« おとといの晩ご飯 | トップページ | カメハメハに撃沈される »

手作りショップ

フリーマーケットは過去に3回の出店経験から、癖になりそうなくらい面白いことはすでに分かっている。今日は手作り商品部門のフリーマーケットに初めて出店した。

P5270175 こんな感じ。

年に3回開催される「土曜市」で、場所は吹田市の浜屋敷

P5270173 これが私のショップ、広さは一畳。販売しているのは

1:ポストカード(自分で撮った写真を使ってパソコンで作ったもの、25種類のハガキを用意した)

2:ほうき草の苗(種から大切に育てたもの、たったの5個だけど・・・)

3:保険証&診察券ケース(妹が作ったもの、薄い段ボールの台紙を布で包んだもの)

4:ビーズのブローチ(これも妹作、バッグの形をしたキュートな一品)

出店料1,000円の元が取れないかも・・・と思っていたけど、それはクリアできた。

嬉しいことにほうき草の苗は5個全部、ポストカードは60枚も買って頂いた。

どっちも一個(一枚)数十円なので、売り上げはしれてるんだけど、売り上げの額よりなにより、自分が作った物(育てた物)が、他の人の生活に関われる事が嬉しい。

P1010499 以外と人気で、「売り切れ御免」となったのがこの写真で作ったフォトカード、タイトルは「ウラの顔」。

ご存知、岡本太郎氏の作品である太陽の塔だ。そのウラにはこういう顔が描かれていることを知る人は案外少ない。

このカードを買ってくれた人が「海外にいる友達にこのハガキを出します、吹田育ちの子だから、きっと懐かしがると思います。」と話して下さった。

私のフォトカードが海を渡る・・・なんか、ワクワクする。

他の参加者はどんな品を売っていたかというと、多くは布製のバッグやポーチ、ポシェット、ケイタイ入れ、服、など。古布で作ったものも多かった。珍しいところでは、コーヒー染めのバッグや小物のお店が一軒、そこはかなり繁盛していた。お客さんのほとんどが女性なので、女性に受ける商品であることが大事だ。

次回の土曜市開催は10月だ、また出店しようかな。

|

« おとといの晩ご飯 | トップページ | カメハメハに撃沈される »

趣味」カテゴリの記事

コメント

私もこの裏の顔、好きなのよ~。
世間を見透かしたような目と孤独感がなんとも・・。

浜屋敷のフリマもずっと気になってる。
室内だから私でも大丈夫そうだしね。
次は10月だね。よっし!参加するぞ~。

投稿: mayu | 2006年5月29日 (月) 07時18分

お客さんの多くは50~70代ぐらいの世代。ほとんどが女性。
彼女たちのハートをいかに射止めるか・・・だね。

10月の開催案内を見かけたら知らせるね。

投稿: めりはり | 2006年5月29日 (月) 22時41分

その年齢層では、布ナプキンはもはや不要だね(笑)
ハートをぐぐっと掴むもの・・ハデ柄Tシャツ?

投稿: mayu | 2006年5月31日 (水) 09時16分

柄物のTシャツはいいかも!ただ、次は10月だから、長袖Tか?
あと、根強い人気なのは布製のポーチやカバン。しかも縫製をきっちりチェックしてお眼鏡にかなう品ならば、3,000円前後の値段でも買ってたよ。目が肥えてるなぁ~という印象だった。

投稿: めりはり | 2006年5月31日 (水) 09時52分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 手作りショップ:

» カイロプラクティックで、フリーマーケットに出店します [あったカイロプラクティックどっとこむ]
28日、船橋駅前に フリーマーケットに出店の申し込みをしてきましたぁ                ρ(・д・*)コレです!! http://www.funabashi-ekimae.com/event/ カイロプラクティック、お店だします♪ ブログ管理者様、このトラックバックを不快に感じた場合お手数ですが削除をお願いします... [続きを読む]

受信: 2006年6月 1日 (木) 01時22分

« おとといの晩ご飯 | トップページ | カメハメハに撃沈される »