« 2006年2月 | トップページ | 2006年4月 »

朝日派?夕日派?

私は断然夕日の方が好き!P3310042 これは今日の夕日。

いつもの散歩コースの締めくくりは、この場所、My夕焼けスポットです。

六甲の山並みに沈み行く太陽。。。

夕日を見ていると、「明日も頑張ろう!」と力が湧いてくるような気がします。

今の家からは、生駒山脈に昇る朝日が見えます。冬は日の出が遅いので、朝に弱い私でも時々間に合うことがあります。日によってはかなり美しいです。

朝日になくて、夕日にあるもの、それは・・・哀愁?朝日は桃紫色で、夕日はオレンジ色・・・というイメージが強いです。

田舎で育った私は、自分の部屋の窓から夕焼けを毎日見ることができました。(遮る高い建物は皆無!)

美しい夕焼け空に欠かせないもの、それは雲。雲が素晴らしい演出をしてくれるんですよね。

うろこ雲やいわし雲のある日の夕焼けはSo beautiful!

ああ、久しく見てないなぁ。。。

今日はそこそこはりーさんでした。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

中途半端に人に任せてしまったがために、中途半端な結果が出てしまい、すごく後悔することって、たまにありますよね。

ボランティアでやっている事で、まさにそんな出来事がありました。

「こんなことなら全部自分でやれば良かった・・・」という感じです。

本当に大丈夫かしら・・・?と思いつつも、「後は任せてちょうだい。」という言葉に甘えてしまいました。自分の詰めの甘さを実感。少しでも不安があるなら、任せっきりにするのではなく、所々できちんと確認すべきでした。

最初は「何でこんな事になってるの!?」とカッカしていたのですが、よく考えてみたら、私がもう少し配慮していれば、防げたこと。はぁ~、大反省です。

いくつになっても日々勉強ですね。

そんなこんなで、今日は一日てんやわんや。なかなか気持ちの切り替えができない私は、その気持ちを引きずりつつ帰宅、すっきりしないまま茶々の散歩に出ました。

ところが、1時間半ぐらい一緒に走り回って、ワンコ仲間の人達と話して、家に戻ると、さっきのことは「まぁ、いいっか~」と思えるようになりました。

茶々に感謝!

今日は文句なしのはりーさん。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

うぐいすとお友達に♪

P3270029 ←ここは時々茶々と走り回る雑木林、もちろん(?)フェンスの外!

ここで出逢うのは、秘密基地建築中の子ども達だけ。

ここのフェンスの内側には、四季を通じて美しい公園があります。

少し前からうぐいすの鳴き声が聞こえるようになりました。

私は口笛で「ホ~ホケキョ」とやると、ちゃんと鳴いて答えてくれるんですよ!

もう感激!なんだか会話してるみたい。

昨日は生れて初めてその姿を確認することができました。今まで、山でも町でも、前に住んでいた社宅の庭でもうぐいすのきれいな声は幾度となく耳にしてきましたが、声はすれども姿なし・・・でした。

雀と同じぐらいの大きさで、少しスリムな感じ。可愛かったよ。

また明日も答えてくれるかな。

| | コメント (3) | トラックバック (1)

大好きな花、白木蓮

P1010060_1

←これは我が家の鉢植えの白木蓮、私が一番好きな花。

散り際が汚いのが難点だけどね。

今年で4回目の春を迎える。1年目は花は0個、2年目で6個、

3年目で15個・・・と順調に増えていたのに、、、。

今年は7個だった~。去年夏の台風で鉢ごと倒れ、枝が何本が折れてしまった事が原因。去年引っ越して以来、風当たりの強い場所に置いていた私が悪いっ。(>_<)

またたくさん花を付けてくれるよう、頑張って育てるぞぉーーー。

P3270024

←こっちは毎年見に行っているKさん宅のモクレンの大木。

今まさに満開なり。

今日はゆったり、のんびり、めりーさんでした。

| | コメント (2) | トラックバック (1)

青春18切符の旅 王子ヶ岳編

昨日とはうって変わってあいにくの曇天ではありましたが、青春18切符を使った小旅行に出かけました。今日ご一緒してくれたのは山友達のTさん。

行き先は、岡山県は倉敷市の南部に位置する王子ヶ岳。

JR大阪6:27発、瀬戸大橋のたもとのJR児島駅着10:58.

本来の運賃は¥7,140だけど、この切符を使うと¥2,300で行けてしまう。

往復¥2,300以上かかる所に行くならお得です!

王子ヶ岳は車で山頂まで上がることもできます。ドライブ好きの人にはおすすめです。

眼下には穏やかに横たわる瀬戸内の海、そこにぽっかりと浮かぶ島々、少し向こうに瀬戸大橋、その先には四国の山並み・・・。

今日はあいにく灰色の世界でしたが、それはそれで味がありました。

P3260018_1 ←ここでお弁当を食べました。

写真ではわかりにくいですが、瀬戸大橋が遠くに見えます。

P3260019_2 ←同じ場所からの別アングル。

麓の町が見えます。

P1010042 ←これが王子ヶ岳、234mぐらい。

ごつごつしてますが、登山道は整備されていて、40分で登れます。

山頂はなだらかな丘になっていて、今日はパラグライダー?を楽しんでいる人が多かったです。気持ちよさそうでした~。

お弁当を食べた岩の上で手を振ったら、振り返してくれました。

10機ぐらいは飛んでいたかな。おそらくトンビはビックリしたことでしょうね。

朝、4時台に起きたのは久しぶりでした。

寝不足は行き帰りの電車の中で爆睡して取り戻しました(^_^)v

青春18切符の旅、オススメですよ~。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

お花見・第一弾

P1010025 文句の付けようがないほどの好天の下、お花見第一弾は中山観音公園の梅。

新聞の花情報で今まさに満開という情報をチェックし、18年来のお友達と、いざ行かん!

なんかねぇ、天国ってこんな感じなのかな・・・と思うくらいの美しさだった~。

中山寺には3度来たことがあったけど、梅林は初めてで、「来年も来ようねぇー、お弁当持ってくるのもいいね。」と約束したよ。

ちなみに去年は大阪城公園で梅を楽しみました。

P1010265 ←それがこの写真。

今日のカテゴリーの「雪月花」は辞書によると、「日本の四季折々の自然美の総称」とあります。横浜のお友達がこの言葉の存在を教えてくれました。それ以来すっかり気に入って、日本語の美しさをしみじみと感じています。

今日は心和んだ一日だったので、めりーさん。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

大きくなりました

我が家の愛犬・茶々は生後6ヶ月を過ぎました。

P1010015← 現在、だっこするとこんな感じ。もうだっこが似合わないね。

体重は約6kgで、5kgのお米より少し重い。

長くだっこしていると、腕がだるくなります。

Photo_1 ←これは、生れて間もない頃の写真。

日本犬保存会に登録されている柴犬ブリーダーの「浜松春秋荘」さんから送られてきた写真。茶々はそこでお世話して頂きました。

柴犬と一口に言っても、いろんなお顔のワンちゃんがいるので、時間があったら子犬のページを覗いてみてね。可愛いよ!

茶々は307番で、2ページ前に載ってます。

この写真の茶々はすごーくちっちゃいけど、面影はしっかり残ってます。

茶々の血統書名は「冠川(かむりがわ)の美宇(みう)号」と言います。

なんか大袈裟ですね(^^)

宮城県は仙台市の七北田川(冠川)の近くで生れ、浜松のブリーダーさんの所に行って、そして我が家に・・・。

私は「ペット」という言葉に抵抗があるんです。

「うちはペットの犬を飼っています。」なんて絶対に言わないし言いたくない、かな。

確かにエサをあげているし、散歩にも連れて行く。そういうのを「飼う」というのかもしれない。

だけど「私達は犬と一緒に暮らしています。」の方がいい。

茶々の優しくて、まっすぐな眼差しが私達を限りなく温かい気持ちにさせてくれます。

悲しいけど、犬の寿命は10数年、どうか、どうか、一日も長く生きて欲しい。

生れたばっかりで、そういうこと、言うなっつうの!ですね。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

場違い!?

茶々の午後の散歩は、免許を取ってまだ1ヶ月の息子が運転する車で、市内に唯一残る里山に出かけたよ。珍しく娘も一緒。

P3230005_1 車の中では、膝の上から絶対に下りない茶々です。

息子の運転する車に乗るのは7回目ぐらい、なかなか上手くなってきた・・・かな。

里山は落葉の絨毯でひっそり、、、その静寂の中を犬を先頭に駆けめぐる人間3匹、いやいや3人。さんざん遊んで汗かきました。

その里山を後にして、本日のメインイベント~♪

一度茶々を連れて入ってみたかったお店・ドッグガーデン

前から存在は知っていて、おもちゃは購入したことがありました。その際、喫茶コーナーを覗いてみると、トイプードルとか、ゴールデンレトリバーとか、おしゃれな洋犬がお利口さんに座っています。

HPを見ての通り、外観はオシャレな感じ!

うーーーん、100%和犬の茶々は場違いかも~、と思いつつも、思い切って入店!

が、しかし、茶々は踏ん張って「やだっ!入らない!」と抵抗、仕方がないから息子が抱っこして入りました。

P3230006 そして「ササミ入りおかゆ」を注文。この写真はそれを前にして、私の「よし」の声を待っているところ。可愛い小型犬が後に見えます。

ものの数秒で完食。人間がドリンクを注文すると、ワンコのおやつもちょこっと出してくれました。美味しかったね、また行こう。

犬はよく車酔いをするので、帰る途中で茶々が吐くのではないかと心配でしたが、大丈夫でした。ホッ。

今日は、仕事はなかったけど、いろんな事をしたので、はりーさん。

※何かを張り切ってやった日は、はりーさん

 のんびりゆったり過ごせた日は、めりーさん

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ブラボー!王JAPAN その2

いやぁ、日本の野球にしびれたね~。

まさか世界一に輝くなんて・・・、それは選手や応援している人達の望みではあったけど、

本当にやってくれるとは!感激です(^_^)v

やはり日本を代表する選手達はみな、凡人じゃないなぁ~。

当り前だけど、「選ばれし人達」だと実感。

あんな大舞台で、ものすごいプレッシャーを受けつつ、ここぞ!という所できちんと自分の仕事ができる。一流の証だね。

月並みだけど、感動をありがとう!です。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

街の中にも春が・・・

P1010545 私は大阪・梅田から電車で20分の所に住んでいる。

市の人口は35万人ぐらいかな。日本で最初のニュータウンができた街だ。万国博覧会が開催された街でもある。

けっこうな都会だと感じているが、立ち並ぶマンションやビルの合間に、こんなふうな畑があり、とても和む。満開になると「おおぉ~」という感じで、見応えがある。写真をマウスポインターでこすると、菜の花の香りがします。←すみません、ウソですm(_ _)m 香りまでお届けできないのが残念。

今は菜の花だけど、秋はコスモスになる。春にレンゲ畑になる所もある。

ひまわり畑がないのが残念だ。

皆さん、ご自分の街の春、見つけましたか?

※この写真は夫が撮影しました

| | コメント (3) | トラックバック (0)

ブラボー、王JAPAN

いやぁ~、スポーツはいい!!!

このところ、WBC(ワールド・ベースボール・クラシック)の中継に釘付けの私。

普段はそれぞれのチームで活躍している選手が、王監督の下に招集された全日本チーム。大会が始った頃は、チームが一丸となっている印象は持てなかったが、

「どこに眼ぇ付けとんじゃーーーっ!(怒)」という審判のミスジャッジに泣いたり、

非常に惜しい負けを経験していく中で、目に見えてチームがひとつになって行った気がする。

それぞれの選手はみな普段は敵だけど、こう言うときは同じ目標に向かってひとつになれる・・・どのスポーツでも全日本チームの魅力はそこにあると思っている。

特に日本チームはメジャーリーガーがイチローと大塚(投手)の二人だけ。

他のチームと比べれば少ない。韓国は6人、アメリカはほとんどがメジャーリーガーだ。

日本の野球レベルの高さを物語っているといっても過言ではないだろう。

今シーズンに向けての自分の調整を重視して、今大会を蹴った松井や城島、井口らの選手も、「こんなに盛り上がるのなら、出れば良かったよ・・・。」と後悔してたりして。

日本でも今はオープン戦の時期。日本のプロ野球選手も先の3選手と同じ理由でWBCの出場を辞退した選手も多いとか。出場している選手も乗り気でなかったと聞く。

でも、フタを開けてみたら、この盛り上がり!

選手達もきっとこの大舞台で野球ができたことを嬉しく思っているだろうし、この貴重な経験は、今後の彼等の野球人生に大いにプラスになる事だろう。

何事もやってみないと分らない・・・ってことだね。

さぁ、あさっては決勝戦だ。

アマチュア集団なのにめちゃめちゃ強いキューバに勝って、世界一を目指そう!

野球でも陸上でもバレーでも、キューバの人達って、身体能力、高すぎ!

いったい何を食べているのだろう???

それにしても野球のキューバチームのユニフォーム、微妙・・・。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

食いしん坊の証

私の秘密を告白しよう。

朝食が食パンの場合、私は2枚食べる。

6枚切りでも、5枚切りでも、たとえ4枚切りでも、2枚食べる。

(先日の新聞に、同じ事をする人の話しが出ていた、嬉しかった)

また、1年ぐらい前のことだが、ご飯をおかわりするのはお茶碗が小さいからだ!と思って、少し大きめの物に変えた(お茶碗と丼の中間ぐらいの大きさ)。

これでおかわりしなくても済むはずよね。ところが、、、やっぱりおかわりしてしまう。

そのまま約1年過ぎたわけだけど、先日、やっぱり食べ過ぎはいけない!と一念発起し、今度は子供茶碗ぐらいの小さいのにして、堂々とおかわりすることにした。

ところがどっこい、3杯食べてしまう私は、どうしようもない食いしん坊だぁ~。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

和歌山弁

私の故郷は和歌山県、有田川のほとりのみかん畑だらけの町。

先日、中学の友達と20年ぶりに会った。彼女は今も和歌山に住んでいるため、100%和歌山弁。

懐かしさがこみ上げてきた~。

実は、和歌山の小学校では、ざ行とだ行の発音の区別を教えてはくれない。

いや、言い切ってはマズイか、多分、教えてくれなかった。

それが証拠に、多くの和歌山県人は「全然」を「でんでん」と言うし、「心臓」は「しんどう」だ。「サダエ」と書かれた看板にサザエの絵が描いてあったという話しも聞いたことがある。

恥ずかしながら、私も21歳で大阪に出てくるまで、そういうことに気付かなかった。

和歌山で暮らす分には、なんら差し支えは無かったが、大阪ではそうはいかない。

和歌山で過ごした時間より、大阪で過ごした時間の方が長くなった今でも、ときどき発音を間違えては夫にチクリと指摘される(^_^;)

和歌山弁に限ったことではないと思うけど、方言には標準語に置き換えにくい言葉がある。微妙なニュアンスが違ったり、何というか、こう、ぴったり来る言葉が見あたらないのだ。

例えば、食べ過ぎて苦しい時など和歌山弁では「づつない」と言う。

「胸がつかえる」、でもなく、「苦しい」でもない、「づつない」のだ。

また、大きな声で何かを言うことを「ひしる」と言う。

「叫ぶ」でも「わめく」でもないのだ。

大阪に来てから表現に困ったのが、身体をどこかにぶつけたり、物が当たったりして青あざができること。

大阪では「青タンができる」って言うんやね、8文字もある。

和歌山弁で言うと「にえる」たったの3文字で済む。

それに、ついこの前まで標準語だと思っていた「水せった」、何のことだか分ります?

ビーチサンダルのことさ。和歌山じゃ、誰もそんなハイカラな言い方はしないのだ。

とにかく、大阪で暮らしている間は、和歌山弁を封印しているけど、本当は大好き。

有田川にかかるあの橋を渡ったら、私の和歌山弁のスイッチはONになるのだ。

| | コメント (5) | トラックバック (1)

出るべき物は出さなくちゃ!

月のお客様が来た一日目と二日目は、洗髪しない方がいいって知ってますか?

頭を洗うと頭部が冷え、それが子宮に伝わって、子宮が収縮してしまうんだって。

そうすると、排出すべき経血が出きらず、筋腫や子宮内膜症の原因になるそうな。

とは言え、髪を洗わずに寝るなんて、若い頃の私にはできなかったなぁ。

5年ぐらい前にこの話を知って、それからは一日目は我慢して洗わないようにしています。

(でも、夏場は無理ですけどね。)

とは言え、汗をかいたり、埃っぽい場所に行った日は洗ってしまいます。

そうすると、洗わなかった場合と比べると、次の日の経血の量が少なくなってしまうんですよ。それでさっきの話にも「そうなのかも・・・」と納得できるんです。

どうしても我慢できずに、一日目に洗髪した場合は、洗った後、すぐにきっちり乾かすと幾分ましだそうです。ただ、ドライヤーの電磁波はかなりのものらしいので、それはそれで心配ですね。

とにかく女は月に一回、身体をリセットできるチャンスが巡ってくるというわけ。

月のお客は、いわば身体の清掃活動、これを上手く使わない手はないそうです。

その間は動物性タンパク質や脂分を摂らないでおくと、体内のお掃除は完了。

いつまでも若くいられる、、、かも。

わかっちゃいるけど、食いしん坊の私は実践できたためしがありません。

なんじゃらほい、ですね、まったくぅ。来月こそ頑張るぞ!

| | コメント (2) | トラックバック (0)

初・乗馬

初めて馬に乗った。

本来は3,500円の乗馬体験コースが無料だったのだ(ただしブーツとヘルメットのレンタル料、保険料は必要)。夫と二人で体験してきた。

二人とも馬に乗るのはまったくの初めて。

乗り方、降り方、馬の動かし方、止め方、手綱の持ち方、足腰の使い方など、説明を受け、いざ乗馬!

乗ってみると、案外高さがある。歩くだけでもけっこう揺れる。バランス感覚が必要だ。

でも、歩くだけでも楽しい、うふふ。

「次は小走りをやってみましょう。」ということで、チャレンジ。

「うひょ~~~」って感じ。かなり揺れるし、私のお尻が馬の背中にポンポン当たって、跳ね返されて、姿勢をキープするのが大変。教えてもらった通り、腰を上げたり下げたりしようとするんだけど、馬の動きと合わなくて、難しいっ!

1,2回、「あっ、今のいい感じ。」というのがあったけど、コツをつかむまでには至らなかったよ~。残念。

馬は賢いね。乗せ心地は良くなかっただろうに、夫や私の指示に従って、ちゃんと動いたり止まったりしてくれた。それに、何と言っても瞳が可愛い!!!

馬に乗って大草原を颯爽と走りたいけど、乗馬スクールに通うのは当分は無理。

この夢は老後にとっておくか。。。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

マーチング

アトピーが縁で知り合った友達(H子さん)のお嬢さん(Mさん)が去年、とある高校の吹奏楽コースに入学し、一年間、本当によーく頑張って来られた。Mさんの熱意、努力、そして練習量の多さと厳しさを、H子さんから聞くにつれ、高1の若さで、自分の大好きなこと=やりたいことがはっきりとあって、来る日も来る日も練習を積んで、泣いたり、笑ったり、なんて素晴らしいんだろう・・・と思ってきた。

後になって振り返れば、それはきっと宝物のような日々だろう。まさに青春だ!

今日はそのMさんが所属する吹奏楽コースの定期演奏会だった。

女子ばかりとは思えないほどの迫力ある演奏で、それは素晴らしかった。

Mさんが特に好きだというマーチングもプログラムに入っていて、

私もそれを聴くのは、実に30年ぶりとあって、とても楽しみにしていた。

マーチングはいいなぁ。なんか、こう、ノリが良いし、ウキウキしてくるし、気分がスカーッとする。それに、カッコイイ!!!

演奏だけでもスゴイのに、演奏しながら移動したり、ステップを踏んだり、ダンスのような動きもあったりと見応えたっぷり。途中には楽器を置いてチアガールのような演技もあって、もうビックリ仰天!みんな動きがシャープで、決まってたなぁ。それに、全員の動きが見事に揃ってるの。ここまでに仕上げるには、そりゃぁ、相当な練習量がいるわけだ。

H子さん、ご招待、本当にどうもありがとう!心から楽しめました。

Mさんが練習に打ち込めるのも、H子さんの支えがあってのことだね、お疲れ様。

これまでもMさん達は東京ディズニーランドなどで演奏を披露してこられたんだって。

そしてもうすぐ、なんと、スペイン公演に行かれるそうな。

これからも応援してるよ~。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

母さんが夜なべをして、お布団作ってくれた~♪

P1010506 写真の左上は、茶々のために購入したバスケット型の寝床。

でも、一度も入らない。それどころか、自分の敵だと思ってる。

うなる、噛みつく、引っ張る、振り回す、etc

エサで釣っても、無理やり抱っこして入れてもダメ。寝るときも完全無視。

取り込んだ洗濯物入れにでもしようかしら・・・。

写真で茶々が寝ている、お気に入りの座布団では小さくなってきたので、何とかせねば。

P1010531 で、百均でミニクッションを買ってきた。合計6個。

それを縫いつけて、、、

P1010532 こんなん、できました~。枕付き!イェイ(^_^)v

最初はやっぱり「噛み噛み」していた茶々ですが、しばらく後に、くつろいで寝転がってました。気に入ってくれるといいなぁ~。

| | コメント (2) | トラックバック (1)

初めてのザ・シンフォーニーホール

インターネットのプロバイダー、ZAQの懸賞が当たって、大阪フィルハーモニー交響楽団によるオーケストラを聴くことができた。場所はザ・シンフォニーホール。

噂に聞こえる有名なホールとあって、さすがに格調高かった。

コーヒーの味さえも、格別に感じたもん。一緒に行った夫は「ビールは普通の味やな。」と言っていたが。

で、オーケストラ演奏は、、、クラシック音楽に疎い私には、聴いたことのない曲が多く、

このところの睡眠不足もあって、一瞬、贅沢な子守歌となってしまった。

でも、そんなド素人の私にも、演奏技術の高さは十分に味わえ、「さすが~大阪フィル!」だった。音の始まりと終わりのキレがすごくいい!

図らずも今日は結婚20周年記念日、帰りに梅田で少し飲んだ。

夫と二人で居酒屋なんて、何年ぶりだろうか。

うちは子供も連れて、4人で居酒屋はワンシーズンに1回ぐらいあるんだけどね(おい、おい!)。もちろん子供には飲ませませんよ。←当り前か。。。

「茶々が待ってるから、帰ろうか・・・。」と早々に切り上げた。

今では留守番をさせて気になるのは、子供ではなくワンコ。

懸賞に当たったおかげで、思いがけず記念日っぽく過ごすことができて、ラッキーだった。

日付が変わってしまったけど、これは3月9日の出来事です。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

吸入ステロイド療法

先日、「喘息を予防して治そう」というテレビのCMを見た。

出演しているのはスピードスケートの清水宏保選手だ。彼が喘息を抱えつつ、頑張っていることは知っていた。ちょうどトリノ五輪の最中だったし、CMの影響は大きいのだろう。

そのCMでは「喘息の発作を出さない治療法があります、詳しくはZensoku.jpで」と

あるHPの紹介をしている。

今や喘息の治療は吸入ステロイドが主流だ。

発作が起きてから対処するのではなく、日頃から発作を予防しようという発想だ。

この考え方には賛成できるが、ステロイドを吸って予防する・・・というのは、どうにも納得がいかない。

医師達の主張はこうだ。

「喘息の人達の気管支はとても敏感で、しかも発作が起こっていない時でも、慢性的な炎症が常にある状態だ。だからちょっとした誘因で、発作につながってしまうのだ。だから、その慢性的な炎症を改善してあげると、発作の回数はグンと減る。」

ふーん、もっともらしく聞こえるけど、ステロイド剤は決して日常的に、長期にわたって使っても良い類の薬ではないと思う。なぜなら、ステロイド剤は炎症を起きなくするのではなく、炎症をとりあえず抑えるだけ。気管支の慢性的な炎症、つまり気管支の内側がザラザラしてたり、腫れているのをイメージしてもらえればいいのだけれど、そのザラザラや腫れを一時的にツルツルにしてくれるだけ。ザラザラや腫れが起こらない気管支を目指すべきなのに。。。

そして、日常的にステロイドを使っていると、自力で炎症に勝てない気管支になってしまうのではないか!?という危惧がある。ステロイドはとても依存性の高い薬剤だと思うから。

一生ステロイドを吸入し続けて、何も問題が生じないなら、それもOKだろう。

長期にわたってステロイドを吸入し、慢性的な炎症が消えたら当然吸入は中止になるだろう。その時、その人の気管支は本当に正常になったと言えるのだろうか?ステロイドが無くても、その平穏さを保てるのだろうか???

そこが一番知りたいところだ。

だけど、その結論が出るのはもう少し先だろう、なぜなら、今、喘息の患者さん達は、お医者さんの言いつけを守って、せっせと1日に2~3回ステロイドを吸入している最中だ。「最近、発作が減った」と喜んでいるのかもしれない。でも、彼等の10年先、20年先のことまで考えている医師はどれくらいいるのだろうか。

それを考えたら、安易に吸入ステロイドなど勧められないと思うのだが・・・。

私は、喘息の人達が、ステロイド剤を長年使用し続けた結果、破綻を来たしたアトピー患者の二の舞になるのではなかろうか・・・と心配でならない。

アトピーは患部が皮膚だから、ステロイドを止めた後、いくら苦しんでも命まで取られることはない。

でも、喘息は呼吸ができなくなるのだ。あとになってステロイド依存から抜け出したいと後悔しても無理な話なのだ。

先のHPの冒頭に「喘息治療のゴールを目指して」とあるが、私にはゴールに向かっているとはどうしても思えない。木曜の夜9:00からのテレビドラマではないが、「けものみち」でなければよいのだが。

この長文を、ここまで読んでくれた人、本当にどうもありがとう。

| | コメント (3) | トラックバック (1)

高御位山(たかみくらやま)

P1010511_1  たかだか標高304mのこの山だが、なめてはいけない。

 縦走すればかなりへばる。

大好きな山の1つで、もう何回登っただろうか。。。

左のような、岩がむき出しの急な岩場を登ってゆく。下りてくるおじさんの後方が山頂だ。

 しんどいが足元に広がる景色は最高!

P1010514_1 これが山頂からの写真。

私の足の先は絶壁、落ちたらヤバイ。

今日は霞んでいたが、かすかに瀬戸内海と、そこに浮かぶ家島、小豆島などが確認できた。足元にはのどかな田園風景。

私と山友達のTさんは、この山が大大のだーいすき。

心地よい風に吹かれながら、お弁当を食べ、コーヒーブレイクwithスウィートポテト。

ここで1時間半過ごしたよ。最高に幸せな気分♪

P1010516_1 そしてこれが麓にある鹿嶋神社の駐車場にある、バカでかい鳥居。

こんなに大きいものは他には知らない。

ここは柏餅が有名らしく、表参道には柏餅屋さんが軒を連ねている。

下山後に必ず一個ほおばる、おいちい(^^)。

鹿嶋神社は一願成就の神社だそうだ。「願い事を1つに絞るって難しくない?」というと、Tさんはこう言った。

「すべて上手くいきますように・・・、で、いいんじゃない?」

うーん、なるほど!山田くーん、座布団一枚持ってきて~。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

犬に泣かされてどうするっ!?

茶々がスヤスヤと眠っている側で、一緒になってうっかり昼寝をしてしまった16歳の娘。

メガネをかけたまま寝入ったのがまずかった。

30分ぐらいたった頃だろうか、息子が一人+一匹の様子を見に行った。

と、「うおぉーーー、メガネが~~~!!!」という叫び声が。。。

茶々の口には娘のメガネがしっかりくわえられており、

「ちょうだい」に応じるつもりは微塵もない様子で、しまいには「ウゥゥゥゥーーー!」と唸り始めた。

しゃぁない、ここは取引だ。なんせ飼い主同様、食い意地が張っているから、

良い匂いのする食べ物をちらつかせると、すぐにそっちに気が行くのだ。

メガネの奪回には成功したが、メガネは悲惨な状態に。

耳に掛ける部分などは、噛み噛みしすぎてギザギザになってるし、レンズにも傷が入ってる。そして柄の部分が外側に広がりすぎている。

夫が直そうといじっていたら、柄がポキンと折れちゃった。(>_<)

それを見た娘は涙をポロポロ・・・。おいおい、高校生だろ? 泣くでない!

いくらお気に入りのメガネで、たとえ今が期末試験の最中で、そしてド近眼でも、壊れた物は仕方がない。別に明日から路頭に迷うわけでもない。

なにより自業自得というものじゃ。「顔をなめられてるのは覚えてるけど、その後の記憶がないもん。」とのこと、はぁ~。

で、セロハンテープでメガネを修理して、娘はこの時間も勉強に励んでおります、がんばれ~。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

桃の節句

P1010001 わが家のお雛様。

去年の7月にこの家に引っ越しました。その際、大幅に家の中のものを処分しました。この家は収納が少ないから・・・。

それまで飾っていたお雛様は老人ホームにもらって頂きました。娘の初節句に購入したもので、手放すのは淋しかったのですが、仕方ありません。

ちゃんと飾ってもらえたかな。。。

でも、、、桃の節句に何もないのは淋しい。と、言うことで、

可愛い雛飾りを見つけました。人形の高さは10cmぐらいです。

子供の頃、仕事で忙しい母が、その合間を縫ってお雛様を出してくれました。

学校からの帰り、家の前まで来ると、窓際が赤くなっているんです。

それはお雛様を飾った証。

2月半ばを過ぎた頃から、毎日毎日窓際が赤くなっている日を心待ちにしながら、帰ってきたものです。

昔のお雛様は雛壇は組み立てなきゃいけないし、小さな道具まで、いちいち紙に包んであるし、出したり片づけたりが大変でした。

三人官女が持っている柄杓はちゃんと手から離れるし、タンスの引き出しはちゃんと引き出せるし、お内裏様の刀は抜き差しができるし、お雛様の扇はたたんだり開いたりできる。かっこうの遊び道具でした。

むりやりお内裏様に扇子を持たせたり、お雛様に刀を差したり・・・。

母の目を盗んで、妹と二人で延々と遊んだものです。もう30年も前のことか~。

あの雛飾りはどうしたんだろうか・・・。飾らないなら人形供養しなくちゃね。

関西なら門戸厄神さんですね。和歌山にも有名な人形供養の神社があったなぁ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

腹八分目

できないっ!

8分目で止めることは、どうしてもできない!

白いご飯が大好きで、ご飯が美味しく食べられるおかずも大好き!

漬け物でもあろうものなら、ごはんのおかわりは3杯に達するのだ。

この辺でやめとこうかな・・・でも、もう少しだけ食べたい、と、なってしまい、

食べ終わると腹12分目ぐらいになってる。

よーく噛むと満腹感が増すと聞いて、実行してみたが、

よーく噛みながらたくさん食べちゃう、自分でもあきれる(^_^;)

昔から痩せの大食い。食い意地が出っ張ってる。

今では「痩せ」ではないけど、太っているわけではない(・・・と自分では思ってる)。

代謝率がいいのか、何なのか、すぐにお腹がすく。

家族には「まだ成長する気か?」と言われ、「そう、第3次成長期よん。」と答えてる。

体脂肪率も22%と普通、BMIは21で問題なし。

腹12分目まで食べても、昨日も書いたように、床に入る頃にはお腹がグーーー。

まぁ、いいか。

いやいや、アトピーを悪化させないためにも腹八分目を身につけなければ!

喉元過ぎれば熱さを忘れる・・・という諺は、私のためにあるようなもの。

好調が続くと、辛かった時のことなど、すぐに忘れてしまうのだから、進歩がない。

うーん、何か良い方法はないものか!?

どなたかアイデア、プリーズ!

| | コメント (4) | トラックバック (0)

お腹すいた・・・

この時間(pm11:10)はいつも空腹の私。

まさに「お腹と背中がひっつくぞ」状態。実際には贅肉が邪魔をして無理な話だけどね。

うちの晩ご飯は早くて、いつも7時には食べ終わってる。

ご飯ができた時点でそろっている者だけ先に食べる方式。

で、その後寝るまでの時間、だいたい5時間ぐらいかな、何も口にしないの。

寝る頃にはお腹がグググゥーーーと鳴るわけ。

もう、明日の朝ご飯がめちゃくちゃ楽しみ!&朝から美味しく食べられる!

全然たいしたメニューじゃないんだけどさ。

明日は、五穀米のごはん、もずくスープ、胡麻豆腐。

んー、早く食べたい!

今日は、のんびりめりーさんな一日でした。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

« 2006年2月 | トップページ | 2006年4月 »