« めりはり、メンテナンス中 | トップページ | 体内の余分な「水」を出すには・・・ »

風邪はこまめにひいた方がいい

疲れがたまったり、冷えたりしたら、すぐさま風邪をひいたり、お腹をこわしたり、頭痛が始ったり・・・と、身体が敏感に反応する人達がいる。

そういう人達の身体はとても賢いそうな。私みたいに、身体が冷えていても、疲れていてもびくともしないのは、一見便利そうだけど、決してそうじゃない。

少しずついろんなモノを貯め込んで、そのうちドカーンと大病をして一気にツケを返す・・・というパターン。ツケはちょこちょこ返した方がいい。

私と同じようなタイプは、体育会系の人に多いみたいですよ。

身体の外側(筋肉とか骨格とか)がしっかりしていると、少しぐらいの不調は、表に出さない癖がついているんだって。「こんなことぐらいで、へたばっていられるかぁ~」みたいな。

風邪、頭痛、下痢などの症状はみな、身体に入り込んだ「冷え」や「貯まりすぎた老廃物」を、即座に体外に排出しようとする反応。身体に貯まった「水」が悪さをしているみたい。

石原結實著「石原式毒だしダイエット」の内容を、かいつまんで紹介すると・・・

水が体内に増えて貯まってくると、身体が冷えてきて体温が低下する。すると老廃物の燃焼・排出も阻害され、それらを貯め込むことに。

また体内に貯まった水は「冷え」をつくり、風邪、肺炎、高血圧、脳卒中、心筋梗塞などの病気にかかりやすくなる。

また女性特有の「のぼせ」も「水」が原因。下半身が「水」のために冷えると、そこにあった「熱・気・血」が上半身に向かって上昇、それによって息苦しさが出現したり、肩が凝ったり、頭痛がしたり、赤ら顔になったり、イライラしたり、不眠になったりする。

また寝汗は、水分を捨てて身体を温め、病気と闘おうとする現象なのだ。

要するに、今回私がめでたく風邪をひいたのは、少し前の寒波到来で身体が冷え、

その冷えを追い出すために、くしゃみ、鼻水、咳などを起こしている最中・・・ってワケね。

ついでに言うと、果物やお茶を取りすぎるのも、問題あり、のようです。

リウマチの人はたいてい果物好きで、1日に何杯もお茶を飲むんだって。

これも石原先生の本に書いてありました。

なかなか面白い本で、おすすめですよ~。

今日は、風邪のためくたばっておりましたゆえ、めりーさんでした。

|

« めりはり、メンテナンス中 | トップページ | 体内の余分な「水」を出すには・・・ »

心と体」カテゴリの記事

コメント

あらら・・

大丈夫ですか?

サクラも大分咲いてきていてお散歩しながら、そして週末は良いお花見が出来そうなので、無理せず治して下さいね。

ちなみに私は体だけが財産みたいなやつで、菌の運び屋です。どういう事か?自分は引かずに人にうつすんで~す!! 「(≧∀≦)

投稿: ふーちゃん | 2006年4月 5日 (水) 20時28分

風邪ひきおめでとー!
私の体は賢すぎる。もっと鈍くてもいいんだけどなぁ。
なかなかほどよい具合にはいかないね。
水分代謝も悪くて、むくみやすいです。
頭痛、肩こり、寝汗、のぼせ・・書いてある症状そのものだよ。
で、対策としてはどうすればよいのでしょう?
今度この本貸してね。

投稿: mayu | 2006年4月 6日 (木) 09時57分

ふーちゃんはいつも元気印だけど、油断しないでね。ふーちゃんがダウンすると、○クちゃんがお散歩に出られなくて、すねちゃいますよ(笑)。

mayuさん、嘔吐は余分な水分を胃液として排出しようとする現象なんだって。
本、いつでもお貸ししますよ~。

投稿: めりはり | 2006年4月 6日 (木) 21時52分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/41648/1291650

この記事へのトラックバック一覧です: 風邪はこまめにひいた方がいい:

« めりはり、メンテナンス中 | トップページ | 体内の余分な「水」を出すには・・・ »