。

わが家の食パンは山崎パンの「湯だね」で、マーガリン、ショートニングはもちろん、イーストフード、乳化剤は使っていません。

大量生産されている食パンなので、100%信頼しているわけではありませんが、それらが入っていないことが確認できるだけでも安心して口にすることができます。

でも、、、昨日食べた「ひよ子サブレ」にはしっかりマーガリンが入ってました (>_<)

外国では製造禁止になっているほどの危険な物がどうして日本に存在するの?と思いますよね。それは、マーガリンの脂肪が水素と結合しているのは部分的で、つまり完全に飽和していないため、「高分子不飽和脂肪酸」という食品として、メーカーは販売しているそうです。

それって詐欺じゃないの?と言いたくなります。

皆さん、どうかどうか原材料をよく確かめて下さいね。

※もっと詳しく知りたい人はこちらを!

http://www.geocities.co.jp/Colosseum/8509/margarin.html

|

« やぶれかぶれの嵐山散策 | トップページ | もう死なないで。 »

心と体」カテゴリの記事

食べ物・飲み物」カテゴリの記事

コメント

うちもマーガリンはないよ。バターはあるけどね。
マーガリンは植物性、バターは動物性だから
マーガリンのほうがいいと思ってる人が多いと思う。
他にも「体によい食品」との誤解はいっぱいあるよね。
お手軽なサラダ用の切ってある野菜も薬づけのものが多いし
魚の干物だって青く着色されてるのがあるし。
第一、塩や醤油も怪しげなのがいっぱい。
毎日口にするものは特に気をつけたいね。

「ひよこサブレ」たまにはいいんだよ(笑)
この間のラーメンの話と同様、
あまりやりすぎると戒律的になってつらいから。

投稿: mayu | 2006年11月14日 (火) 09時42分

こわ~~~!(@_@;)
マーガリンが身体に悪いというのはそれとなく知ってて、トーストにべったり塗るのを止めてチーズトーストに半年?1年?ぐらいまえから変えていたけど、こんなに良くないとは知らなかった!(゜ロ゜)
貴重な情報ありがとう!
ほんと知らないって怖いわ。
最近お会いしないと思っていたら超ハードなスケジュールだったんですね。
めりはりさん、風邪に気をつけて。

投稿: tama | 2006年11月14日 (火) 09時46分

<mayuさんへ>

魚の干物が青く着色されている場合があるのですか!?知らんかったー。
うちは、砂糖と塩にはこだわってます。
味噌もできるだけ自然な物を使ってます。

<tamaさんへ>

本当に知らないって怖いですよね。

そう言えば最近会いませんね~。

投稿: めりはり | 2006年11月15日 (水) 18時41分

ええー!!
めりはりさんちにさんざん食べていただいた食パンには「シヨートニング」が入っていますよー。
でも以前に「ショートニング」「マーガリン」に関する駄目な成分の報道があった後すぐに、うちの教室のショートニングは大丈夫な成分のものに変わったのですよ。
そんな事いっていたらパンが焼けなくなってしまいます。でもショートニングって確かに常温保存でも腐らないですね。


投稿: そら | 2006年11月15日 (水) 20時09分

<そらちゃんママへ>

ショートニングなしでパンを作るとどうなるのかな。サクサク感がなくなるのかな。
比較的安心して使えるショートニングの代用品って無いんですかねぇ。
バターやラードの代用品として使われる、とあるけど、バターでも同じ効果が出るってことかなぁ。
ショートニングはたいていのパン類やお菓子に入っていますよね。
私は、調べてみるまで「ショートニングって何?」でした(^^;)

お子ちゃまからお年寄り、ひいてはワンコまで安心して食べられる物がどんどん増えていくといいのにね。

投稿: めりはり | 2006年11月15日 (水) 21時07分

私、一時パン作りにはまってたけど、
ショートニングは使ったことないよ。
だからショートニングが何者かもわからない(笑)
自分で焼いたパンはすごくおいしいです。
お店で買ったものみたいなツーンと嫌な匂いがしないから。
あの匂いの正体もわからないんだけどね。
ただし自家製パンは、半日もたつとすぐ固くなります。
ということは、ずっとふわふわのパンはやっぱりおかしい!

投稿: mayu | 2006年11月16日 (木) 15時07分

ショートニングの表示を見たら、食品添加物を一切使用していません、アレルギー物質なし、植物性パン練り込み用ショートニンク゛って書いてあります。トランス酸含有率5.3%とありますが、これ?

油脂だから腐らないのでは?サラダ油とかと一緒ではないの?
ショートニングの代わりはバターって事になりますよね。油脂分がないとパンにならないでしょうから。でもパン生地にはいろんな味付けの種類があるのでバターオンリーは辛いですね。私は使う道を行くしかありません。今度教室で聞いてみます。

家で焼くパンは防腐剤や食感をやわらかくする成分が入っていないからすぐにカビが生えるのだと思います。

投稿: そら | 2006年11月16日 (木) 20時07分

<mayuさんへ>

パン作りに凝っていた時期もあったのですか!
私は昔、バターロールを自分ちで焼いたことがあります。できたてはホンマに美味しくて、5~6個も食べちゃいました。
でも、次の日はパンが代ったみたいに(笑)まずかったです(>_<)
私の場合は、原材料のことより、腕が悪かったのだと思います (^^;)

<そらちゃんママへ>

調べてくれたのね、どうもありがとう。
教室のショートニングは安全なもののようですね。

マーガリンやショートニング、その他の添加物でも、その危険性ばかりが指摘されるけど、恩恵もたくさん受けているということを忘れてはいけないと思っています。
添加物のおかげで食品が長持ちするし、料理の時間を短縮できたりもします。
私が企業に求めることは、どんな物を使っているのかをオープンにして欲しいということ。あとは消費者が決めればいいことかなーって。

投稿: めりはり | 2006年11月16日 (木) 21時16分

何やら白熱していそうなので覗いてみたら。。。

知りませんでした。
一時主人がサンドイッチをお昼に持って行っている時にマーガリンは使っていましたがそうでなかったらうちもバターしか使いません。

以前どなたかに聞いた犬用のクッキーにバターが使えないからショートニングを使うって聞いてショートニング買ったまま作ってなかったんですけどサヨウナラ・・・になりそうです。

普段パン食べる時って出かけたりするとその時にそうでないとこの辺りだと神戸屋とかでよく買うんですけどマーガリンにショートニングバンバンに使ってるんですね。

投稿: ふーちゃん | 2006年11月17日 (金) 18時13分

<ふーちゃんへ>

その辺だと神戸屋とかル・クロワッサンとかでよくパンを買います。

私は子供の頃は食パンにたっぷりマーガリンを塗ってました。だって、塗るのが大変なバターと違ってよく伸びるもんね。
でも、どんなときも固まらないことが不自然であり、危険なんだよね。

投稿: めりはり | 2006年11月17日 (金) 21時56分

出遅れましたが…。私もちょこっとパン教室に通ったことありまーす。時々開店パン屋さん(自称)するのも楽しそうだなぁと思って。
ショートニング、軽い感じに仕上がるそうで普通のパンにはやっぱり使ってましたね。フランスパンの時は油脂はなかった気もします。十数年前なのでうろ覚え…。ハード系のパンとか天然酵母パンなどはまた使うものが違ったりするんでしょうけど。

自分で選んでトレイに載せて買うパン屋だと、油脂の成分までは分かりにくいですね。袋売りのパンの方が成分はっきりしているのかな。

投稿: makiko | 2006年11月29日 (水) 19時10分

Makikoさんへ

パンを習ったことがある人、けっこう多いのですね。
うちの近くに天然酵母の有名なパン屋さんがあるのですが、まさかそこは使ってないよなぁ~と思いつつ、まだ未確認です。

添加物とかいっぱい使ってるの、分かってるけど、街角のパン屋さんのパン、美味しいよね♪

投稿: めりはり | 2006年11月30日 (木) 20時19分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« やぶれかぶれの嵐山散策 | トップページ | もう死なないで。 »